日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:語用論

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題8は【第一言語習得および第二言語習得】です。

問1 
中間言語とは、第一言語でも第二言語でもない中間の言語。学習者の発達途上の言語体系。
よって、正解は3です。


問2
過剰般化とは、規則の適用をやりすぎちゃうこと。
よって、正解は2です。


問3
なんと! 
問題7で見たばかりなのに、またもや語用論の問題です。英語の語用論が日本語にうつっちゃった、という例を探します。
選択肢4は、英語の"Would you like to"をそのまま日本語に転移したため生じた語用論的誤りです。
よって、正解は4です。
 

問4
言語内の誤り(言語内エラー)は、第二言語の能力が足りないせい。
言語間の誤り(言語間エラー) は、第一言語と第二言語の差異のせい。
よって、正解は1です。


問5
化石化とは、誤用が修正されないまま残ること。
よって、正解は3です。 


問6
フォリナー・トークとは、 母語話者が非母語話者に使う、簡単な言葉。
よって、正解は1です。

 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題7は【学習者の誤用】です。

問1
誤用は排除されるべきものという考え方から、誤用は習得過程のプロセスであり、必然であるという考え方に変わってきています。
よって、正解は3です。


問2
非文とは、文法的に正しくない文です。
よって、「おいしい」というイ形容詞を、ナ形容詞のように扱っている(「だ」をつけている)、1が正解です。


問3
語用論は、コミュニケーションの適切さに関係します。
つまり各選択肢のうち、文法的には正しいけれど、コミュニケーションとしてはおかしい文が「語用論的適切さに関わる誤用」といえます。
平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅲ 問題10問4では、意味論、語用論、統語論、形態論、の違いが問われていますので、要チェックです。

3,「わたしに対して」ではなく「わたしにとって」です。文法的な誤りです。
よって、正解は3です。


問4
ミステイク…ほんとは分かっていたのに疲れや気の緩みで犯した誤り。
エラー…分からなかった誤り。知らなかった誤り。
グローバル・エラー…意味が通じないエラー。
ローカル・エラー…意味は通じるエラー。

1,「行っただろうので」のように「から」と「ので」を混同しても、意味は通じるので、ローカル・エラーです。
2,「そうですか」の上昇調は、そうであることに疑問を持っている意味ですが、「そうですか」の下降調は、そうであることに納得した意味なので、これを混同すると、意味が通じなくなります。グローバル・エラーです。
3,「書きてください」と言われても意味は通じるので、ローカル・エラーです。
4,「こにちは」と言われても意味は通じるので、ローカル・エラーです。
よって、2が正解です。


問5
3,ロールプレイは、言語形式の正確さよりも言語による課題遂行に重点を置くものなので、3が正解です。


問6
1,回避とは、自信のない表現を避けること。
2,コード・スイッチングとは、言語を切り替えること。
4,スタイルシフト(スタイルシフティング)とは、初めての会った人なので丁寧語で話していたところ、同年齢であることが分かり、砕けた言葉になるようなこと。スタイルとは、場面や相手に応じて使い分ける言葉づかいのこと。
よって、正解は1です。


 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題10は【明示的知識と暗示的知識】です。

問1
明示的知識とは、誰かに習ったり本を読んだりして意識的に得た知識。
暗示的知識とは、自然と習得した知識。
1,明示的知識と暗示的知識の違いは、習得方法の差であって、言語運用に関わる知識かどうかとは関係ありません。明示的知識(学校で習った発音・文法・語彙)にも暗示的知識(自然習得した発音・語彙)にも、正確で流暢な言語運用に関わる知識があります。
2,母語話者でも、国語の授業で覚えた漢字など明示的知識はいくらでもあります。
3,暗示的知識は、言語に対する直観的知識です。
4,暗示的知識は、自然と得られるものなので、演繹的に学習するわけではありません。
よって、正解は3です。


問2 
直接引用は、元の言葉を変えず、引用部分を「」 で囲みますので、1と2は誤りです。
例…昔の生徒が「翌月の私達の同窓会に先生も出席して頂きたいんです」と言ってきた。
間接引用は、「」を使いません。元発話の文体は普通体に変更されます。元発話のダイクシス表現は使われる場合もあります。
例…昔の生徒が翌週の自分達の同窓会に私も出席して欲しいと言ってきた。
よって、正解は3です。
なお、直接引用ダイクシスについては、平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅲ 問題2の問6で出題されています。 


問3
1,引用節が引用動詞(ってった)に先行しています。
2,「って」という引用標識を使っています。
3,簡略化した言語形式です。
4,文要素の修飾構造は単純です。
よって、正解は3です。


問4
意味論は、語や文にどんな意味があるか論じる。
語用論は、どのようにコミュニケーションを行うかを論じる。
(日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第三版46頁『意味論と語用論の違い』)



統語論は、語順などの観点から文の成り立ちや構造を論じる。
形態論は、意味を持つ最小単位形態素を対象に語の成り立ちを論じる。

自然習得環境では、コミュイケ—ション能力が向上すると思われます。
よって、正解は2です。
なお、平成23年度日本語教育能力検定試験問題7の問3では、【語用論的な適切さに関わる誤用】が問われていますので、要チェックです。


問5
自然習得環境の良い点は、談話の種類が豊富なことなので、正解は4です。


 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ