日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:程度副詞

Sponsored Link

平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題3のBは【副詞】です。

副詞は大きく3つに分けられます。
1,様態副詞(情態副詞)…動詞を修飾し、その動作を詳しく説明する。
2,程度副詞…状態性の概念を修飾し、程度を表す。
3,陳述副詞…話し手の気持ちなどを表す成分と呼応する。誘導副詞ともいう。

副詞の3分類については、ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』81頁に詳しい説明があります。


(6)
1の「せっかく」は、話し手の気持ちを表す成分と呼応するので、陳述副詞です。
2の「さっぱり」は、分からない程度を表しているので、程度副詞です。
3の「ぐっすり」は、眠った様子を詳しく説明しているので、様態副詞です。
4の「ちょっと」は、すみませんの程度を表しているので、程度副詞です。
よって、正解は3です。
「ちょっと」は問題1の(3)に出てきました。このように本試験では同じ年度に同じワードが何度も現れることがあります。問題作成者の手抜き、ではなくて重要なワードを教えてくれる優しさに違いありません。  


(7)
1の「仰々しく」は、お辞儀の様子を詳しく説明しているので、様態副詞です。
2の「もしかすると」は、 話し手の気持ちを表す成分と呼応するので、陳述副詞です。
3の「ぎゅっと」は、抱きしめた様子を詳しく説明しているので、様態副詞です。
4の「ほとんど」は、食べなかった程度を表しているので、程度副詞です。
よって、正解は4です。


(8)
「話し手の伝達的態度や事態に対する認識、評価を表す」のは「陳述副詞」です。
よって、正解は1です。 


(9)
この問題の答えは、平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題3のAの問題文にあります。
正解は3です。
なお、照応(しょうおう)は、代名詞や指示語を用いて何かを指すことです。平成26年度 日本語教育能力検定試験Ⅰ問題3のCの(14)で出題されました。


(10)
副詞と同様の働きを持つ「動詞のテ形」を探すには、副詞の働きを知らなければなりません。
副詞の働きとは、動詞や形容詞にかかって、その動詞や形容詞を詳しく説明することです。
1,「弾んで」が「長居」の理由として、単独で使われています。
2,「飲んで」が「歌った」と並列的に使われています。
3,「行って」が「行った」と並列的に使われています。
4,「黙って」が「見ていた」にかかり、「見ていた」様子を詳しく説明しています。
よって、4が正解です。

 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題3のBは【対義語】です。


日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版43頁が参考になります。
また、日本語教育能力検定試験に合格するための基礎知識50の35頁にも表で対義語の種類がまとめられています。





試験に出題されやすい反義語・対義語には以下のようなものがあります。
相補関係(一方を否定すると、 もう片方を肯定する組合せ)…男/女、(抽選に)当たる/外れる。
②程度の大小関係(連続的反義関係)…大きい/小さい、長い/短い、暑い/寒い。
③両極関係…北極/南極、善/悪。
④視点の対立…先生/生徒。 
⑤異なる視点から見た一つの事柄…上り坂/下り坂、貸す/借りる、売り/買い。

また、一方が他方に含まれる関係を包摂関係といいます。例えば、「猫」は「動物」の一種なので、「猫」と「動物」は包摂関係にあります。この場合、「猫」を下位語、「動物」を上位語といいます。

以上より、正解は4になります。



②程度の大小関係を表す対義語は、中間点から相反する方向に段階的な連続性をもつ語なので、程度副詞がつきます。
よって、正解は2です。



⑤一つの事柄や事物を異なる視点から捉えた関係の対義語は、上記の通り、上り坂/下り坂、です。
よって、正解は3です。



何か名詞をつけてみる(連体修飾構造に変換してみる)と、違いが分かります。
1,正しいジャイアン→「です」が削除されたので、イ形容詞
  間違いなジャイアン→ 「です」が「な」に変化したので、ナ形容詞
2,きれいなジャイアン→ナ形容詞。
  汚いジャイアン→イ形容詞。
3,豊かなジャイアン→ナ形容詞。  
  貧しいジャイアン→イ形容詞。
4,丁寧なジャイアン→ナ形容詞。
  ぞんざいなジャイアン→ナ形容詞。
選択肢4だけ、いずれも「ナ形容詞」です。
よって、正解は4です。 


⑽ コンテクストによって対義関係が読み取れるものの例として最も適当なものを選ぶ問題です。
1,「家庭」は「仕事」を辞める原因であり、対義関係は読み取れません。例えば、「病気」「事故」など「仕事」を辞める原因はいくらでもあり、対義関係とは関係ありません。
2, 対義関係とは、意味が反対になっていたり、対照的になっている関係のことです。選択肢2では、「見る」と「する」を対照的に比較していますので、「コンテクストによって対義関係が読み取れる」といえます。
3,「クラシック」と「ロック」 を好きな音楽として並列的に扱っています。
4,カードでできることとして、「電車の乗り降り」や「買い物」を並列的に扱っています。
よって、正解は2です。 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ