日本語教育能力検定試験の過去問解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:補助動詞

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題1は【授受動詞と待遇表現】です。

問1
求心とは、中心に近づこうとすること(スーパー大辞林3.0)。
遠心とは、中心から遠ざかること(スーパー大辞林3.0)。

「あげる」は、物が自分から遠くへ行くので「遠心的
例)僕は猫にササミをあげた。ササミ→

「くれる」「もらう」は、物が遠くから自分の方に来るので「求心的
例)猫は僕に虫の死骸をくれた。虫の死骸←

「あげる」「くれる」は与え手が主語
例)僕は猫にササミをあげた。
  猫は僕に虫の死骸をくれた。

「もらう」は受け手が主語
例)僕は猫から虫の死骸をもらった。

このように使い分けができます。
よって、正解は1です。


問2
格助詞の使い方が誤っているのは3だけです。この場合、物の移動を伴わないので、「私に」ではなく「私の」になります。
よって、正解は3です。


問3
1,恩恵の意味がありません。
2,雨が降るという恩恵。
3,手紙を出すという恩恵。
4,髪を切るという恩恵。
よって、正解は1です。


問4
3,補助動詞「てさしあげる」は、目上の人に直接対面して言う場合は使うべきではありません(Yahoo知恵袋参照)。 
よって、正解は3です。


問5
まず、 授受を表す動詞というのは「あげる」「くれる」「もらう」「渡す」「与える」「受ける」など、何かを授けたり、受けたり、する動詞のことです。 そして、本問のトピックになっている授受動詞は「あげる(やる)」「くれる」「もらう」であることが1行目から分かりますね? ということは「授受を表す他の動詞」とは、「渡す」「与える」「受ける」などのことです。 つまり「授受を表す他の動詞との差異」とは、 「あげる」「くれる」「もらう」と「渡す」「与える」「受ける」の違いは何か?ということです。 それでは選択肢を見ていきます。 選択肢1「有情名詞」とは、「いる」を使う名詞です。 例)ねこがいる→「ねこ」は有情名詞     「無情名詞」とは、「ある」を使う名詞です。 例)小説がある→「小説」は無情名詞 この小説は彼に大きな影響を与えた。 小説は無情名詞ですが「与えた」の主語になることができるので1は× 選択肢2 これはその通り。 私はお金をもらった。→私に恩恵がある(私、うれしい) 私はテストを受けた→私に恩恵ない(私、別にうれしくない) 選択肢3 「私は彼にお金をあげた」という場合、お金の所有権が私から彼に移動しているので3は× 選択肢4 「やる」と「出す」の説明が逆です。 「ネコにえさをやった」→猫に恩恵(ベネフィット)がある(ネコうれしい)。 「先生に宿題を出した」→先生に恩恵(ベネフィット)はない(先生別にうれしくない)。

 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅱの問題6は【学習者の発話の誤り】です。

1番
「届いてませんか」と言うべきを「届いてありませんか」 と言っているので、補助動詞の誤りです。 
よって、正解はbです。

2番
「高校生気づかなかった」 と言うべきを「高校生気づかなかった」と言っているので、対象を表す助詞の誤りです。
よって、正解はcです。

3番
もし行かなかったら、お母さんが怒ります」と言うべきを「もし行かないとき、お母さんが怒ります」と言っているので、従属節の誤りです。
よって、正解はaです。

4番
「今日は日曜日だから学校が休みです」と言うべきを「今日は日曜日から学校が休みです」と言っています。
「から」は接続助詞であり、文と文を接続します(例…台風が来るから学校が休みです)。
名詞を接続するのであれば、助動詞「だ」を加えなければなりません。
よって、正解はdです。
なお、ダイクシスについては、用語検索マンボウを参照。 

5番
 「不足(ふそく」の前に「運動」がつくとき、連濁して「うんどうそく」になります。
しかし学習者は「うんどうふそく」と発話しているので、連濁が起こっていません。
よって、正解はcです。 

6番
「あまがいい」を「あまがいい」と発話しています。
無声音「た」が有声音「だ」になっています。
よって、正解はbです。 

7番
「黒いコート」を「黒いコート」と言っています。黒いはイ形容詞なのに、ナ形容詞と間違っています。
よって、正解はaです。


8番
「失業者を減らすべきです」を「失業者を減るべきです」と言っています。減らすという他動詞を減るという自動詞に間違えています。
よって、正解はcです。 
なお、アスペクトとは、動作や出来事がその動作中のどの時点にあるかという文法的概念。
例えば、
「メモを書くところだ」動作の開始時点
「メモを書いている」動作の継続途中
「メモが書いてある」動作が終わった結果
「メモを書いたばかりだ」動作の完了直後。
「メモを書きかける」動作を開始してすぐの時点
「家が完成しつつある」動作が完了する直前の状態、など。
さまざまな表現によりアスペクトを表すことができる。

アスペクトの説明はアルクの用語集を参考にしました。

 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ