日本語教育能力検定試験の過去問解説

最新の過去問はこちらから⇒https://www.hamasensei.com/ 日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:記述問題の書き方

Sponsored Link

この記事は移転しました。約2秒後に新記事へ移動します。移動しない場合はココをクリックしてください。 続きを読む

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

この記事は移転しました。約2秒後に新記事へ移動します。移動しない場合はココをクリックしてください。 続きを読む

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

この記事は移転しました。約2秒後に新記事へ移動します。移動しない場合はココをクリックしてください。 続きを読む

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

この記事は移転しました。約2秒後に新記事へ移動します。移動しない場合はココをクリックしてください。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

予定していた過去問解説が終わりました!
現在、達成感に浸っております。
でもまだ、本試験は終わっていないんですよね。
ちょうど一週間後です。
気合を入れ直さなくては。

さて、私は過去問のうち、記述問題だけは全て後回しにしていました。
なぜかいいますと、書くのが面倒くさかった、からではなく、記述式問題がめちゃくちゃ得意だからです。時間が足りない場合は対策しなくていいや、と考えていました。
しかし時間ができましたので、明日、平成27年度(2015年度)の記述問題を解いて、その対策方法をブログにアップしたいと思います。
記述式問題が苦手な方でも真似できる具体的な書き方を出来るかぎり分かりやすく説明したいと考えていますので、これからもよろしくお願いいたします。



 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ