日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:形式名詞

Sponsored Link

おめでとうございます!

先週金曜日に発送された平成28年度日本語教育能力検定試験結果通知書及び合格証書が、
本日、日本各地の受験生のもとに到着しているようです。

日本最大の電子掲示板サイト2ちゃんねるの日本語教育能力検定試験総合スレッドによると、不合格者には点数が記載されたハガキが、合格者にはA4サイズの結果通知書と合格証書が同封された大きな茶封筒が届くらしい。

ハガキなのか封筒なのか。

郵便受けを覗くのが怖い。

自己採点の結果では落ちているはずがないのだけれど一抹の不安がありました。
試験Ⅱ(聴解問題)で致命的マークミスをやらかしたのです。
問題1の答えを問題2のマークシートに書いていました。
幸い途中で気づいたものの、
ほう、
これが冷や汗というやつか、
と認識できるほどびっしょり汗をかいていました。
ほかでもやらかしていないだろうか。受験番号はちゃんとマークしただろうか。
気がかりです。
これだけ過去問解説を書いて過去問とともにあゆめば合格間違いなしと言いながら万が一落ちていたら……ブログになんて書けばいいのか……やむを得ない……受かったふりをしよう。
そう、心に決め、私は外の郵便受けに向かった。

やった!
郵便受けから茶封筒がはみでている!
合格だ!
これで安心して、2016日本語教育能力検定試験の解説の続きが書けます。
せっかく学んだ知識。
復習しないと忘れてしまいます。
【形式名詞とは】H28日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(8)


スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

どこよりも早い解答速報
平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題1は他と性質の異なるものの五肢択一です。

2016年12月18日追記

より詳しい解説を日本語教師を職業とするブログに書きました。

kyujin.nihongokyouiku.net


下の解説は本試験直後にスピード重視で書いたものなので、このページの解説よりもこちらの解説をお勧めします。


(6)【動詞の自他】
1,走る →走らす
2,渡る→渡す
3,通る→通す 
4,回る→回す
5,移る→移す
2から5は、自動詞→他動詞の際に、 「る」が「す」になっていますが、1は「る」が「らす」になっています。
よって、1が正解であると思料します。


(7)【複合動詞の意味】
1,飲み切る…すっかり飲んでしまう。(goo国語辞書)

2,使い切る…あるだけ全部使ってしまう 。使いはたす(goo国語辞書)

3,噛み切る…物を噛んで切る。食い切る。(goo国語辞書)

4,出し切る…全部出してしまう。出しつくす。(goo国語辞書)

5,走り切る… goo国語辞書には載っていませんでしたが、スーパー大辞林3.0の「切る」の項目に、(動詞の連用形について)㋐量的な限界点までその運動をする。㋑運動が完全にその終局点に到達する。という記載がありました。1,2,4,5はこの意味が当てはまるのではないでしょうか。一方で、3は「切る」の本来の意味です。
よって、3が正解であると思料します。


(8)【形式名詞】
形式名詞とは、それ自身では実質的意味を表さず、連体修飾語を受けて名詞としての機能を果たす語(スーパー大辞林3.0)
下線の語が実質的な意味を持っているか検討します。

1,「わけ」→「理由」の意味(「理由」に言い換え可能)
僕が知りたいのは、彼が遅刻したこと、ではなく、彼が遅刻した理由。なので、実質的な意味があると思います。
2,「はず」→意味が思い浮かびません。
3,「ため」→意味が思い浮かびません。
4,「こと」→意味が思い浮かびません。
5,「うち」→意味が思い浮かびません。
よって、1が正解であると思料します。


(9)【「勧め・忠告」のモダリティ形式】
1,2,3,5は、読むことを勧めています。
4は 読むことを許可しています。
よって、4が正解であると思料します。


(10)【「から」の用法】
1,3,4,5の「から」は起点を表していますが、2の「から」は順番を表しています。
よって、2が正解であると思料します。 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成24年度日本語能力検定試験Ⅰの問題3のCで【形式名詞】の「もの」「こと」について問われていますが、「の」にも形式名詞を含め、様々な働きがあるので、ここにまとめます。


1,名刺につく「の」→「〜の物」を表す。「こと/もの」との言い換えはできない。
例…「この傘は学校だ」(平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題1の(7)より)

2,指示連体詞につく「の」→「こと/もの」を表す。
例…「こんながいい」
  「そういうは嫌いです」

3,用言について「こと/もの/人」などを表す「の」(実質名詞に代わる「の」)
例…「僕が食べたは、キャットフードだった」
「の」が食べた「モノ」を表しており実質的な意味がある点が4と異なる。


4,用言について「〜ということ」を表す(表さない場合もある)「の」(形式的意味しか持たない(形式名詞)「の」)用言を体言化する働きがある(準体助詞)。
例…「猫が僕を噛んだは、どうしてだろう」


以上は、
森田良行著『基礎日本語辞典』の437頁を参考にしました。
 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成24年度日本語能力検定試験Ⅰの問題3のCは【形式名詞】です。
この問題は難しいですね。

⑼ モダリティ表現のうち形式名詞を含むものを選ぶ問題です。
モダリティとは、話し手の気持ちを表す表現です。ムードともいいます。
1「らしい」は推定の助動詞です。
2「べきだ」は当然の助動詞です。
3「だろう」は断定の助動詞「だ」の未然形+推量の助動詞「う」で、不確かな断定や推定の意を表します。
4「つもりだ」の「つもり」は形式名詞です。
よって、正解は4です。
形式名詞は他に「はず・わけ・よう・ところ・ほう・の」などがあります。
形式名詞についてのサイトに詳しい説明があります。


⑽ 形式名詞「こと」が「補足節」として使用されている例として最も適切なものを選ぶ問題です。
まず、補足節とは、従属節のうち、節全体が名詞となり(そのため補足節を名詞節と呼ぶ人もいる)、述語に対する補語(補足語)の役割を果たす節のことです(用語検索マンボウを参照)。
1は、述語「聞いた」の内容について、従属節「彼女が結婚すること」が名詞となり補足しているので、補足節になります。
2は、従属節「主役が来ないことには」が、主節「パーティーが始まらない」理由という情報を加えている(修飾している)ので、副詞節になります。
3の「こと」は主節です。
4の「こと」も主節です。
よって、正解は1になります。


⑾ 選択肢から適切な言葉を選ぶ穴埋め問題です。
1,連体修飾節とは、字のとおり、体言(名詞)に連なり修飾する節です。
例…みんなが集まる広場
2,主節とは、複文(述語が複数ある文)のうち、文末の述語を中心に、文全体をまとめる働きをする節です(用語検索マンボウを参照)。
3,従属節とは、接続節(複文を構成するのは主節と接続節)のうち、主節に従属的な節をいいます。補足節は従属節の一種です。
4,名詞節とは、字のとおり、名詞の性格を持った従属節のこと。補足節ともいいます。
問題文にある「とりあえず入学したものの」は「従属節」なので、正解は3になります。


⑿ 動詞が関わる文法化の例として不適当なものを選ぶ問題です。
本来の意味が薄れていない動詞を選びます。
1は「いう」という本来の意味が薄れています。
2は「する」という本来の意味が薄れています。
3は「したがう」という本来の意味どおりです。
4は「もつ」という本来の意味が薄れています。
よって、正解は3になります。


スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ