日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:CLL

Sponsored Link

平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【外国語教授法・教室活動】です。

試験Ⅰの問題4は毎年、教授法が出題されていますので、教授法は最重要分野の一つです。他の年度の問題4とも比較してみてください。
平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【外国語教育のコースデザインやシラバス、教授法】です。
平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【外国語教育・日本語教育の教授法】です。
平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【学習者がグループで話し合う教室活動(ディスカッション・ディベート)】です。
平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【外国語教授法とその日本語教授法への影響】です。

問1 ナチュラル・アプローチで用いられるシラバスを選ぶ問題です。
ナチュラルな(自然な)アプローチというくらいだから、ナチュラルなシラバスだろうと想像できます。
「文型」「技能」「課題」という言葉には作為的な香りが漂っています。
「話題」は自然な雰囲気です。
よって、正解は1です。
なお、ナチュラル・アプローチは繰り返し出題されており、詳しい説明は他年度の解説にありますので、下記のタグをクリックしてください。


問2 
学習者の母語や媒介語を活用する教授法といえば、文法訳読法が思い浮かびますが、選択肢にありません。そこで、消去法を用います。
1,オーラル・メソッド…オーラル(口述の)といえば、ダイレクトというワードが連想されます。媒介に反するワードなので、1は消去です。
2,ナチュラル・メソッド…ナチュラルといえば、そのままというイメージが浮かびます。媒介に反するので、2は消去です。
3,コミュニティ・ランゲージ・ラーニング(CLL)…直訳すると、共同体言語学習。名称からは学習者の母語や媒介語を積極的に活用するかしないか分からないので保留です。
4,グレイデッド・ダイレクト・メソッド(GDM)…ダイレクトというワードは、媒介に反するワードなので、4は消去です。
よって、残った3が正解です。
実は、コミュニティ・ランゲージ・ラーニング(CLL)では、いつでも教師に母語を介して助力を仰ぐことができます。
なお、グレイデッド・ダイレクト・メソッド(GDM)(段階的直接法)とは、学習者の負担を減らすため、段階的に簡単な言葉で教える直接法です。ハーバード・メソッドとも呼ばれています。学習者は身体を使って感覚的に理解します。詳しくは、GDM英語教授法研究会のウェブサイトをご参照ください。

その他の教授法については、他年度の解説で説明していますので、下記のタグをクリックしてください。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【学習者がグループで話し合う教室活動(ディスカッション・ディベート)】です。

試験Ⅰの問題4は毎年、教授法が出題されていますので、
平成28年度の試験Ⅰ問題4も教授法に関する問題だろうと予想できます。
各年度の問題4を比較して、教授法についてどのように問われているのか要検討です。

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【外国語教育のコースデザインやシラバス、教授法】
平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【外国語教育・日本語教育の教授法】
平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【外国語教授法・教室活動】
平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【外国語教授法とその日本語教授法への影響】
 

問1
1,コミュニティー・ランゲージ・ラーニング(CLL)は、カウンセリングの理論と手法を応用した教授法。アメリカの心理学者カラン1970年代に開発。教師はカウンセラーのように、学習者をクライアントとして接します。教師は学習者と一体になってコミュニティを形成し、互いにコミュニケーションを図りながら授業を行います。学習者が輪になって座り、教師は外に立ちます。学習者がテーマを決め、自由に話をします。教師は学習者の耳元で表現方法をささやきます。学習者の自由な会話は録音しておき、授業の最後に聴き、教師は学習者の内省を促したり、解説を加えたり、発音指導をしたりします。教えることが事前に決まってはいないため後行シラバスです。コミュニティ学習は、グループ学習と異なり、学習者の不安や恐れを取り除くためにSARD(サード)を重視しています。安心感(Security)、注意力(Attention)、積極性(Aggression)、定着(Retention)、振り返り(Reflection)、識別(Discrimination)の頭文字です。

2,コンプリヘンション・アプローチは、幼児の母語習得過程をモデルにした理解優先の教授法。聴解練習を優先し、話すのはしばらく後(Delayed-Oral Method)。ポストフスキーがアメリカでロシア語の指導をする際に用いました。チョムスキーの生得説(人間は生得的に言語学習能力が備わっている)に基づき、オーディオ・リンガル・メソッドの教授理論とは対立関係。リラックスした状況で、学習者に理解可能な大漁のインプットを与えるこの手法は、ナチュラル・アプローチに引き継がれます

3,オーラル・アプローチは、口頭能力重視。オーディオリンガル・メソッドの別名。パターン・プラクティス(文型練習)を行う。

4,コミュニカティブ・アプローチ(CA)は、コミュニケーション能力の育成を重視した教授法。

以上より、ディスカッションやディベートの言語活動は、コミュニケーション能力の育成を重視したコミュニカティブ・アプローチ(コミュニカティブ言語教授法)の考えを反映しているといえるので、4が正解です。


上記の説明は、研究社の日本語教育事典を参考にしました。


スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【外国語教授法とその日本語教授法への影響】です。

試験Ⅰの問題4は毎年、教授法が出題されています。
ということは、
平成28年度の試験Ⅰ問題4も教授法に関する問題だろうと予想できます。

各年度の問題4を比較して、教授法についてどのように問われているのか要検討です。
平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【外国語教育のコースデザインやシラバス、教授法】
平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【外国語教育・日本語教育の教授法】
平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【学習者がグループで話し合う教室活動(ディスカッション・ディベート)】


問1
ダイレクト・メソッド直接法)は、学習者の母語を使わずに教える教授法。

フォネティック・メソッドは、19世紀後半に文法訳読法への批判からフィーエトルスウィートイェスペルセンらが提唱した音声重視の教授法(ヒューマンアカデミー『日本語能力検定試験 50音順 用語集』253頁)。 

 
オーラル・メソッドは、応用言語学者パーマーによって開発された。ダイレクト・メソッドの理論的不備を、応用言語学の異論によって補った。言語観と学習感はダイレクト・メソッドから引き継ぎ、話し言葉や帰納的理解を重視している。教材・教具はダイレクト・メソッドと共通で、絵カード、レアリア、ジェスチャーなどを用いる。ダイレクト・メソッドと同じく、反復と代入を中心とした口答練習。利点及び欠点は、ダイレクト・メソッドと同じく、音声面の能力向上は期待できるが、理解に時間がかかりがち。パーマーは戦前来日し、ともに仕事をした長沼直兄(なおえ)によってオーラル・メソッドが日本語教育に導入された。

ナチュラル・メソッド自然法)は、幼児の言語習得過程を取り入れ、音声面を重視するという考えから開発された直説法による教授法。グアンのグアン法サイコロジカル・メソッドともいう)や、ベルリッツのベルリッツ・メソッドがある。ナチュラル・アプローチとは異なる教授法なので注意。

サイコロジカル・メソッドとは、幼児が思考の順に言葉を使うことに着目した教授法。一連の出来事を起こった順に文に分け、教師が動作と言葉で表現し、学習者にそれを再現させる手法。シリーズ・メソッドともいう。山口喜一郎台湾での日本語教育に導入。

よって、正解は3です。


問2
1,SAPL(Self-Access Pair Learning サプル)は、スイスのファーガソンによって開発された、ペアやグループで学習するコミュニケーション重視の学習法。学習者の自律性を重んじる。

2,TPR(Total Physical Response)は、心理学者アッシャーが提唱した聴解優先の教授法。幼児の母語習得過程が理論的基板。

3,CLL(Community Language Learning)は、心理学者カランカウンセリングの理論を基板に提唱した教授法。カウンセリング・ラーニングとも呼ばれる。

TPRとCLLについては、に詳しい説明があります。

4,VT法(Verbo-Tonal Method)は、言調聴覚論に基づいた発音指導法

よって、正解は2です。


問3 サジェストペディアの特徴を選ぶ問題です。はサジェストペディアに関連した用語を選ぶ問題です。解説はそちらをご参照ください。
正解は1です。



 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【外国語教育・日本語教育の教授法】です。

問5
1,ナチュラル・アプローチは、スペイン語教師テレルが、幼児の母語習得過程を参考に、応用言語学者クラッシェンのモニター理論を応用して提唱した聴解優先の教授法。習得のほうが学習より優れていると考えます。学習目的・到達目標や使用教材はコミュニカティブ・アプローチと共通です。指導法は独特で、教師が学習者に適切なインプットを口答で与え、その後学習者のリラックスした状態を保つため、簡単な応答練習を行います。
利点は、学習者に理解可能な大量のインプットを提供できること、過度の緊張がないこと。
欠点は、教師の発話が多くなりがち、チャレンジングな発話練習がないこと。
ナチュラル・アプローチの理論的背景については、平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4問3で問われています。要確認でございます。

2,トータル・フィジカル・レスポンス(TPR)は、心理学者アッシャーが提唱した聴解優先の教授法で、幼児の母語習得過程を理論的基板としています。ジェスチャーを中心とした身体運動を用いることが特徴です。教師の口答による指示通りに学習者は身体を動かすことによって理解を示します。
利点は、聴解力を集中的に伸ばせること、発話のプレッシャーから解放されること。
欠点は、(サイコロジカル・メソッドと同じく)身体を動かすのが幼稚に映るので学習者によっては抵抗を感じること、動作にかかわらない表現を学習しにくいこと。

3,コミュニティ・ランゲージ・ラーニング(CLL)は、心理学者カランがカウンセリングの理論を基盤に提唱した教授法で、カウンセリング・ラーニングとも呼ばれます。教師をカウンセラー、学習者をクライアント、教室を一つのコミュニティとみなします。知識のみならず、情意面の向上を学習目的とし、学習者の全人的な成長が到達目標です。学習の成功に必要な心理的条件として、安心感(Security)、注意力(Attention)、積極性(Aggression)、定着(Retention)、振り返り(Reflection)、識別(Discrimination)の頭文字をとってSARDと呼んでいます。
利点は、知りたいことをすぐに教えてもらえる、自由なコミュニケーションが楽しめる、自律的学習が組み込まれていること。
欠点は、教師の負担が大きい(カウンセリング理論への精通、学習者の全人的な受け入れ、高い指導力)こと。

4,サイレントウェイは、心理学者ガッテーニョが、認知心理学を理論的基板として提唱した教授法。学習者自らが言語規則を発見することが目的なので、教師はできるだけ沈黙し、サウンド・カラー・チャート(発音を色分け)、ポインター(指示棒)、ロッド(多色で様々な長さの棒)を使う。
利点は、学習者の自律性が尊重されることによって記憶が促進される、発話するのは学習者のみなのでリラックスできる、教師の動きを追わないと理解できないので集中して参加するようになること。
欠点は、特殊な教材の使いこなしが必須、少人数に限定、明示的な説明をしないため学習進度が遅くなりがちであること。
サイレント・ウェイの背景にある学習観については、平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題4の問4で問われています。要確認です。
よって、正解は3です。


各教授法の説明は、ヒューマンアカデミーの完全攻略ガイド第3版(第2部 言語と教育)を参考にしました。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ