日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:新方言

Sponsored Link

どこよりも早い解説付き解答速報
平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題11は、【方言と言葉の変種】です。

問1
1,階層方言という言い方はあるのでしょうか。初めて見ました。
2,社会方言については、 位相語と方言の違いをご参照ください。
3,4,ネオ方言と新方言については、ネオ方言と新方言の違いをご参照ください。 

年齢や性差などの観点から言葉の差異を捉えたのは、社会方言と思料しますので、正解は2です。


問2 「若者言葉」を使用する目的に関する問題です。
3,逆ではないでしょうか。理性よりも感覚に訴えるため。
よって、3が正解であると思料します。


問3
日本語教育能力検定試験には大好きなキーワードがいくつかありますが、そのうちの一つがダイクシスで繰り返し繰り返し問われています。
ダイクシス(直示)とは、発話された場面によって意味が決まるもの。
詳しくは、 平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題4【直示(deixis)】をご参照ください。

よって、正解は1です。


問4「隠語」の例を選ぶ問題です。
2,「犯人」を意味する「ホシ」は刑事ドラマでも有名です。
2が正解です。


問5「特定の人物像を想起させる言葉」(役割語)の例を選ぶ問題です。
1,「わがはい」は知的階級の男性を想起させます。なのに、実際は猫であるというギャップが『吾輩は猫である』の面白さかと存じます。
正解は1です。

 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題13の問3では、「混交」の例として「ネオ方言」が出題されていますが、同じようなキーワードに新方言があります。紛らわしいので要注意です。

アルクの日本語教育能力検定試験に合格するための用語集58頁59頁
に両者の定義があります。

新方言…新しい方言の使われ方。若い人が今まで標準語になかった語彙を方言から取り入れて使う現象。井上史雄による命名。
例…「違っていて」を「違くて」と言う。

ネオ方言…標準語と方言の接触により、その混交形式として生まれた中間的なスタイル。テレビ放送によって標準語と方言のバイリンガルが増え、学校などでダイグロシア(二言語併用社会)の状況を呈している。提唱者の真田信治によると、「ネオ方言」はスピーチスタイルである点が、「新方言」とは異なるという。
例…「行かへなんだ」(方言)+「行かなかった」(標準語)→「行かへんかった」(ネオ方言)


アルクの『日本語教育能力検定試験に合格するための社会言語学10』121頁や『CD付 増補版 日本語教育能力検定試験 合格するための問題集』20頁問3に、ネオ方言と新方言を見分ける問題があります。







スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題14は【言葉の地域差】です。

問1 日本の方言の比較表が参考になります。
1,九州方言の特徴についてはwikipedia参照。
2,近畿方言は、母音を丁寧に発音するので、母音の無声化が起こりにくいです(詳しくはwikipedia参照)。
3,東京方言では、アクセントの下がり目の有無や位置で単語を区別します。
例…アメ(低高)→飴
  アメ(高低)→ アメ
  ニワトリ(高低低高)→二羽鳥(※東京方言では1語につきアクセントの山は1カ所のみ)
  ニワトリ(低高高高)→鶏
なお、二羽鳥と鶏のように、アクセントによってどこまでが語のまとまりかを示すことをアクセントの統語機能といいます。
4,東北方言については、wikipedia参照。 
よって、正解は2です。
また、日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版の316頁317頁に各方言の特徴一覧があります。


問2 
選択肢のうち、方言形の数が少ないのは、「目」「口」のような基本的な身体部位を表す語彙です。
よって、正解は1です。


問3 周圏分布をなす文法形式の例を選ぶ問題です。
1,来たらが中央(関西)、来ればが周辺(関東)です。
2,見よが中央(関西)、見ろが周辺(関東)です。
3,知らん中央(関西)、知らないが周辺(関東)です。
4,断定の助動詞「だ」「じゃ」「や」の分布図によると、「や」が中央、「だ」が周辺です。
よって、正解は1です。
方言周圏論については、探偵ナイトスクープの企画が元になった面白い本があります。



 問4
混交(混淆)とは、意味や形の似た二つの語・句が混じって、新しい語・句ができることです。
例…「やぶる」と「さく」から「やぶく」
よって、正解は4です。


問5
1,方言は地域や世代によって異なりますので、どの地域、世代の言語変種を選定するか考慮する必要があります。
2,方言は地域によって異なりますので、普遍性を考慮しなくてもよいと思います。
3,教材を開発する上で、何のために用いるか(方言を理解させることか、使用させることか)を考慮する必要があります。
4,教材を開発する上で、その目的(学習者は地域社会の中でどのような役割を担うことが期待されているか)を考慮する必要があります。
よって、正解は2です。
 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ