日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:異文化トレーニング

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題9は【来日外国人児童生徒と文化受容態度】です。
平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題9は【異文化トレーニングの方法】です。

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題10【異文化接触】では、「文化に対する気づき」「理解」「対処」の三段階を通して、異文化接触の際に必要となる能力が養われるとしていました。
本問も同じことを言っているのですが、それぞれ「認知レベル」「情動レベル」「行動レベル」と用語が異なっています。
このように、本試験では、過去問と(ほぼ)同じことを言っているのに、違う用語を使ってくることがよくありますので要注意です。


問1「異文化トレーニング」に関する問題です。
「例外を認めない選択肢は誤りの可能性が高い」ストラテジー を使うと、
2,講義形式の学習は行わない
3,滞在中や帰国後に行うことはない
4,過去に異文化体験をしたことのあるものはトレーニング不要
といずれも例外を認めない選択肢なので、残りの1が正解と推測できます。

2,
異文化トレーニングのやり方については、
平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題10【異文化接触】
の問題文で説明されていますので、一部引用します。
ソーシャルスキル(社会的スキル)とは、対人関係における、挨拶・依頼・交渉・自己主張などの技能。(スーパー大辞林3.0)

(引用始め)
学生「(異文化接触で生じる現象の対処は)経験から学ぶしかないのでしょうか。」
教員「いいえ。教育の方法も考えられます。異文化間ソーシャルスキルを学ぶなどするとよいでしょう。」
(引用終わり)

だからその「異文化間ソーシャルスキル」とやらをどうやって学ぶんですか!
とツッコミたくなる問題文でございますが、その答えは異文化トレーニングという本にあります。
異文化トレーニング
 
こちらの記事でも紹介しましたように、上記本を読むだけで異文化トレーニングできます。講義形式の学習の教科書に最適ですね。
よって、選択肢2は誤りと思います。

3,
異文化トレーニングは、「異文化に接触した際のスムーズな適応のため」行うものですから、滞在中も必要であれば行うべきであり、選択肢3は誤りです。

4,
平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題10【異文化接触】問3の解答のように、異文化接触で生じる現象は「どの文化との接触でも起きる文化一般的な内容と、特定文化との接触で起きる文化特異的な内容」がありますので、過去に異文化体験をすれば、どの異文化にも適応できるというわけではなく、異文化に応じてトレーニングは必要ですから、選択肢4も誤りです。

1,
異文化接触で生じる現象は「どの文化との接触でも起きる文化一般的な内容と、特定文化との接触で起きる文化特異的な内容」がありますので、「参加者それぞれの文化的背景を考慮して、プログラム内容を構築する」必要があります。

以上より、1が正解です。


問2「自文化中心主義」に関する問題です。
自文化中心主義(エスノセントリズム)とは、自己の属する集団のもつ価値観を中心にして、異なった人々の集団の行動や価値観を評価しようとする見方や態度。自民族中心主義。(スーパー大辞林3.0)
※エスノ…「民族」「人種」 を表す接頭辞。

よって、1「自文化の価値基準を、他の文化にも当てはめようとすること」が正解です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

日本語教育能力検定試験対策本としてのオススメ度:★★★

追記 2017/1/21
2016年の日本語教育能力検定試験では、下記に記載した異文化を理解するためのシミュレーションゲームが出題されました! 日本語教育能力検定試験Ⅲ問題9問3「異文化シミュレーションゲーム」の名称と組み合わせを選ぶ問題です。私がこの問題で正解にたどり着けたのは参考書『異文化トレーニング』のおかげです! ありがとう異文化トレーニング!
 
異文化トレーニング   

導入部の計算問題で異文化とは何かを手軽に体験できます。それ以外にも魅力的なトレーニングが豊富にあり、楽しく異文化トレーニングできる素晴らしい本です。しかしながら、とても実践的な本ので、試験に直結するか、という観点では評価が下がってしまいます。ボリュームもあるため、時間のあるときに読みたい。 

・螺旋的コミュニケーションと直線的コミュニケーション(84頁)
ジョハリ・ウインドウ(96頁)
アクティブ・リスニングとは、相手の話を十分聞いたあとで、自分が正しく理解したか確かめるため、自分のことばで繰り返し言うこと(115頁)
・非言語コミュニケーション(ノンバーバル・コミュニケーション)の重要性とその種類(125頁)
・日本人の表情は日本人にも理解しにくい(135頁)
ボティーバブル(対人距離)…自分が心地よく感じる相手と距離(138頁)
準言語パラ・ランゲージパラ言語)の詳しい説明(145頁)
D.I.E.法(Description(事実の描写)、Interpretation(解釈)、Evaluation(評価))のトレーニング(249頁)
異文化を理解するためのシミュレーションゲーム(305頁)

シミュレーションゲームの一例↓
バーンガ…数名ずつの小グループに分かれ簡単なトランプゲームを学びトーナメント形式で競う。トーナメント中は言葉禁止なので意思疎通のため非言語コミュニケーションを駆使することになる。
バファバファバファー・バファー)…参加者全員を二つの文化の人間に分け、異文化交流を体験。
エコトノス…3文化の代表者が同じテーブルに着き「意思決定」のための話し合いを行う、という設定。
アルバトロス…架空の国アルバトロスで、性別による待遇の違いを体験することで、性差別に関する先入観や固定観念について考えよう。
 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題8は【異文化理解】です。

問1
情報は、カテゴリー化(分類)して整理されます。
よって、正解は4です。


問2 
ステレオタイプとは、特定の社会集団カテゴリーに対する知識や信念。
1,Xさんのいつもの行動から、Xさんの今日の行動を推測しているので、特定の社会集団やカテゴリーとは関係ありません。
よって、1が正解です。


問3
3,欧米人にとって東アジア人の顔はみな似て見えるように、内集団に対してよりも、外集団へのほうが、成員同士を均質的に捉えやすいです。
よって、正解は3です。


問4
1,外集団に対する偏見や差別は、肯定的な自己評価を確立したいという動機によって生じると言われています。
よって、正解は1です。 


問5
1,コンフリクト・マネジメントとは、意見や利害の対立を組織の活性化や成長の機会ととらえ積極的に受け入れて問題解決を図ろうという考え方。
2,オピニオン・ギャップとは、意見・主張のへだたり。
3,クリティカル・シンキング批判的思考)とは、 考えるための技術。
4,カルチャー・アシミレーターとは、 異文化トレーニングの一つで、異文化の人間の行動パターンを学ぶもの。異文化摩擦のエピソードに対する複数の解釈を通じて、多様なものの見方への気づきを促す活動。『アルク 増補版 日本語教育能力検定試験 合格するための問題集』238頁によると、「カルチャーアシミレーター(異文化同化訓練法)とは、文化の違いが原因で起こった危機事例(クリティカルインシデント)を4肢選択問題形式で紹介し、解説を通じて問題の解釈や解決方法などについて考えを深める異文化受容訓練法のこと」
よって、正解は4です。 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ