日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:場面シラバス

Sponsored Link

平成26年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの問題5において、先行シラバスと後行シラバスの特徴として最も適当な組み合わせを選ばせる問題が出題されていますが、両者の中間形態であるプロセス・シラバス(可変シラバス)もありますので、ここでシラバスについてまとめておきます。

ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』では、177頁〜178頁になります。


○シラバスの分類は2種類あります。
1,確定時期による分類。
2,項目の内容による分類。


1,確定時期による分類
・先行シラバス…コース開始前に確定
・後行シラバス…コース終了後に確定
可変シラバスプロセスシラバス)…コース開始時に緩く設定しておき、コース進行中に適宜変更を加えながら、最終的にはコース終了時に確定する(アルク『増補版 日本語教育能力検定試験 合格するための問題集』241頁(以下、アルク問題集という)  
 CD付 増補版 日本語教育能力検定試験 合格するための問題集 

2, 項目の内容による分類…『例』(アルク問題集より)。

○文法シラバス…『名詞文』

○構造シラバス…『〜は〜です』
オーディオリンガル・メソッドで用いる。文法項目を基礎から体系的に学習できる。インテンシブ・コースには向かない(以上、ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験 合格問題集第2版』139頁より)。

○場面シラバス…『郵便局で』
実際のコミュニケーションですぐに使える表現が学べる。

○機能シラバス…『依頼する』
コミュニカティブ・アプローチで用いる。機能シラバスに基づく指導では、与えられた状況で、どういう行為を、どのような言語形式を用いて遂行するか、に重きが置かれている(平成24年日本語教育能力検定試験Ⅲの問題4の問5より)。

○話題シラバス(トピックシラバス)…『日本の教育』
ナチュラル・アプローチで用いる。

○技能シラバス(スキルシラバス)…『レポート作成』

○課題シラバス(タスクシラバス)…『アパートを借りる』

○概念シラバス…『時間の表現』
言葉を使って表現したい意味(概念)をもとにしたシラバス。ウィルキンズが提唱。コミュニカティブ・アプローチで用いる。

○折衷シラバス(複数のシラバスを組み合わせたもの)
 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題8は【地域における日本語教室】です。
 
問1
分からない語の意味を推測できるようになれば、分からない語があっても進むことができます。
よって、正解は3です。


問2
文法の本(読解中心で構造シラバス)が合わないのであれば、反対の教材(会話中心で場面シラバス)を試してみるのはどうでしょう。
よって、 正解は4です。


問3
見知らぬ外国語の本を渡されて、自分で読んで理解しろと言われたときに、選択肢のうちいずれの支援が一番役立つかを考えて見ると分かりやすいと思います。
1,自分で教科書を読んで教科内容を理解するためには、教科書に出てくる語彙の母語訳一覧が最も役立つと思います。
2,文型の練習をしても、そもそも語彙が分からなければ本を読めません。
3,文字の読み方が分かっても、意味が分からなければ本を理解できません。
4,自分で読んで理解する支援には遠いです。
よって、正解は1です。


問4
学校では、分からないことは友達に聞いたり先生に質問したりします。
1の活動では、クイズに子ども同士で取り組むことで分からないことを友達に聞く訓練になり、ボランティアへの質問は学校で先生に質問する訓練になります。
2の活動では、質問する訓練になりません。
3の活動では、分からないことを自分で見つけ質問する訓練になりません。
4の活動では、質問するための文法知識(どう聞くか)は身につきますが、何を誰に聞くかの訓練になりません。
よって、正解は1です。


問5
「韓国ではよくできたのですが、日本語がわからないと勉強もわからないですかね」という心配に対するそれぞれの助言は、
1,「生活面の会話は、2年程度で身につくものですよ」
母親が心配しているのは生活面ではなく勉強面です。答えになっていません。
2,「学習には試験などの外的な動機づけが必要ですね」
心配を和らげていません。
3,「国によって教科の学習進度に違いがありますから」
だから何だというのでしょうか。心配を和らげることはできないでしょう。
4,「母語で培った学力は、第二言語でも発揮できます」
つまり、日本語が上達すれば、韓国にいたときのように学力も上がるということです。心配を和らげる情報です。
よって、正解は4です。


スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ