日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:日本語教育

Sponsored Link

どこよりも早い解説付き解答速報
平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題15は、【日本語指導が必要な児童生徒】です。

問3「国語教育」の義務教育段階の学習指導要領の目標を選ぶ問題です。
文部科学省のウェブサイト『小学校の現行学習指導要領・生きる力』によると、
国語の目標は、
「国語を適切に表現し正確に理解する能力を育成し,伝え合う力を高めるとともに,思考力や想像力及び言語感覚を養い,国語に対する関心を深め国語を尊重する態度を育てる」
とあります。

同じく『中学校の現行学習指導要領・生きる力』によると、
国語の目標は、
「国語を適切に表現し正確に理解する能力を育成し,伝え合う力を高めるとともに,思考力や想像力を養い言語感覚を豊かにし,国語に対する認識を深め国語を尊重する態度を育てる。」

以上より、3が正解であると思料します。


問4「JSLカリキュラム」に関する問題です。
JSLカリキュラムの基本的考え方によると、
JSL(Japanese as a second language)カリキュラム(「第二言語としての日本語」カリキュラム)は、日本語指導と教科指導を統合し、学習活動に参加するための力の育成をめざしたカリキュラム開発であり、「日本語で学ぶ力」の育成を目指している、そうです。

よって、正解は2です。


問5 JSLカリキュラムの「国語科」に関する問題です。
JSLカリキュラム国語科の基本的な考え方・指導の方法によると、
「子どもに対する言葉の指導は、以下の3点を大きな原則とすることが望ましい。
理解と産出を同時に要求せず、十分な理解の段階を確保すること。
②子どもの言語獲得は文法の理解からではなく、子どもにとって意味のあることばとの接触によること。
話し言葉によるコミュニケーション力を身に付けた上で、書き言葉への指導に移ること。

よって、正解は4です。


というわけで2016年の日本語教育能力検定試験Ⅰの解説が終わりました!
やった!

次回は、試験Ⅰ全体の感想を書きたいと思います。その後、試験Ⅲの解説を始めます。 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

どこよりも早い解答速報
平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題3Aは、【動詞の活用と分類】です。

追記 2017/1/17 
解説を下記の記事に書き直しました。

kyujin.nihongokyouiku.net



(1)
取り出した形の末尾はそれぞれ
「切る」が「r」→子音
「着る」が「i」→母音
よって、子音語幹動詞母音語幹動詞の組み合わせである2が正解であると思料します。

wikipediaの「語幹」ページ


(2) サ変動詞の活用形が不規則なものを選ぶ問題です。サ変動詞の活用はwikipediaが詳しいです。
活用ということで、ナイをつけてみます。
1,愛さない、愛しない、愛せない。
2,失恋しない。
3,恋愛しない。
4,恋しない。
本来、サ変動詞は、ナイ形につくとき、「し」になるようですが、「愛する」だけ、五段活用動詞のように変化(愛さない)しています。「愛せない」も五段活用の可能動詞(下一段活用)と同じです。
よって、1が正解です。


(3) 動詞の分類方法の着眼点を知ることは「日本語教育における文法の考え方」の理解につながるそうです。しかしながら私は、「日本語教育」と「国語教育」における文法の考え方について、形容動詞をナ形容詞と呼ぶという名称の違いくらいしか知らないので、この問題はよく分かりませんでした。

1,「切ろう」「着よう」などの語形全体を活用形と考える。→どういうことでしょうか? 何度読んでもよくわからないので飛ばしました。

2,国語教育では、形容詞と形容動詞に分類していますが、日本語教育では、形容動詞も形容詞(ナ形容詞)としています。ともに連体機能を持つから形容詞として扱うということです。正しい気がします。

3,「〜て」に接続する形のうち音便が生じるものは別の活用形とする。そうなのですか? 

4,国語教育で用いられる分類よりも、多くの活用形を立てる。

この問題はさっぱり分かりませんでしたが、いまwikipedia「日本語教育」を確認したところ、
日本語教育では、
五段活用を第1グループ。
上一段・下一段活用を第2グループ。
カ変・サ変を第3グループ。
に分けるとありました。
ということは、国語教育で用いられる分類よりも、活用形が少なくなるということでしょうか?
4が正解なのでしょうか?

追記)
コメントいただいたとおり、3が正解と考えます。


(4) 動詞の分類を確認するのに最も有効な方法を選ぶ問題です。
具体的に検討してみます。

五段活用「書く」
上一段「着る」
下一段「食べる」
カ変「来る」
サ変「する」

1,辞書形
→「る」がたくさん。

2,ナイ形
「書ない」
ない」
「食ない」
ない」
ない」

3,バ形
「書ば」
「着ば」
「食べば」
「来ば」
「すば」

4,タ形
「書た」
た」
「食た」
た」
た」

以上より、ナイ形の2が正解であると思料します。


(5)
1,(4)の具体例を見る限りでは、辞書系がルで終わらない動詞は五段動詞だけになっています。「活用語形の知識が不十分な学習者」にとっては簡単で分かりやすいルールです。

2,上一段動詞は「見る」「着る」など2拍語ばっかりですが、下一段は「食べる」のように3拍、4拍も多いです。

3,訓令式ローマ字を使うと活用形を正確に表記できるとして、それをどう利用すれば、「活用語形の知識が不十分な学習者」に対する別の判別方法となるのか分かりません。

4,五段動詞を連用形にすると様々な音便形が現れることをどう利用すれば、「活用語形の知識が不十分な学習者」に対する別の判別方法となるのか分かりません。

以上より、正解は1と思料しました。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link


地域における日本語教室・日本語教育
に関しては、
試験Ⅲで毎年のように出題されていますが、
平成27年8月27日に、文化庁が『地域における日本語教育の実施体制について 中間まとめ 』を出しているので要チェックです。

……。


それにしても、時事問題は読むべき資料が膨大なので、ツラいですね。
更新しておいてなんですが、時事問題対策は直前期に向かないかもしれません。
文化庁だけでも、国語施策・日本語教育関連の資料が山のようにあるので途方に暮れております。

やはり直前期は日本語教育能力検定試験の過去問を繰り返し解いて問題形式に慣れるのが一番じゃないでしょうか。
私もようやく、途中まで解いて放置していたアルクの問題集↓が終わりました(気になった用語はツイッターにまとめました)ので、日本語教育能力検定試験の過去問に戻りたいと思います。

CD付 増補版 日本語教育能力検定試験 合格するための問題集
 
 

過去問が完璧で、他にやることがない人には文化庁国語施策・日本語教育関連の資料をオススメします!

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ