日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:複合名詞

Sponsored Link

平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題1は【他と性質の異なるものの五肢択一】です。

(11)【前項と後項の関係】
1,ボール遊ぶ。
2,アイロンかける。
3,水洗う。
4,カード払う。
5,炭火焼く。
よって、2が正解です。


(12)【「〜て」の用法】
1,2,3,5は、動作を同時に行っています。
1,裾を持ったまま階段を上る。
2,抱えたまま挨拶する。
3,入れたまま歩く。
5,曲をかけたまま勉強する。
4は、前の動作→ 後の動作、という流れです。
4,カバンを置いた後、部屋に入る。
よって、正解は4です。


(13)【「〜ばいい」の用法】
1は願望。
2,3,4,5は助言です。
よって、正解は1です。


(14)【「によって」の用法】
1,2,3,4は原因。
5は手段です。
よって、正解は5です。


(15)【「ことだ」の用法】
モダリティは、事に対するものと、人に対するものがあります。
それぞれの違いについては、平成27年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題3のAをご参照ください。
あるいは、ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』105頁をご参照ください。
1,2,4,5は、他の人に忠告しています。
3は、「野菜を切ったり洗ったり」という事についての気持ちを表しています。
よって、正解は3です。



スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題1は、【他と性質の異なるものの五肢択一】です。

⑴【調音法】
1,[g] 有声軟口蓋破裂音
2,[m]有声両唇鼻音
3,[t]無声歯茎破裂音
4,[b]有声両唇破裂音
5,[k]無声軟口蓋破裂音
よって、正解は2です。


⑵【語頭子音の調音点】
1,ジュエリー[ʥ / ʤ]有声歯茎硬口蓋破擦音
2,ティッシュ[t]無声歯茎破裂音
3,チョコレート[ ʨ / ʧ ] 無声歯茎硬口蓋破擦音
4,ショッピング[ ɕ / ʃ ] 無声歯茎硬口蓋摩擦音
5,チャンス[ ʨ / ʧ ] 無声歯茎硬口蓋破擦音
イ段の子音は、母音イが前舌高母のため、その準備で前の子音も同じような形になり、調音点が硬口蓋のほうへずれます。これを口蓋化といいます。
選択肢2以外は、イ段の子音なので、口蓋化して、調音点が「歯茎」→「歯茎硬口蓋」になります。
よって、正解は2です。
日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版 の404頁に口蓋化のコラムがあります。

⑶【複合語のアクセント】
単独のときと複合語のときでアクセントが変化したものを選ぶ問題です。平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰ 問題1の⑵にも同じタイプの問題が出ています。
1,専門(低高高高)→専門店(低高高低…)アクセントが変化しています。
2,柔軟(低高高高)→柔軟性(低高高高…)アクセントは変化していません。
3,教育(低高高高)→教育的(低高高高…)アクセントは変化していません。
4,食事(低高高)→食事代(低高高…)アクセントは変化していません。
5,説明(低高高高)→説明書(低高高高…)アクセントは変化していません。
よって、1が正解です。


⑷【自他動詞の形態】
平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅰ 問題1の⑻にも【動詞の自他】を比べる問題が出されています。
1,荒らすの自動詞は荒れる。
2,揺らすの自動詞は揺れる。
3,散らすの自動詞は散れる☓→散る。
4,慣らすの自動詞は馴れる。
5,垂らすの自動詞は馴れる。
3だけ、自動詞の形態が違います。
よって、正解は3です。


⑸【複合動詞の名詞化】
平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰ 問題1の⒂にも【複合名詞と複合動詞の対応】問題が出されています。

1,貸し出しの動詞は、貸し出す。
2,見落としの動詞は、見落とす。
3,話し合いの動詞は、話し合う。
4,立ち読みの動詞は、立ち読むではありません。「立ち読みする」です。
5,書き直しの動詞は、書き直す。
4だけ、動詞が「名詞+する」の形になっています。
よって、正解は4です。
動詞を名詞にするときは、連用形(マス形のマスを省く)にします。
貸し出す→貸し出し(する)
名詞を動詞にするには、「する」を加えます。
立ち読み→立ち読みする。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題1の続きです。

⑾【「なら」の用法】 
1,3,4,5の「なら」は、文の表面にはない情報を暗示しているので、取り立て助詞の「なら」です。
1,多くは話せない。
3,ほかの店は置いてない。
4,他の料理は作れない。
5,早くは歩けない。
2の「なら」は「聞き手の発言を受ける用法」(初級を教える人のための日本語文法ハンドブック225頁)です。「「なら」は相手が述べたり質問したりしたことの中から主題を受け取って、それについて話を展開させる場合に用いることができます。このような「なら」は主題の受取りの「なら」と呼ばれることがあります」(中上級を教える人のための日本語文法ハンドブック336頁)。
よって、正解は2です。
なお、取り立て助詞については、を参照。


⑿【逆接条件の表現】
1,2,4,5は仮定の逆接ですが、3は確定の逆接です。
よって、正解は3です。


⒀【「上で」の用法】
1,2,3,5の「上で」は「(〜する)ために」に言い換えられます。
4の「上で」は「(〜した)のち」に言い換えられます。
よって、正解は4です。
 

⒁【取り立ての対象】
また、取り立て助詞がでてきました。お好きですね。
1,2,3,4,の取り立て助詞の対象は述語ですが、5の対象は主語です。取り立て助詞を抜いてみると分かりやすいです。
1,微動しなかった
2,出血しなかった
3,入賞できなかった
4,想像できなかった
5,教員できなかった
よって、正解は5です。


⒂【複合名詞と複合動詞の対応】
平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰ 問題1の⑸にも同じタイプの問題がありますので(なんと正解も同じです)、比べてみてください。

各選択肢の名詞と動詞を比べてみます。
1,着回し 着回す
2,持ち込み 持ち込む
3,見直し 見直す
4,走り書き 走り書きする
5,やり過ぎ やり過ぎる
4だけ、動詞が「名詞+する」の形になっています。
よって、正解は4です。
ちなみに、
動詞を名詞にするときは、連用形(マス形のマスを省く)にします。
1,着回す→着回し(ます)
2,持ち込む→持ち込み(ます)
3,見直す→見直し(ます)
5,やり過ぎる→やり過ぎ(ます)
名詞を動詞にするときは、「する」を加えます。
4,走り書き→走り書きする

 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ