日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:日本語学校

Sponsored Link


日本語教師になりたいと思ったあなたはGoogleを頼る。
『日本語教師 資格』『日本語教師になるには』『日本語教師になるにはどうしたらいい』などのキーワードで検索する。

上位表示されたサイトをクリックすると、
1,現在、日本語教師が足りていないこと
2,日本語教師になるには420時間の日本語教師養成講座がおすすめであること
3,ヒューマン・アカデミーの420時間養成講座が一番人気であること
などが列挙されている。
あなたは、自分が必要とされているように感じる。日本語を習いたいと考える外国人の役に立ちたいと想う。新しいことにチャレンジする自分にワクワクし、420時間養成講座に申し込む。日本語教師になり、世界で活躍する明るい未来を思い描く。

現実の闇を知らずに。


恐ろしすぎる。
数ヶ月前の自分です。
どうして
『日本語教師 資格』とか『日本語教師になるには』とか『日本語教師になるにはどうしたらいい』で表示されるサイトには、日本語教師の実態が書かれていないのでしょうか。
せいぜい
日本語教師の給料は安い
くらいです。

しかし
日本語学校業界の闇は果てしなく深いことを、
私はこの本で知ってしまいました。



不穏な空気が漂うタイトルからすれば、技能実習制度の問題点について書かれた本、と考えるかもしれません。
違います。
『実習生』以上に悲惨なのは日本語学校の『留学生』である
ことが書かれています。
『第1章 ベトナム人留学生という"現代の奴隷"』の冒頭を引用します。
所持金「2000円」の留学生
 東京都北区から埼玉県に入った辺りの住宅街の一角。最寄り駅から20分ほど歩いたところに、ある日本語学校が借り上げたアパートが建っている。
 見た目は何の変哲もない古びた3階建ての物件だ。道路から見上げると、狭いベランダにカラフルなTシャツやズボンなど洗濯物がどっさり干してある。このアパートでは、ベトナム人留学生ばかり30人以上が暮らしているのだ。
 1階の入り口で靴を脱ぎ、階段を上がっていった先の2階と3階が寮になっている。各階に4〜5部屋ずつあって、1つの部屋の広さは6畳ほどだ。そして、それぞれの部屋に3〜4人の留学生が詰め込まれている。 
 トイレやシャワー、台所は各階に1つあるだけだ。家具らしいものは粗末な二段ベッドがL字形に2つあるだけで、机すら置かれていない。そんな一室で、フーンさん(20歳)は、同じベトナム出身のルームメイト2人と暮らしている。
「カイシャ(日本への留学を斡旋するブローカー)に騙されました……」
 部屋で話を聞いていると、フーンさんが拙い日本語でつぶやくように言った。今にも泣き出しそうな表情である。(引用終わり) 
現在、日本語学校から次々とベトナム人留学生が失踪し、犯罪集団と化していることが『ルポ ニッポン絕望工場』には書かれています。
ベトナム人は在日外国人全体の7パーセントにも満たないが、犯罪に関しては4分の1近くを占めている。その中心にいるのが留学生、そして実習生として入国した者たちだ。(ルポ ニッポン絕望工場158頁より)
近い将来、失踪した日本語学校「留学生」による犯罪が大きな社会問題となる可能性が高いです。そうなるとベトナム人「留学生」は締め出され、多くの日本語学校がつぶれ、非常勤日本語教師は路頭に迷うでしょう。それが、「『奴隷』たちの逆襲」(ルポ ニッポン絕望工場第6章)ということでしょうか。

日本語教師になろう、
日本語教師に転職しよう、
と考えたら、
420時間養成講座を受講する前に、
日本語教育能力検定試験を受験する前に、
『ルポ ニッポン絕望工場』を読むことをおすすめします。
日本語学校の現実を知った上で、日本語教師になろうという覚悟が必要だからです。

ルポ ニッポン絶望工場 (講談社+α新書)  

以下、『ルポ ニッポン絕望工場』裏表紙より引用

・日本語学校によるボッタクリ
・あるベトナム人留学生の過労死
・六本木ヒルズに集った奴隷労働者
・"偽装留学生"が不法滞在者に
・"ピンハネ" のピラミッド構造
・「台湾化」する介護現場
・派遣切りで4割が失業
・「ユニクロ窃盗団」事件の闇
・犯罪都市「NY化」する日本

それでも日本語教師、やりますか? 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link


日本語教育能力検定試験に合格したことで、日本語教師の求人情報を漁っている人もいると思います。
ええ、私です。

アルクの日本語教師求人ガイドはそんな人の味方。
有名な日本語教師求人サイトや日本語教師の就職活動の流れが詳しく載っており、とても助かりました。

ですが、
もっとも大事なことが抜けています。

この世の中には日本語学校という名の犯罪組織が存在するということ。

今年は全国各地で日本語学校の経営者が逮捕されました。

・福島県西郷村の日本語学校「新白河国際教育学院」
留学生不法就労あっせん容疑 西郷村議ら逮捕

・福岡県直方市の日本語学校「JAPAN国際教育学院」
不法就労あっせん事件の日本語学校、3月末閉校へ 福岡

・栃木県足利市日本語学校「東日本国際アカデミー」
全留学生パスポート没収 群馬

日本語教師になったはずなのに、いつの間にか犯罪行為に加担させられていた。
逮捕された。
なんていう悲惨な事態もありえますので、日本語学校の求人は慎重に判断する必要があります。
いわゆるブラック日本語学校を避けるのです。

ブラックな日本語学校の例
・給料遅配、未払い。
・学生が頻繁に逃亡する、逮捕される。
・学生のパスポートを没収している。
・学生の不法就労を斡旋している。

そんなヤバすぎる日本語学校の評判を簡単に知る方法があります。

『ブラック 日本語学校』

でGoogle検索するのです。
そこに登場するサイトにはなんと!
ブラック日本語学校が実名で載っています。
東京のブラックな日本語学校の評判がメインですが、
・神奈川のブラック日本語学校の評判
・京都のブラック日本語学校の評判
・中国のブラック日本語学校の評判
・台湾のブラック日本語学校の評判
・シンガポールのブラック日本語学校の評判
・インドのブラック日本語学校の評判
も私が確認した時点では掲載されていました。
実際その日本語学校に勤務された先生の体験談なので、具体的でとても参考になりすぎて背筋が凍りました。ブラック日本語学校、怖すぎるよ。残念ながら(幸運なことに?)大阪、神戸、タイ、ベトナムのブラック日本語学校の口コミはありませんでした。
危ない内容を扱っているのでいつ消されてもおかしくないサイトです。
早めの確認をお勧めします。
 
日本語教師を職業とするブログでも新しい記事を書いています↓
 【モダリティとは】H28日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(9) 
このブログの解説と異なり、日本語教育能力検定試験で出題された問題の解説だけでなく、そのキーワードの基礎知識周辺知識に関しても説明しておりますので、今年の日本語教育能力検定試験に合格した方の復習にも役立ちます。もちろん、来年の受験を考えている方にもおすすめでございます。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ