日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:第二言語習得

Sponsored Link

どこよりも早い解説付き解答速報
平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題10は、【第二言語習得】です。

問1
臨界期仮説は、言語習得には臨界期(クリティカル・ピリオド)が存在するという仮説で、言語習得が容易になされる時期は、生後から思春期までの間とする(ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』262頁)。 

よって、4が正解です。


問2「フィードバック」の一種である「リキャスト」に関する問題です。
リキャストは、誤りを明示的に示さずに正しく言い直すフィードバック。自然なコミュニケーションの流れを止めないため、コミュニカティブな教室では最も使いやすいフィードバック。フォーカス・オン・フォームの一つの方法(日本語教育能力検定試験に合格するための用語集95頁)。

よって、 2が正解です。


問3
ブルックリンあおぞら学園のウェブサイトによると、
バイリテラルとは、二言語をただ理解するだけではなく、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4領域すべてで両言語が同等にしっかり出来る事を意味します。

よって1が正解です。


問4
敷居仮説(Thresholds Theory)は、バイリンガリズムの程度と認知との関係をまとめた理論(ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』(以下、ガイド本といいます)272頁。ガイド本273頁にわかりやすい図があります)。
平成25年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題8の問5にも敷居仮説は登場しています。

二言語基底共有説(氷山説)は、バイリンガリズムを2つの氷山に例え、2つの言語は表面的には異なっていても、両言語とも同じ処理システムを通じて機能しているとみなす。話すこと、聞くこと、読むこと、書くことをともなう思考は同じ中央の装置からきており、2つ以上の言語を持つ場合でも、統合された思考の源が1つ存在すると考える(ガイド本272頁)。

日本語教育能力検定試験に合格するための用語集(以下、用語集といいます)101頁によると、
生活言語能力(BICS)は、日常的な生活のコミュニケーションに必要な言語能力。1〜2年で身につく。
学習言語能力(CALP)は、学習に必要な言語能力。読み書きや複雑なディスカッションにかかわる言語能力。年齢相応のレベルに達するのに5〜6年かかる。

以上の知識をもとに検討します。
問題文は、母語と第二言語の言語能力について説明しているので、(ア)には、二元語基底共有説(氷山説)が入ることが分かります。
問題は、(イ)です。
BICSのほうが短期間で身につくことを考えれば、共有しているのはBICSではないか、という結論に至りそうです。

ですが、ここで思い出してほしいのです。
あの過去問の存在を。
そう、
平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題9【第二言語習得】の問5です。
この問題では、選択肢3が正しいというのが公式解答です。
選択肢3「CALPは母語で発達していると、第二言語でも発達しやすくなる。」

どういうことか?
子どもの第二言語学習は、日常的な会話(BICS)ができるようになるのは大人より早いですが、抽象的な文章を読んだりする(CALP)のは苦手です。一方、大人の第二言語学習は、日常的な会話(BICS)では子どもに負けるかもしれませんが、外国語で難しい本を読んだりするのは、子どもより先にできるようになります。大人のほうが、CALPが発達しており、CALPは母語と第二言語で共有するからです。

以上より、3が正解であると思料します。


問5「最近接発達領域(ZPD)」に関する問題です。
心理学者ヴィゴツキーが唱えた、最近接発達領域(ZPD)とは、まだ一人ではできないが、他者のサポートを受ければできる領域のことなので、正解は2であると思料します。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題8は【第二言語習得と個人差】です。

問1
ツッコミポイントを探します。
1,先行研究は存じ上げませんが、この広い世の中で見解が一致することなんてそうそうありません。限りなく黒に近い選択肢でございます。
2,学習段階によって、重要になる言語適性は異なると思います。リスニングには音韻処理能力が、語彙には記憶力が、と要求される能力が異なるからです。
3, 逆じゃないでしょうか。言語適性がある人のほうが習得が早いです。音を認識する能力が高い人は正しい発音ができるようになるのも早いです。でも最終的な到達段階はそんなに変わらないという説があります。
4, コミュニカティブな指導は、言語適性と関係があります。音を認識する能力が高い人は、コミュニカティブな指導が向いているのではないでしょうか。
よって、正解は2です。


問2
動機づけの種類は、ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』258頁、259頁にあります。

○ガードナーとランバートは、第二言語学習における動機づけを統合的動機づけ道具的動機づけに分類しました。
統合的動機づけ…目標言語の社会に溶け込みたい、一員になりたいぞ!
例…「僕は猫になりたい」と言って猫の鳴き声を必死に真似る人。

道具的動機づけ実益が目的。お金持ちになりたい! 偉くなりたい! 有名になりたいよ!
例…「猫と会話できる男」というYouTuberになってお金稼いで好きなことして生きていきたいので、猫の鳴き声を学んでいます。

○内発的動機づけと外発的動機づけに分けることもできます。
内発的動機づけ…内からの力で勉強。学習そのものが楽しいの! 
例…猫の鳴き声を真似するのって楽しいんですよ。

外発的動機づけ…外から力で勉強。学習したらいいことある! 
例…近所の美猫の気を惹くために、イケてるオス猫の鳴き声を学習してるんです。


問2
1,会社での昇進が目的なので、道具的動機づけです。
2,日本へ出張するために会社の命令で勉強するのは外からの力なので、外発的動機づけです。
3,日本が好きで、いつか渡日して就職したいと思っているので、統合的動機づけです。
4,日本企業から届く書類を読むために日本語を勉強する場合、外からの力なので外発的動機づけです。
よって、正解は1です。


問3
1,成人になってから日本語を学んで、日本人並みにペラペラの外国人タレントさんいますよね。
2,初期の習得スピードは認知能力が発達した大人の方が、幼い子どもより早いらしいです。
3,インプットの量は大事です。
4,文法に比べて音声は幼いうちのほうが正確に覚えます。
よって、正解は2です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題9は【第二言語習得】です。

問1
グローバルエラーローカルエラーを見分ける問いは、平成23年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの問題7の問4にも出題されていますので、そちらも要チェックです。
グローバルエラーとは、意味が分からなくなるエラー。
ローカルエラーとは、意味は分かるエラー。

1,言いたいことは分かるので、ローカルエラーです。
2,私が友達に教えたのか、私は友達に教えてもらったのか、どちらかわからないので、グローバルエラーです。
3,言いたいことは分かるので、ローカルエラーです。
4,言いたいことは分かるので、ローカルエラーです。
よって、正解は2です。


問2
過剰般化については、平成23年度 日本語教育能力検定試験Ⅰ問題8の問2でも問われていますので、そちらも要チェックです。

過剰般化とは、規則の適用をやりすぎてしまうこと。
よって、正解は4です。


問3
母語の転移とは、母語が学習している言語に及ぼす影響。
正の転移…習得を促進するのに働く。
負の転移…習得を妨げるのに働く。

1,母語の転移は、文法より語彙に起きやすいそうです。
例1…中国語で「病」は「心配事」の意味があるので、中国語母語の学習者が日本語でも「病」を心配事の意味で使ってしまう。
例2…英語で「cool」は人にも温度にも使えるので、英語母語の学習者が日本語の「冷たい」を温度に使ってしまう。今日は冷たい。☓
2,英語母語話者に「冷たいはcoolという意味です」と教えると、転移を助長してしまいますので、教え方も転移に影響します。
3,母語が同じでも、性格や学習スタイルなど人によって転移の起き方は大きく異なると思います。
4,レベルが上がるほど、転移は起きないでしょう。
よって、正解は3です。


問4
語用論的転移については、平成23年度 日本語教育能力検定試験Ⅰ問題8の問3でも問われていますので、そちらも要チェックです。
1,「住んでいました」としなければならないので、テンスに関する誤りです。
2,上記平成23年度の問題と同じですね。文法的には間違っていませんが、英語の表現をそのまま日本語訳したため、おかしくなっています。語用論的転移です。
3,「助けて」ではなく「手伝って」と言うべきなので、語彙的誤りです。
4,「日本語の先生」としなければならないので、格助詞が抜けています。
よって、正解は2です。


問5
生活言語能力BICS Basic Interpersonal Communicative Skills)は、日常生活に必要な言語能力。2年ほどで身につくとされる。
学習言語能力CALP Cognitive/Academic Language Proficiency)は、教科学習に必要な能力。5年以上かかるとされる。

1,CALPは年齢が低すぎると理解できません。母語でも幼児に学習言語は教えていないです。
2,CALPは5年以上かかります。
3,CALPは母語で発達していると、第二言語でも理解が促進されるので発達しやすいです。
この選択肢は、平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅲ問題8の問5の選択肢4と同じことを言っているので、そちらも要チェックです。日本語教育能力検定試験では同じような選択肢にしばし再会します。
4,CALPのほうが負荷が大きいです。
よって、正解は3です。


 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ