日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:異音

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題1は【日本語の特徴を英語以外の言語と比較】です。

問1
各母音の舌の位置は次の通りです。
[a]低母音
[i]前舌高母音
[u]後舌高母音
[e]前舌中母音
[o]後舌中母音
以上より、[a][i][u]を選べば、最大限に離れるようになることが分かります。
よって、正解は1です。


問2
自由変異の関係にある異音とは、ほんとは異音だけど、意味が変わらないので自由に変わることのできる異音。 
1,日本語の発音には、
[ð]有声歯破擦音がないので、
[z]有声歯茎破擦音との違いが認識されません。
よって、自由変異の関係にある異音といえます。

2, 日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版436頁の一覧表のとおり、
日本語では、
[ts]無声歯茎破擦音→ツ
[ʨ]無声歯茎硬口蓋破擦音→チ
区別しています。 

3,
[ n]有声歯茎鼻音→ナヌネノ
[ ɲ]有声硬口蓋鼻音→ニ
区別しています。

4,
[h]無声声門摩擦音→ハヘホ
[ç]無声硬口蓋摩擦音→ヒ
区別しています。

よって、正解は1です。


問3
韓国語は、語に固有のアクセントを持たない無アクセント言語なので、正解は3です。


問4 下線部C(世界の言語には、そもそも形容詞という明確な品詞を持たない言語もあり、形容詞の持つ特性が名詞に近いタイプの言語や動詞に近いタイプの言語もある)の根拠として不適当なものを選ぶ問題です。

1,確かに、タイ語では、形容詞を名詞が修飾するときには「名詞+形容詞」の語順になります。
例…コン(人)+スワイ(美しい)→コンスワイ(美人)
ですが、気をつけてください。
選択肢の文章が正しいかどうかが問題ではありません。
下線部Cの根拠になっているかが問題です。
「名詞+形容詞」の語順になることは、下線部Cとは関係ありません。

2,形容詞の持つ特性が動詞に近いタイプの言語があることの根拠として適当です。

3,形容詞の持つ特性が動詞に近いタイプの言語があることの根拠として適当です。

4,形容詞の持つ特性が名詞に近いタイプの言語があることの根拠として適当です。 

よって、正解は1です。


問5 
平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅲ問題1の問3で出題されたように、日本語では人間を表す普通名詞の場合は、単数と複数の区別が義務的ではありません。
例…今年の学生はイケメン揃いだ(学生という単数の形式で複数を表しています)。 

よって、正解は3です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題3のAは【動詞の活用と音韻規則】です。

⑴は、辞書形は同音異義でも活用の種類が異なるため過去形などの形が異なる動詞を選ぶ問題です。
1の「切る」はラ行五段活用で、過去形は「切った」
  「着る」は上一段活用で、過去形は「着た」
2の「植える」「飢える」は下一段活用で、過去形は「植えた」「飢えた」
3の「避ける」「裂ける」は下一段活用で、過去形は「避けた」「裂けた」
4の「要る」「炒る」 ラ行五段活用で、過去形は「要った」「炒った」
よって、正解は1です。


⑵は、 選択肢から適当な言葉を選ぶ穴埋め問題です。

1…異音とは、同じ音素が発音される際のバリエーションのこと。
例えば、
音素/s/の異音は[S][θ]
音素/r/の異音は[ r ][ ɾ ][ l ]

2…特殊泊とは、撥音[ン]/N/、促音[ッ]/Q/、長音(引く音)[ー]/R/のこと。

3…同じ意味・機能を持つ形態素が環境によって異なる形態になる。これを異形態という。
例えば、
酒{sake}という形態素は、/sake/の他に、/saka/(酒屋)、/zake/(甘酒)になる。

4…母音で終わる音節を開音節、子音で終わる音節を閉音節という。日本語はほとんど開音節ですが、「本」/hoN/のように撥音・促音を含めば、閉音節もある。

問題文を見てみると、/-ta/と/-da/は過去を表す異形態です。
よって、答えは3になります。

なお、各単語の定義は、日本語教育能力検定試験に合格するための用語集


⑶ と⑷は過去形における/ta/と/da/の使い分けです。問題文にあるとおり、使い分けのルールを知っていれば、そのまま解ける問題です。
知らない場合、⑶は以下の流れで解くことができます。
問題文を読むと、
一段活用と不規則活用をする動詞では常に/-ta/が現れる」とあるので、実際に考えてみる。
例えば、 ⑴の問題にも出てきた下一段活用の「飢える」
飢える/ue ru/→飢えた/ue ta/ 
語幹の末尾が母音なので、選択肢2か3になります。
(一段活用は語幹の末尾音が[i]か[e])
次に、不規則活用の「来る」「する」
来る/k uru/→来た/k ita/
する/s uru/→した/s ita/
語幹の末尾が無声子音なので、正解は2になります。

⑷は、語幹の末尾が有声子音なのに/-da/ではなく/-ta/になる動詞を考えます。
例えば「分かる」
「分かる/wakaru/」の語幹を探すために、活用形を考えます。
「分からない/wakaranai/」「分かります/wakarimasu/」「分かる/wakaru/」「分かれば/wakareba/」「分かろう/wakarou/」
変わらない部分は/wakar/なので、/wakar/が語幹であり、語幹の末尾[r]は有声子音です。
ところが過去形は、/wakarida/とはならず、/wakatta/になります。
促音便です。
よって、正解は1になります。

ついでに、
語幹の末尾が有声子音の場合の過去形は/-da/
という原則も考えてみます。
例えば「嗅ぐ」
「嗅がない/kaganai/」「嗅ぎます/kagimasu/」「嗅ぐ/kagu/」「嗅げば/kageba/」「嗅ごう/kagou/」
変わらない部分は/kag/なので、/kag/が語幹であり、語幹の末尾[g]は有声子音です。
しかし過去形は、/kagida/にならず、/kaida/になります。
イ音便です。

さらに他の動詞も考えます。
例えば「飛ぶ」
「飛ばない/tobanai/」「飛びます/tobimasu/」「飛ぶ/tobu/」「飛べば/tobeba/」「飛ぼう/tobou/」
変わらない部分は/tob/なので、/tob/が語幹であり、語幹の末尾[b]は有声子音です。
しかし過去形は、/tobida/にならず、/toNda/になります。
撥音便です。

以上より、過去形/-ta/と関係が深いのは、促音便。過去形/-da/と関係が深いのは、イ音便と撥音便ということが分かります。
なお、選択肢3の連濁は、前要素と後要素が連なるとき、後要素の先頭が濁音化する現象のことです。
例…本棚「ほん」+「たな」→「ほんだな」
選択肢4の連声(れんじょう)は、 前要素末尾のn,m,tが、後要素のア行音、ヤ行音、ワ行音に影響し、タ行音、ナ行音、マ行音が生じる現象。
例…因縁「いん」+「えん」→「いんねん」 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ