日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:間接発話行為

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題11は【外国語教育の変遷】でした。
平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題11は【コミュニケーション・スタイルと語用論的転移】です。

問1「間接的表現」といえば「間接発話行為」が思い浮かびます。「間接発話行為」といえば、
平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題4【発話行為】の問3と問4です。

1,棚の上の物を友達に取ってもらいたいとき、「あそこの棚の荷物取ってくれない?」という直接的な表現を用いずに、「あそこの棚届く?」と可能表現にすることで、間接的に気持ちを伝えています。試験Ⅲ 問題3【どのように言うか】の問5選択肢2「難しいです」と同じような配慮ですね。

よって、正解は1です。


問2「母語習得」に関する問題です。
1,子どもが話し手と同じ対象に注意を向けることで、言葉の意味を推測し習得することを理論的基盤にしたのが、TPRではないでしょうか。『幼児の言語習得を促すバイアス』も参考になりました。

正解は1と思料します。


問3 英語母語話者が母語を直訳した結果、語用論的転移となった例
2,英語では、飲みに誘うとき、「Would you like to go for a drink?」(一杯、飲みに行きたいですか?)と言うため、日本語に直訳すると語用論的に不適切になります。

よって、正解は2です。


問4「語用論的転移が起こりやすい場合」
1,母語と目標言語との言語間の距離を近いと感じている場合では、違いを意識せず直訳してしまい、「語用論的転移」が起こりやすいといえそうです。

よって、1が正解と思料します。


問5 ロールプレイには「タスクを先に行う方法と表現学習を先に行う方法がある」ことに関する問題です。
1,表現学習を先に行うと、学習した表現を意識するため、発言内容や表現形式の自由度は低まると思います。

2,タスクを先に行うには、ある程度の表現方法を知っている必要があるので、初級前半レベルの学習者に適してはいません。

3,タスクを先に行う方が、知らない表現にも対応しないといけないので、状況対応力を養うことができます。

4,タスクを先に行うことで、したいこととできることのギャップに気づきやすいです。

よって、正解は4です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題4は【発話行為】です。

問1
発語行為とは、伝えるために何かを言う行為。
例…「iPhone7買って」とキャバ嬢がお客さんに
言うこと

発語内行為とは、発語行為と同時に遂行される行為。
例…「
iPhone7買って」とキャバ嬢がお客さんに言うことでおねだりすること

発語媒介行為とは、発話によって達成される行為。
例…「iPhone7買って」とおねだりした結果、お客さんがiPhone7買ってくれること

よって、正解は2です。



問2
「今度、国の料理をごちそうします」という発話は、依頼、命令ではないのは明らかです。
意志なのか? 約束なのか?
意志は一方行為、約束は双方行為といえます。
ごちそうするという行為は、相手が応じなければできません。双方行為です。
よって、正解は4です。


問3
間接発話行為とは、文字どおりとは異なる力を持つ発話行為のこと。

例…「iPhone7いいなー」とキャバ嬢がお客さんに言うことは、文字どおりの「感想」という機能とは別に「おねだり」という間接的な機能を持ちます。これに対しお客さんが「アップルが好きなの? 僕はXperia派だね。日本が好きだから」と答えた場合、発話の(間接的な)意図が伝わらなかったことになり、キャバ嬢が心の中で舌打ちします。


「寒いですね」という言葉の間接的な意図は、暖かくしましょうという「提案」です。
よって、正解は4です。 



問4
1,発話に間接的な意図はないと思われます。
2,「小銭ある?」という発話には、「小銭貸して?」という
間接的な意図があります。しかし、友人は、文字どおりの言葉しか返さなかったので、意図が伝わらなかったといえます。
3, 「明日は大雪だよ」という発話には、「遠足は中止かも」という間接的な意味があります。友人は「残念だなあ、楽しみにしていたのに」と答えているので、発話の意図はうまく伝わっています。
4,発話に間接的な意図はないと思われます。
よって、正解は2です。 


問5
当該コースで何を教えるかを
シラバスといいます。
機能シラバスでは、誘う、断る、謝る、お礼を言うなど、言語の持つコミュニケーション上の働きを中心に指導します。
よって、正解は1です。


以上の解説は例の本49頁、177頁を参考にしました。



 


スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ