日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:接頭辞

Sponsored Link

平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題1は例年どおり、【他と性質の異なるものの五肢択一】です。


(1)【音読み・訓読み】

1,筋肉(音読み:きんにく、訓読み:すじしし☓)

2,腹痛(音読み:ふくつう、訓読み:はらいた)

3,市場(音読み:しじょう、訓読み:いちば)

4,落葉(音読み:らくよう、訓読み:おちば)

5,足跡(音読み:そくせき、訓読み:あしあと)

「筋肉」だけ訓読みしませんので、正解は1です。



(2)【活用】

「ない」を加えてみます。

1,あせらない

2,さえぎらない

3,いじらない

4,こびらない☓→こびない

5,くつがえらない

「こびる」だけ上一段活用なので、正解は4です。



(3)【「ちょっと」の用法】

「少し」と言い換えてみます。

1,少し水を

2,少しお金が

3,少し待って

4,少し前に

5,少しここに住所と名前を書いて☓

5の「ちょっと」に「少し」の意味はなく、②軽い気持ちで行うさま(大辞林)を表しています。

よって、正解は5です。



(4)【複合動詞の意味】

1,泣き出す…泣き始める

2,拾い出す…拾って出す

3,呼び出す…呼んで出す

4,取り出す…取って出す

5,探し出す…探して出す

「泣き出す」だけ、「出す」の意味が異なっていますので、正解は1です。



(5)【接辞を含む語構成】

1,リ+サイクル

2,プレ+スクール

3,コード+レス

4,ノン+ストップ

5,マイクロ+バス

1,2,4,5,は接頭辞ですが、3は接尾辞です。

よって、正解は3です。


スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題3のAは【否定の形態と意味】です。

(1)
1,せわしない=せわしい
2,ありえない≠ありえる
3,さえない≠さえる
4,かかわらない≠かかわる 
よって、正解は1です。
どうして「せわしない」と「せわしい」は意味が同じなのだろうと気になった方は、国立国語研究所をお訪ねください。「ない」の別の意味がそこにあります。 


(2)
呼応とは、呼びかけて相手がそれに応えること。
否定呼応(否定「ない」を呼んでいる言葉)の例。
・あまり……ない。
・何も……ない。
・少しも……ない。
○否定呼応ではない(肯定文でも用いられるようになった)例。
・ほとんど…ない。→「ほとんどある」とも言うようになった(肯定文も呼ぶ)ので、否定呼応ではない。
・全然……ない。→「全然ある」とも言うようになったので、否定呼応ではない。

1,一人もあるとは言わない。
2,いつも来るとも言う。
3,絶対に行くとも言う。
4,ほとんど読んでるとも言う。
よって、正解は1です。


(3)
動詞の後に続く「ない」と形容詞の後に続く「ない」の違いについては、アルクのウェブサイトに説明があります。
正解は3です。


(4)
「まい」を使った具体例を考えてみます。
・(二日酔いがひどいので)もう酒は飲むまい。 →否定の意思です。
・過去問を解いてないだと! 彼は試験に受かるまい。 →否定の推量です。
よって、3が正解です。


(5)
1,低価値は、価値が低い。
2,反作用は、作用が反対。
3,誤変換は、変換を誤る。
4,未完成は、まだ完成してない
よって、「否定の意味を表す接頭辞」を含む語は、4です。



スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題1は例年どおり、他と性質の異なるものの五肢択一です。

⑴【唇のまるめ】
冒頭は毎年、発音(読み)に関する問題です。
H25は、二字熟語の読み。
H23,H24,H26,H27は、音声記号でした。
確実に正解して勢いに乗りたいので、一覧表を使って音声記号の意味を暗記しましょう。不安な方は試験会場で一覧表を確認日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版であれば、402頁に母音の一覧表が、436頁に子音の一覧表が載っています。
また、過去の冒頭問題と比較しておくこともお勧めします。
平成23年度は【調音法】
平成24年度は【声帯振動】
平成25年度は【音読み・訓読み】
平成26年度は【調音点】

1,[e]非円唇前舌中母音
2,[ɯ]非円唇後舌高母音
3,[a]非円唇低母音
4,[ɔ]円唇後舌中母音
5,[i]非円唇前舌高母音
 よって、正解は4です。


⑵【アクセントの変化】
平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰ 問題1の⑶にも同じタイプの問題が出されていますので、比較してみてください。

1,れきし(低高高)+がく→低高高…最初の3拍のアクセントは変わりません。
2,かいしゃ(低高高)+いん→低高高…最初の3拍のアクセントは変わりません。
3,ゆうびん(低高高高)+きょく→低高高高…最初の4拍のアクセントは変わりません。 
4,でんき(高低低)+だい→低高高→最初の3拍のアクセントが変わりました。
5,こうこう(低高高高)+せい→低高高高…最初の4拍のアクセントは変わりません。 
よって、正解は4です。


⑶【ローマ字のつづり方】
1,chiはヘボン式
2,jiはヘボン式
3,shiはヘボン式
4,tsuはヘボン式
5,syuは訓令式と日本式
よって、正解は5です。


⑷【オノマトペの動詞化】
1,にやにやする
2,いらいらする
3,せかせかする
4,くよくよする
5,へとへとする×→へとへとになる
よって、正解は5です。 


⑸【接頭辞「新」の意味】
1,それまでなかった星。
2,それまで存在しなかった館。
3,使われたことのない品。
4,それまで存在しなかった商品。
5,それまで存在しなかった成人。
よって、正解は3です。 
 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

試験Ⅰの問題1は例年どおり、他と性質と異なるものの五肢択一です。

⑴ は【声帯振動】です。
1,[ɸ]無声両唇摩擦音
2,[ ɲ]有声硬口蓋鼻音
3,[ts]無声歯茎破擦音
4,[ɕ]無声歯茎硬口蓋摩擦音
5,[k]無声軟口蓋破裂音
選択肢のうち、2だけが有声音なので、正解は2になります。


⑵は【二つの子音の調音法】です。
選択肢のうち、 1は破擦音と破裂音、2は破裂音(鼻音)と破裂音、3は破裂音と破裂音、4は破裂音と破裂音、5は破裂音と破裂音なので、正解は1になります。


⑶は【母音の無声化】です。
各選択肢を実際に発音してみると、選択肢5の最後、「しき」を発音するときに、声帯が震えていないことに気づきます。母音の無声化です。よって、正解は5となります。
母音の無声化のルールは複雑らしく、参考書を読んでも難しくて頭に入りません。そこで私は実際に発音して答えを出しています。でもよく考えたら、静かであろう本試験で選択肢を発音することなんてできるのであろうか。
致し方ないので基本ルールだけ、以下に書きます。

・母音が無声化する条件
1,[ i ][ɯ]が無声子音に挟まれている。
例:しき
2,[ i ][ɯ]が無声子音の後で、語句の終わり。
例:です。

他にも色々例外ルールがあるようですが、ややこしいので、私は上の二つのルールだけ覚えることにします。
今回の問題は1のルールによって解けます。


⑷は【漢語の構造】です。
選択肢はいずれも、前の語が後ろの語を修飾する関係になっています。
1…進む→路
2…予め→知る
3…晴れた→天
4…産まれた→地
5…造られた→花
このうち、選択肢1,3、4、5は修飾語(前の語)が動詞、被修飾語(後の語)が名詞になっています。
一方で、選択肢2は修飾語(前の語)が副詞、被修飾語(後の語)が動詞になっています。
よって、正解は2になります。

wikipediaの熟語(漢字)の熟語の構造と分類が参考になります。


⑸は【接頭辞と品詞の変化】です。
『はじめて学ぶ言語学』(下記参照)49頁によると、
否定を表す接頭辞は、名詞について『ナ形容詞』を作ることが多いそうです。
本問を見てみると、
選択肢1,2,3,4,は、接頭辞『不』を除くと名詞になります。
1…利益(『利益な』とは言わない)
2…注意(『注意な』とは言わない)
3…都合(『都合な』とは言わない)
4…規則(『規則な』とは言わない)
一方、選択肢5は、接頭辞『不』を除いてもナ形容詞になります。
5…満足な
よって、正解は5になります。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ