日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:文型練習

Sponsored Link

平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題5は【初級中期クラスの授業〈動詞の可能形〉】です。

問1 文型練習(パターン・プラクティス)をする時の一般的な留意点として不適当なものを選ぶ問題です。
4,文頭から単語を区切って発話させると母語話者のような発音になりません。文型練習では、母語話者並みの正確で素早い反応を要求します(ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』168頁)。
よって、4が正解です。


問2 変形練習をするにあたって、変形すると可能形の意味がほかと異なるものを探します。
1,図書館で2週間本を借ります。→図書館で2週間本を借りられます。
2,空港でお土産を買います。→空港でお土産を買えます。
3,鈴木さんは英語を上手に話します。→鈴木さんは英語を上手に話せます。
4,駅前に車を止めます。→駅前に車を止められます。
1,2,4の元の文は、動作を行おうとしているのに対し、可能形の意味は「できる」ことを示しているだけで、実際にその行為をするのかは分かりません。
3の文は、元の文も可能形の意味も「できる」ことを示しています。
よって、正解は3です。


問3 可能形とともに練習しておくとよい表現として不適当なものを選ぶ問題です。
可能形と相性の悪い表現を選びます。
1,「あまり」できない、「少し」できる、可能形と馴染みます。相性いいです。
2,「しか」できません、「だけ」できます、可能形との相性はいいです。
3,「どころか」できません、「ばかりか」できません、可能形と相性悪いです。
4,「ので」できます、「(すぎ)て」できません、可能形と馴染みます。
よって、正解は3です。


問4
4,タスク練習は、インターアクション(やり取り)における意味交渉によって習得を促進する手段(『研究社日本語教育事典』70R)なので、会話をすぐに止めるのではなく、学習者間のやり取りの中で誤りが修正されるのを見守ることも大事ではないでしょうか。
よって、正解は4です。


問5
 学習項目である「歌が歌えます」のフレーズを学習者が使えるような質問をすべきです。各質問によって、どんな答えが期待できるか確認します。
1,Bさんは何ができますか→Bさんは歌が歌えます
2,Bさんは何をしますか→Bさんは歌を歌います。
3,誰が歌を歌いますか→BさんとCさんとDさんです。
4,歌が歌えるのは誰ですか→BさんとCさんとDさんです。
よって、正解は1です。
 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題8は【初級学習者の聴解力を伸ばす授業に関する海外の日本語教師の意見交換】です。

問1
「教師が指示を出して学習者が動作で反応する」といえば、トータル・フィジカル・レスポンス(TPR)ですね。TPRには、幼児が母語を習得するときのように、話す力よりも聴く力を先に発達させるべきという考え方が背景にあります。
よって、正解は1です。


問2
文型練習パターン・プラクティス)は、基本練習です。正確さは身につきますが、知らない語には対応できません。
よって、正解は3です。


問3
習っていない言葉にも対応できる力を身につけさせるには、知っている部分から知らない部分を推測する練習が必要です。
よって、2が正解です。


問4
常に理解しているという態度をとってしまったら、知らない言葉は知らないままで、日本語が上達しません。
よって、正解は3です。


問5
「聞き手(在住日本人)に有用な情報」といえるのは、選択肢3だけなので、3が正解です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は例年と同じく【外国語教授法とその日本語教授法への影響】です。

問4 オーディオ・リンガル・アプローチ(オーディオ・リンガル法)の特徴を選ぶ問題です。
なお、では、オーディオ・リンガル法の練習方法に関する問題が出されています。

1,オーディオ・リンガル・アプローチのミム・メム練習では、教師のモデル発音をまねして復唱することで発音矯正を行います。

2,オーディオ・リンガル・アプローチでは、口答能力を重視しています。利点は、文法を体系的に理解できること、反復による記憶促進および正確さの向上が期待できること。欠点は、アーミー・メソッド同様、練習が単調になりがち、コミュニケーション能力が育ちにくいこと。
四技能とは、読む・書く・話す・聞く。

3,オーディオ・リンガル・アプローチでは、ミム・メム練習パターン・プラクティス文型練習)、ミニマル・ペアの練習などで、「刺激ー反応」が繰り返され、習慣形成が促されます。

4,オーディオ・リンガル・アプローチでは、上記の口答練習を通じて、母語話者並みの正確で素早い反応が要求されます。

よって、正解は2です。


問5 コミュニカティブ・アプローチ(コミュニカティブ言語教授法)における重要な役割を果たしたシラバスとは、ウィルキンズの機能シラバスです。
機能シラバスは、誘う、依頼する、助言する、ほめるなど、言語の持つコミュニケーション上の働きを中心にしたものです。
よって、正解は3です。

なお、ではコミュニカティブ・アプローチが重視する現実のコミュニケーション過程の三つの要素に関する問題が出されています。
また、機能シラバスについては、の問5で出題されています。

 
 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ