平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題1は例年どおり、【他と性質の異なるものの五肢択一】です。


(1)【音読み・訓読み】

1,筋肉(音読み:きんにく、訓読み:すじしし☓)

2,腹痛(音読み:ふくつう、訓読み:はらいた)

3,市場(音読み:しじょう、訓読み:いちば)

4,落葉(音読み:らくよう、訓読み:おちば)

5,足跡(音読み:そくせき、訓読み:あしあと)

「筋肉」だけ訓読みしませんので、正解は1です。



(2)【活用】

「ない」を加えてみます。

1,あせらない

2,さえぎらない

3,いじらない

4,こびらない☓→こびない

5,くつがえらない

「こびる」だけ上一段活用なので、正解は4です。



(3)【「ちょっと」の用法】

「少し」と言い換えてみます。

1,少し水を

2,少しお金が

3,少し待って

4,少し前に

5,少しここに住所と名前を書いて☓

5の「ちょっと」に「少し」の意味はなく、②軽い気持ちで行うさま(大辞林)を表しています。

よって、正解は5です。



(4)【複合動詞の意味】

1,泣き出す…泣き始める

2,拾い出す…拾って出す

3,呼び出す…呼んで出す

4,取り出す…取って出す

5,探し出す…探して出す

「泣き出す」だけ、「出す」の意味が異なっていますので、正解は1です。



(5)【接辞を含む語構成】

1,リ+サイクル

2,プレ+スクール

3,コード+レス

4,ノン+ストップ

5,マイクロ+バス

1,2,4,5,は接頭辞ですが、3は接尾辞です。

よって、正解は3です。


スポンサードリンク