日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:言語適性

Sponsored Link

平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題8は【第二言語習得と個人差】です。

問1
ツッコミポイントを探します。
1,先行研究は存じ上げませんが、この広い世の中で見解が一致することなんてそうそうありません。限りなく黒に近い選択肢でございます。
2,学習段階によって、重要になる言語適性は異なると思います。リスニングには音韻処理能力が、語彙には記憶力が、と要求される能力が異なるからです。
3, 逆じゃないでしょうか。言語適性がある人のほうが習得が早いです。音を認識する能力が高い人は正しい発音ができるようになるのも早いです。でも最終的な到達段階はそんなに変わらないという説があります。
4, コミュニカティブな指導は、言語適性と関係があります。音を認識する能力が高い人は、コミュニカティブな指導が向いているのではないでしょうか。
よって、正解は2です。


問2
動機づけの種類は、ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』258頁、259頁にあります。

○ガードナーとランバートは、第二言語学習における動機づけを統合的動機づけ道具的動機づけに分類しました。
統合的動機づけ…目標言語の社会に溶け込みたい、一員になりたいぞ!
例…「僕は猫になりたい」と言って猫の鳴き声を必死に真似る人。

道具的動機づけ実益が目的。お金持ちになりたい! 偉くなりたい! 有名になりたいよ!
例…「猫と会話できる男」というYouTuberになってお金稼いで好きなことして生きていきたいので、猫の鳴き声を学んでいます。

○内発的動機づけと外発的動機づけに分けることもできます。
内発的動機づけ…内からの力で勉強。学習そのものが楽しいの! 
例…猫の鳴き声を真似するのって楽しいんですよ。

外発的動機づけ…外から力で勉強。学習したらいいことある! 
例…近所の美猫の気を惹くために、イケてるオス猫の鳴き声を学習してるんです。


問2
1,会社での昇進が目的なので、道具的動機づけです。
2,日本へ出張するために会社の命令で勉強するのは外からの力なので、外発的動機づけです。
3,日本が好きで、いつか渡日して就職したいと思っているので、統合的動機づけです。
4,日本企業から届く書類を読むために日本語を勉強する場合、外からの力なので外発的動機づけです。
よって、正解は1です。


問3
1,成人になってから日本語を学んで、日本人並みにペラペラの外国人タレントさんいますよね。
2,初期の習得スピードは認知能力が発達した大人の方が、幼い子どもより早いらしいです。
3,インプットの量は大事です。
4,文法に比べて音声は幼いうちのほうが正確に覚えます。
よって、正解は2です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題11は【日系ブラジル人の定住者】です。

問4
ガードナーランバートは、第二言語学習の動機づけを、統合的動機づけと道具的動機づけに分けました。
統合的動機づけ…目標言語の社会や文化に溶け込みたい。
道具的動機づけ…地位・名誉・お金欲しい。

内発的動機づけと外発的動機づけに分ける場合もあります。
内発的動機づけ…学習自体が楽しい。
外発的動機づけ…学習をがんばって褒められたい。お金欲しい。

マルシアさんは、「日本人のようになりたくない」と言っているので、統合的動機づけはありません。
よって、正解は4です。


問5
言語適性…外国語を学ぶために必要な能力。 音を認識する能力、語や文の構成を認識する能力、音・語・文を機能的に分析する能力、それらを記憶する能力、など認知的要因にかかわります。
よって、正解は1です。

 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題10は【第二言語発達】です。

問1 
処理可能性理論(Processability Theory) では、語、句、文と言語単位の小さなものから順に自動化処理が発達するとしています。
よって、正解は4です。


問2
言語適性には、「音声認識力」「言語分析力」「記憶力」という三つの側面があります。
2,言葉の使用例から規則性を抽出する能力は、言語分析力です。
よって、正解は2です。 


問3 ビリーフに関する記述として不適当なものを選ぶ問題です。
1,好きなことと得意なことは異なる場合があるように、ビリーフ(信条)に沿った方法で学んだからといって、効率よく学べるとは限りません。なお、学習者のビリーフ(信条)によって学習効果に差は出ます。
よって、正解は1です。
なお、平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰ 問題5の選択肢2がとても似ていますので比較してみると面白いです。予備校の解答速報では、本問の答えは、1か4で割れたらしいですが、平成23年度では選択肢2が不適当である(と公式が発表している)ことを知っていれば、本問でも選択肢1が不適当だと自信を持っていえたのではないでしょうか。やはり過去問は大事ですね。


問4
適正処遇交互作用とは、学習者の適性と処遇(教師の指導法)が互いに影響を与え、学習効果に差が出ることです。
よって、正解は3です。


問5
学習ストラテジーで出題されています。
補償ストラテジーとは、言語知識の不足を補うためのストラテジーです。
1,目標言語を話すために友達を作るのは、社会的ストラテジーです。
2,知らない語の意味を文脈から推測するのは、補償ストラテジーです。
3,音楽を使ってリラックスするのは、情意ストラテジーです。
4,目標言語を母語と対照して分析するのは、認知ストラテジーです。
よって、正解は2です。


 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ