平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題1は【授受動詞と待遇表現】です。

問1
求心とは、中心に近づこうとすること(スーパー大辞林3.0)。
遠心とは、中心から遠ざかること(スーパー大辞林3.0)。

「あげる」は、物が自分から遠くへ行くので「遠心的
例)僕は猫にササミをあげた。ササミ→

「くれる」「もらう」は、物が遠くから自分の方に来るので「求心的
例)猫は僕に虫の死骸をくれた。虫の死骸←

「あげる」「くれる」は与え手が主語
例)僕は猫にササミをあげた。
  猫は僕に虫の死骸をくれた。

「もらう」は受け手が主語
例)僕は猫から虫の死骸をもらった。

このように使い分けができます。
よって、正解は1です。


問2
格助詞の使い方が誤っているのは3だけです。この場合、物の移動を伴わないので、「私に」ではなく「私の」になります。
よって、正解は3です。


問3
1,恩恵の意味がありません。
2,雨が降るという恩恵。
3,手紙を出すという恩恵。
4,髪を切るという恩恵。
よって、正解は1です。


問4
3,補助動詞「てさしあげる」は、目上の人に直接対面して言う場合は使うべきではありません(Yahoo知恵袋参照)。 
よって、正解は3です。


問5
有情名詞とは、「いる」で存在を表す名詞。
無情名詞とは、「ある」で存在を表す名詞。 
2,「もらう」は恩恵的な意味が含まれますが、「受ける」は恩恵的な意味がふくまれていません。
よって、正解は2です。
 

スポンサードリンク