日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:複合動詞

Sponsored Link

平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題1は例年どおり、【他と性質の異なるものの五肢択一】です。


(1)【音読み・訓読み】

1,筋肉(音読み:きんにく、訓読み:すじしし☓)

2,腹痛(音読み:ふくつう、訓読み:はらいた)

3,市場(音読み:しじょう、訓読み:いちば)

4,落葉(音読み:らくよう、訓読み:おちば)

5,足跡(音読み:そくせき、訓読み:あしあと)

「筋肉」だけ訓読みしませんので、正解は1です。



(2)【活用】

「ない」を加えてみます。

1,あせらない

2,さえぎらない

3,いじらない

4,こびらない☓→こびない

5,くつがえらない

「こびる」だけ上一段活用なので、正解は4です。



(3)【「ちょっと」の用法】

「少し」と言い換えてみます。

1,少し水を

2,少しお金が

3,少し待って

4,少し前に

5,少しここに住所と名前を書いて☓

5の「ちょっと」に「少し」の意味はなく、②軽い気持ちで行うさま(大辞林)を表しています。

よって、正解は5です。



(4)【複合動詞の意味】

1,泣き出す…泣き始める

2,拾い出す…拾って出す

3,呼び出す…呼んで出す

4,取り出す…取って出す

5,探し出す…探して出す

「泣き出す」だけ、「出す」の意味が異なっていますので、正解は1です。



(5)【接辞を含む語構成】

1,リ+サイクル

2,プレ+スクール

3,コード+レス

4,ノン+ストップ

5,マイクロ+バス

1,2,4,5,は接頭辞ですが、3は接尾辞です。

よって、正解は3です。


スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題1は、【他と性質の異なるものの五肢択一】です。

(6)【複合動詞の前項と後項の自他】
1,追う出す(他他)
2,押す開ける(他他)
3,盗む見る(他他)
4,引く当てる(他他)
5,立つ上げる(自他)
よって、正解は5です。


(7)【「で」の用法】
3のみ動作の主体を表しているので、3が正解です。


(8)【「ておく」の用法】
1は人の言動をそのままにしておくという意味。消極的な「ておく」
2,3,4,5は目的があって行う積極的な「ておく」
よって、1が正解です。


(9)【受け身】
受け身には直接受身と間接受身があります。 
違いは、平成23年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題3のDをご参照ください。
あるいは、ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』の93ページをご参照ください。

1,2,3,5は他動詞の直接受身ですが、4は自動詞の間接受身です。
よって、4が正解です。


(10)【「ている」の用法】
「ている」と動詞の4分類については、ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』の99ページが参考になります。
1,卒業したという結果の状態を表しています。
2,汚れたという結果の状態を表しています。
3,入ったという結果の状態を表しています。
4,開いたという結果の状態を表しています。
5,勤めるという動作の進行を表しています。
よって、正解は5です。



スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題1は、【他と性質の異なるものの五肢択一】です。

⑹【形容詞連用形の働き】
1,「真剣に」は動詞そのもの(考える)を形容しています。
一方で、2,3,4,5,は動詞そのものではなく、動詞の対象を形容しています。
2,「柔らかく」は聞こえる対象が柔らかい。
3,「若く」は見える対象が若い。
4,「不思議に」は思われる対象が「不思議」。
5,「涼しく」は感じる対象が「涼しい」。
よって、正解は1です。


⑺【複合動詞の意味】 
平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅰ 問題3のD⒂で出題されたように、複合動詞には、複合要素の前項あるいは後項が実質的意味を失い接辞化しているものと、前項、後項とも実質的意味を残しているものがあります。
複合動詞の後項「上げて」がなくても、意味が同じになるか、を検討する問題です。
1,「くむ」「くみ上げる」→どちらも「すくいあげる」という意味。
2,「書く」「書き上げる」→「書き上げる」は最後まで書いて完成させることなので、意味が異なる。
3,「込む」「込み上げる」→どちらも「いっぱいになる」という意味。
4,「読む」「読み上げる」→どちらも「読む」という意味。
5,「取る」「取り上げる」→どちらも「取る」という意味。
よって、正解は2です。


⑻【指示詞の現場指示文脈指示用法】
1,「そんな」→「一緒に旅行に行った」という文脈を指している。
2,「こう」→「みんなで案を出して、一番いいのを投票で決める」という文脈を指している。後方照応です。平成26年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題3のCをご参照ください。
3,「この」→「私の友達の鈴木」という文脈を指している。
4,「ここ」→現場のボタンを指している。
5,「それ」→「今度の週末、みんなでカラオケ」という文脈を指している。
よって、正解は4です。


⑼【形容詞の種類】
形容詞には、感情形容詞属性形容詞があります。感情形容詞には、人称制限があり、「彼はふるさとが懐かしい」のように第三者の感情を表すことはできません。
1,「懐かしい」は感情形容詞です。
2,「古い」は属性形容詞です。
3,「おとなしい」は属性形容詞です。
4,「安い」は属性形容詞です。
5,「おいしい」は属性形容詞です。
よって、正解は1です。


⑽【「ために」の用法】
「AためにB」には、大きく分けて、①目的、②理由・原因、という二つの用法がありますが、①目的には、Aする(Aになる)ために(①のa)、という意味の他に、Aに貢献・恩返しするために(①のb)、という意味になる場合もあります。『日本語教師の広場』というウェブサイトに詳しい説明があります。

1,「出産するために」と言い換えられるので、①のaの意味。
2,「留学するために」と言い換えられるので、①のaの意味。
3,「仕事をするために」と言い換えられるので、①のaの意味。
4,「健康になるために」と言い換えら得るので、①のaの意味。
5,「両親する(になる)ために」とは言い換えられない。「両親に恩返しするために」と言い換えられる。①のbの意味。
よって、正解は5です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題1は、【他と性質の異なるものの五肢択一】です。

⑴【調音法】
1,[g] 有声軟口蓋破裂音
2,[m]有声両唇鼻音
3,[t]無声歯茎破裂音
4,[b]有声両唇破裂音
5,[k]無声軟口蓋破裂音
よって、正解は2です。


⑵【語頭子音の調音点】
1,ジュエリー[ʥ / ʤ]有声歯茎硬口蓋破擦音
2,ティッシュ[t]無声歯茎破裂音
3,チョコレート[ ʨ / ʧ ] 無声歯茎硬口蓋破擦音
4,ショッピング[ ɕ / ʃ ] 無声歯茎硬口蓋摩擦音
5,チャンス[ ʨ / ʧ ] 無声歯茎硬口蓋破擦音
イ段の子音は、母音イが前舌高母のため、その準備で前の子音も同じような形になり、調音点が硬口蓋のほうへずれます。これを口蓋化といいます。
選択肢2以外は、イ段の子音なので、口蓋化して、調音点が「歯茎」→「歯茎硬口蓋」になります。
よって、正解は2です。
日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版 の404頁に口蓋化のコラムがあります。

⑶【複合語のアクセント】
単独のときと複合語のときでアクセントが変化したものを選ぶ問題です。平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰ 問題1の⑵にも同じタイプの問題が出ています。
1,専門(低高高高)→専門店(低高高低…)アクセントが変化しています。
2,柔軟(低高高高)→柔軟性(低高高高…)アクセントは変化していません。
3,教育(低高高高)→教育的(低高高高…)アクセントは変化していません。
4,食事(低高高)→食事代(低高高…)アクセントは変化していません。
5,説明(低高高高)→説明書(低高高高…)アクセントは変化していません。
よって、1が正解です。


⑷【自他動詞の形態】
平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅰ 問題1の⑻にも【動詞の自他】を比べる問題が出されています。
1,荒らすの自動詞は荒れる。
2,揺らすの自動詞は揺れる。
3,散らすの自動詞は散れる☓→散る。
4,慣らすの自動詞は馴れる。
5,垂らすの自動詞は馴れる。
3だけ、自動詞の形態が違います。
よって、正解は3です。


⑸【複合動詞の名詞化】
平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰ 問題1の⒂にも【複合名詞と複合動詞の対応】問題が出されています。

1,貸し出しの動詞は、貸し出す。
2,見落としの動詞は、見落とす。
3,話し合いの動詞は、話し合う。
4,立ち読みの動詞は、立ち読むではありません。「立ち読みする」です。
5,書き直しの動詞は、書き直す。
4だけ、動詞が「名詞+する」の形になっています。
よって、正解は4です。
動詞を名詞にするときは、連用形(マス形のマスを省く)にします。
貸し出す→貸し出し(する)
名詞を動詞にするには、「する」を加えます。
立ち読み→立ち読みする。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題1の続きです。

⑾【「なら」の用法】 
1,3,4,5の「なら」は、文の表面にはない情報を暗示しているので、取り立て助詞の「なら」です。
1,多くは話せない。
3,ほかの店は置いてない。
4,他の料理は作れない。
5,早くは歩けない。
2の「なら」は「聞き手の発言を受ける用法」(初級を教える人のための日本語文法ハンドブック225頁)です。「「なら」は相手が述べたり質問したりしたことの中から主題を受け取って、それについて話を展開させる場合に用いることができます。このような「なら」は主題の受取りの「なら」と呼ばれることがあります」(中上級を教える人のための日本語文法ハンドブック336頁)。
よって、正解は2です。
なお、取り立て助詞については、を参照。


⑿【逆接条件の表現】
1,2,4,5は仮定の逆接ですが、3は確定の逆接です。
よって、正解は3です。


⒀【「上で」の用法】
1,2,3,5の「上で」は「(〜する)ために」に言い換えられます。
4の「上で」は「(〜した)のち」に言い換えられます。
よって、正解は4です。
 

⒁【取り立ての対象】
また、取り立て助詞がでてきました。お好きですね。
1,2,3,4,の取り立て助詞の対象は述語ですが、5の対象は主語です。取り立て助詞を抜いてみると分かりやすいです。
1,微動しなかった
2,出血しなかった
3,入賞できなかった
4,想像できなかった
5,教員できなかった
よって、正解は5です。


⒂【複合名詞と複合動詞の対応】
平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰ 問題1の⑸にも同じタイプの問題がありますので(なんと正解も同じです)、比べてみてください。

各選択肢の名詞と動詞を比べてみます。
1,着回し 着回す
2,持ち込み 持ち込む
3,見直し 見直す
4,走り書き 走り書きする
5,やり過ぎ やり過ぎる
4だけ、動詞が「名詞+する」の形になっています。
よって、正解は4です。
ちなみに、
動詞を名詞にするときは、連用形(マス形のマスを省く)にします。
1,着回す→着回し(ます)
2,持ち込む→持ち込み(ます)
3,見直す→見直し(ます)
5,やり過ぎる→やり過ぎ(ます)
名詞を動詞にするときは、「する」を加えます。
4,走り書き→走り書きする

 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ