日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:弱い格

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題2は【初級の学習項目に現れるモダリティ形式】でした。 
平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題2は【主題を表す形式】です。

問3の解説に入る前にお知らせです。
問1の私の解説は間違っていたと判断し、追記しました。ご迷惑おかけしました事を謹んでお詫び申し上げます。

問3「は」以外の主題を表す形式に関する問題です。
1,
基礎日本語辞典のp870-871によると、
「話題の提示の『なら』は、文法的には係助詞『は』に相当する。相手によって引き出された話題をテーマとしてことばを受け継ぐ表現である。」
例)ササミなら、いくらあっても構わないよ。
基礎日本語辞典

2,
「なんか」は、話し言葉で主題に対する主観的評価を表すときに用いられると思います。
例)あれなんか良さそう。

3,
スーパー大辞林3.0によると、
「としては」の意味は「…の場合には。…の立場では。」
例)「私としてはお引き受けできません」
  「彼としてはそう言わざるをえなかったのだろう」
このように、「としては」は、言葉を定義する文の主題を表すときではなく、立場を表すときに用いられます。

4,「ったら」は条件節をつくりますが、主題になるのは主節ではないでしょうか。
例)雨が降ったら、運動会は中止になるだろう。(主題:運動会)

以上より、正解は1と思料します。


問4
助詞の省略については、ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』86頁に説明があります。

強い格(ガ格、ヲ格)の特徴
話し言葉では格助詞を省略することが多い。
例)お腹(が)減った。
  解説(を)書いてます。


弱い格(ト格、デ格、カラ格など)
格助詞を省略しないのが普通。

よって、3が正解と思料します。


問5「各言語における主題の表示方法とその用法」に関する問題です。
1,英語は強弱アクセントを持つ言語ですが、格成分であれば主題化できるという意味が分かりませんでした。英語は主語優勢言語なので、基本的に主題と主語が一致するのではないでしょうか。

2,韓国語は日本語と同じ膠着語であり、主題を表す助詞を持ちます。

3,スペイン語の話題を表す手段は動詞の活用語尾だと思います(wikipedia「話題」参照)。

4,中国語の主題を表す手段は語順です(wikipedia「話題」参照)。

以上より、正解は2です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題3のCは【取り立て助詞と格助詞】です。

取り立て助詞は、平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題3のEや、平成27年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの問題1の⑾から⒂でも出題されていますので、要チェックです。 
取り立て助詞には、文の表面には書いてない情報を表す働きがあります。

(11)
大辞林によると、「極限」とは、「物事の一番の果て。かぎり。極」です。
各選択肢の取り立て助詞を見て(ぱっと見で分からない場合は頭の中で例文を組み立てて)みます。

1,「など」は「極限」を表しません。「累加」(重ね加えること)です。
累加の例… 僕は猫などが好きだ。(猫以外にも好きなものがあると加えている)

2と3,「 ばかり」は「極限」を表しません。「限定」です。
限定の例…僕の家の猫は僕ばかり噛む。

4,「さえ」「でも」「まで」は「極限」を表します。
「さえ」極限の例…あの猫は僕にさえ懐いた。
「でも」極限の例…あの猫は僕でもお腹を触れた。
「まで」極限の例…あの猫にまで僕は噛まれた。

よって、正解は4です。


(12)
強い格弱い格を見分ける問題です。ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』では86頁です。また、『日本語教育能力検定試験に合格するための文法』には詳しい説明があります。
強い格といえば「ガ格」「ヲ格」なので、4が正解です。
強い格を覚えていなかった場合は、(11)で出てきた取り立て助詞の「さえ」を使って、検討してみます。
「が」→がさえ☓ 
「で」→でさえ○ 例…母でさえチョコをくれなかった。
「から」→からさえ○ 例…母からさえチョコをもらえなかった。
「を」→をさえ☓
よって、正解は「が」と「を」の組み合わせ、4です。


(13)
通常の順番、格助詞+取り立て助詞、と異なり、取り立て助詞+格助詞、になる取り立て助詞を選ぶ問題です。(12)に出てきた格助詞「から」を使って実際に組み合わせてみます。
1,「しか」→母からしかチョコをもらえなかった。
2,「も」→母からチョコをもらえなかった。
3,「だけ」→母だけからチョコをもらえた。
4,「なんて」→母からなんて欲しくなかった。
よって、正解は3です。


(14)
1は、睡眠時間以外も活用していることを表しているので、取り立て助詞です。
2は、バイト代以外も取り上げられたことを表しているので、取り立て助詞です。
3は、病気にならない程度には頑張ることを表しているので、取り立て助詞です。
4は、文の表面に書いてない情報を表してはいませんので、取り立て助詞ではありません。
よって、正解は4です。


(15)
1,「関係者以外入れない」は「部屋」という体言を修飾しているので、連体修飾節です。
2,「ぬいぐるみ」という体言を修飾している連体修飾節は、「おじいちゃんにもらった」です。「息子は」は連体修飾節の外です。
3,連体修飾節はありません。
4,「店」という体言を修飾しているのは「料理が安くておいしいお得な」です。「ここは」は関係ありません。
よって、正解は1です。

 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ