日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:負の転移

Sponsored Link

どこよりも早い解答速報(解説付き)

平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題1は【可能表現とラレル】です。

問4
日本語の可能表現は動作主体による実現能力を表す場合に使えます
例1) 私はロシア語が話せます。

日本語の可能表現は動作主体によらない実現能力を表す場合には使えません。
例2) この薬を飲めば、病気はすぐに治れますよ。☓
→動作主体ではなく薬の実現能力。

しかし、動作主体によらない実現能力を表す場合にも可能表現が使える言語もあります。
可能表現が使える範囲は言語によって異なっており、これに起因する学習者の誤用(母語の干渉負の転移)が見られます。
その例を選べという問題ですから、正解は2であると思料します。


問5 動作対象の性質による可能を表す用法の例を選ぶ問題です。
動作とは、事を行うために体を動かすこと。(スーパー大辞林3.0)
対象とは、はたらきかけの目標や目的とするもの。めあて。(スーパー大辞林3.0)
性質とは、①その人に生まれつき備わっている気質。②他のもとと区別しうる、そのもの本来のありかた。(スーパー大辞林3.0)

1,「網棚」の性質による可能を表していますが、「網棚」は動作の目的地であり、動作対象は荷物です。
動作→置く
動作の対象→荷物

2,「この店の席」の可能を表していますが、「この店の席」は動作対象ではありません。
動作→吸う
動作の対象→タバコ

3,「この本」の性質による可能を表しており、「この本」は動作対象です。
動作→読む 
動作の対象→この本

4,泳ぐは自動詞なので動作対象がありません。
動作→泳ぐ
動作の対象→なし

以上より、3が正解であると思料します。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題9は【第二言語習得】です。

問1
グローバルエラーローカルエラーを見分ける問いは、平成23年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの問題7の問4にも出題されていますので、そちらも要チェックです。
グローバルエラーとは、意味が分からなくなるエラー。
ローカルエラーとは、意味は分かるエラー。

1,言いたいことは分かるので、ローカルエラーです。
2,私が友達に教えたのか、私は友達に教えてもらったのか、どちらかわからないので、グローバルエラーです。
3,言いたいことは分かるので、ローカルエラーです。
4,言いたいことは分かるので、ローカルエラーです。
よって、正解は2です。


問2
過剰般化については、平成23年度 日本語教育能力検定試験Ⅰ問題8の問2でも問われていますので、そちらも要チェックです。

過剰般化とは、規則の適用をやりすぎてしまうこと。
よって、正解は4です。


問3
母語の転移とは、母語が学習している言語に及ぼす影響。
正の転移…習得を促進するのに働く。
負の転移…習得を妨げるのに働く。

1,母語の転移は、文法より語彙に起きやすいそうです。
例1…中国語で「病」は「心配事」の意味があるので、中国語母語の学習者が日本語でも「病」を心配事の意味で使ってしまう。
例2…英語で「cool」は人にも温度にも使えるので、英語母語の学習者が日本語の「冷たい」を温度に使ってしまう。今日は冷たい。☓
2,英語母語話者に「冷たいはcoolという意味です」と教えると、転移を助長してしまいますので、教え方も転移に影響します。
3,母語が同じでも、性格や学習スタイルなど人によって転移の起き方は大きく異なると思います。
4,レベルが上がるほど、転移は起きないでしょう。
よって、正解は3です。


問4
語用論的転移については、平成23年度 日本語教育能力検定試験Ⅰ問題8の問3でも問われていますので、そちらも要チェックです。
1,「住んでいました」としなければならないので、テンスに関する誤りです。
2,上記平成23年度の問題と同じですね。文法的には間違っていませんが、英語の表現をそのまま日本語訳したため、おかしくなっています。語用論的転移です。
3,「助けて」ではなく「手伝って」と言うべきなので、語彙的誤りです。
4,「日本語の先生」としなければならないので、格助詞が抜けています。
よって、正解は2です。


問5
生活言語能力BICS Basic Interpersonal Communicative Skills)は、日常生活に必要な言語能力。2年ほどで身につくとされる。
学習言語能力CALP Cognitive/Academic Language Proficiency)は、教科学習に必要な能力。5年以上かかるとされる。

1,CALPは年齢が低すぎると理解できません。母語でも幼児に学習言語は教えていないです。
2,CALPは5年以上かかります。
3,CALPは母語で発達していると、第二言語でも理解が促進されるので発達しやすいです。
この選択肢は、平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅲ問題8の問5の選択肢4と同じことを言っているので、そちらも要チェックです。日本語教育能力検定試験では同じような選択肢にしばし再会します。
4,CALPのほうが負荷が大きいです。
よって、正解は3です。


 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ