日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:日本語能力試験

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題15は【日本国内の学校に在籍する日本語指導が必要な児童生徒の現状】でした。
平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題15は【日本語能力試験】です。 

問1
「日本語能力試験(JLPT)」の回答方式は、全て、マークシート方式なので、正解は2です。


問2 
日本語能力試験のウェブサイトによると、
「言語知識」に含まれるのは、 文字・語彙・文法なので、
正解は3です。


問3
日本語能力試験のウェブサイトの認定の目安 N2『 読む』を見ると

・幅広い話題について書かれた新聞や雑誌の記事・解説、平易な評論など、論旨が明快な文章を読んで文章の内容を理解することができる。
・一般的な話題に関する読み物を読んで、話の流れや表現意図を理解することができる。 

 とありますので、正解は4です。


問4
日本語能力試験は、未成年者の受験が認められているので、正解は3です。


問5 N1合格によって受けられる優遇措置
4,出入国管理上の優遇措置を受けるためのポイント(高度人材ポイント制)が加算されますので、
正解は4です。 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

どこよりも早い解答速報
平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題6は、【読解】です。

問1「スキミング」の活動例を選ぶ問題です。
スキミング (走り読み)…スキム(skim)とは『すくいとる』という意味であるが、文章の読み方として用いる場合は、すくい読み走り読み斜め読み飛ばし読み大意読みなど様々な呼び方がある。教科書としては『中・上級のための速読の日本語』がある(研究社 日本語教育事典)。 
Rapid Reading Japanese: Improving Reading Skills of Intermediate and Advanced Students
 
よって、
「地方都市の過疎化に関する新聞記事に目を通し、大意を把握する」
3が正解であると思料します。


問2 クラスで行う読解活動の一つである「ジグソー・リーディング」の活動例を選ぶ問題です。
ジグソー・リーディングとは、学習者の持つ情報の差によって、語学力のレベルにかかわらず学習活動への参加度を高めるよう構造化された読解活動。クラスを数人のグループに分け、グループのメンバーそれぞれが一つの読解教材を分割した異なる部分を読んだ後、情報の交換をしながら協働学習を行う。情報の断片から全体を作り上げることで読解力を強化するねらいがある(日本語教育能力検定試験に合格するための用語集118頁)。

よって、
「グループのメンバーが短編小説の異なる部分を読み、互いに読んだ内容を報告して全体のストーリーを再構成する」
2が正解であると思料します。


問3「多読」のルールを選ぶ問題です。
NPO多言語多読によると、多読には以下のルールがあります。
①やさしいレベルから読む
②辞書を引かないで読む
③わからないところは飛ばして読む
④進まなくなったら、他の本を読む

よって、3が正解であると思料します。


問4 読解能力を測定する方法としても活用できる「クローズテスト」の説明を選ぶ問題です。
クローズテストとは、文章中の空所に適当な語や文字を入れて、意味の通る文章を完成させるテスト(研究社 日本語教育事典)。

よって、3が正解であると思料します。


問5 日本語能力試験の読解で出題される「統合理解」の説明を選ぶ問題です。
新しい「日本語能力試験」ガイドブックによると、
「統合理解」のねらいは「複数のテキストを読み比べて、比較・統合しながら理解できるかを問う」とあります。

よって、
「関連がある複数のテキストの内容を比較し理解する問題」
1が正解であると思料します。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題13は【やさしい日本語と緊急時支援における言語的問題】です。

問1
旧日本語能力試験の出題基準で採用されていた語彙と漢字の数は以下のとおりです。
    語彙   漢字
4級    500語  100字
3級 1,500語  300字
2級 3,000語  600字
1級 6,000語  1,000字

よって、正解は2です。


問2
弘前大学人文学部社会言語学研究室のウェブサイトに解説があります。
どちらの表現が簡単か、という観点から解くことができます。
1,「揺れる」という動詞が「揺れ」と名詞化してしまっているので、難しくなっています。
2,「使える」は「使う」の可能動詞形からきている言葉なので、応用です。「使うことができる」の方が簡単です。
3,「できる」を二重否定しているので難しくなっています。
4,「〜しましょう」には勧誘の意味もあるので、「〜してください」のほうがわかりやすいです。
よって、正解は2です。


問3
「やさしい日本語」作成のためのガイドライン〈増補版〉の8頁に答えがあります。
選択肢のうちで、「災害時によく使われる」ので、言い換えるだけでは不十分であり、意味を教えたほうが良さそうな語を選びます。
余震です。
よって、正解は3です。


問4
「やさしい日本語」版 災害基礎語彙100の※4に解説があります。
正解は4です。


問5
現地の方言が分からず医療活動に支障を来す」ということなので、現地の患者の言葉だとわかりますので、選択肢の2か4です。
依頼表現とオノマトペ、どちらが方言が多いでしょうか、どちらが医療活動従事者に対して使うでしょうか。
症状を伝えるのに使うのでオノマトペではないか、と推測できます。
よって、正解は2です。
以下のウェブサイトもご参照ください。

マイナビニュース 東北弁はオノマトペも独自路線! その意味を伝える「用例集」も登場!?

国立国語研究所 東北方言オノマトペ用例集


 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題15は【日本語能力試験】です。

問1
日本語を母語としない人の日本語能力を測定し認定する試験は、日本語能力試験です。
よって、正解は2です。


問2
日本語能力試験は、国内では、公益財団法人日本国際教育支援協会(JEES)が、海外では、独立行政法人国際交流基金(JF)が実施しています。なおJEESは、日本語教育能力検定試験も実施しています。
よって、正解は2です。


問3
新試験では、視覚に障がいがある受験者のために、点字問題冊子を用意しています。
よって、正解は1です。


問4
N3レベルの認定の目安は、「日常的な場面で使われる日本語をある程度理解することができる」です。
よって、正解は4です。


問5
得点の出し方が素点から、得点等化(得点の意味を等しくする作業)された尺度得点(尺度点)で表されるようになりましたので、 日本語能力が同じなら、どの回の試験を受験しても、同じ得点になります。
よって、正解は1です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ