日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:唇のまるめ

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅱの問題3は【単音に関する学習者の発音上の問題点】です。
日本語教育能力検定試験に出てくる口腔断面図は、以下のように見分けることができます。

調音点
歯茎尖った舌先歯に近いところ。
歯茎硬口蓋盛り上がった舌が斜め前に向かっています。
硬口蓋盛り上がった舌が真上に向かっています。
軟口蓋盛り上がった舌が斜め後ろに向かっています。

調音法
鼻音のどの奥の上の部位(口蓋帆)が開いており鼻腔へ空気が通るようになっています。
摩擦音・半母音舌と口蓋に隙間があります(半母音の方が隙間が広い)。のどの奥の上の壁(口蓋帆)は閉じています。
破裂音・破擦音・弾き音舌と口蓋がくっついています(弾き音は弾くために舌が反り返っています)。のどの奥の上の壁(口蓋帆)は閉じています。


図がないと分かりづらいという方は、日本語教育能力検定試験に合格するための音声23のp.210-211に、口腔断面図付き国際音声記号表があります。


1番 平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅱの問題3の問3と同じ誤りです。
「すごい」を「しゅごい」と発音しています。
[s]無声歯茎摩擦音が、
[ ɕ / ʃ ] 無声歯茎硬口蓋摩擦音になっています。
[ ɕ / ʃ ] 無声歯茎硬口蓋摩擦音の口腔断面図は、歯茎硬口蓋に舌が近づいているが狭い隙間があるd。
よって、dが正解です。


2番
「しんよう」を「しんにょう」と発音しています。
[ j ]有声硬口蓋半母音が、
[ ɲ]有声(歯茎)硬口蓋鼻音になっています。
[ ɲ]有声(歯茎)硬口蓋鼻音の口腔断面図は、舌が歯茎硬口蓋にくっついて息が鼻に流れているa。
よって、aが正解です。


3番
「きょうかしょ」を「ちょうかしょ」と発音しています。
[k]無声軟口蓋破裂音が、
[ ʨ / ʧ ] 無声歯茎硬口蓋破擦音になっています。
[ ʨ / ʧ ] 無声歯茎硬口蓋破擦音の口腔断面図は、舌が歯茎硬口蓋にくっついているb。
よって、正解はbです。


4番
「さんねんめ」を「さんにぇんめ」と発音しています。
[n]有声歯茎鼻音が、
[ ɲ]有声(歯茎)硬口蓋鼻音になっていますので、調音点の誤りです。
よって、正解はaです。


5番
「やくそく」を「ざくそく」と発音しています。
[ j ]有声硬口蓋半母音が、
[z]有声歯茎摩擦音になっていますので、調音点と調音法の誤りです。
よって、正解はcです。


6番  平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅱの問題3の4番と同じ誤りです。
「つづき」を「 つづぎ」と発音しています。
[k]無声軟口蓋破裂音が、 
[g]有声軟口蓋破裂音になっていますので、 声帯振動の誤りです。 

よって、正解はcです。


7番
「じゅぎょう」を「じぎょう」と発音しています。
[ɯ/u](非)円唇後舌高母音が、
[ i ]非円唇前舌高母音になっていますので、舌の前後位置が誤っています。
よって、正解はbです。


8番
「みていたから」を「みて○たから」と発音していますので、母音が脱落しています。
よって、正解はaです。

 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題1は例年どおり、他と性質の異なるものの五肢択一です。

⑴【唇のまるめ】
冒頭は毎年、発音(読み)に関する問題です。
H25は、二字熟語の読み。
H23,H24,H26,H27は、音声記号でした。
確実に正解して勢いに乗りたいので、一覧表を使って音声記号の意味を暗記しましょう。不安な方は試験会場で一覧表を確認日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版であれば、402頁に母音の一覧表が、436頁に子音の一覧表が載っています。
また、過去の冒頭問題と比較しておくこともお勧めします。
平成23年度は【調音法】
平成24年度は【声帯振動】
平成25年度は【音読み・訓読み】
平成26年度は【調音点】

1,[e]非円唇前舌中母音
2,[ɯ]非円唇後舌高母音
3,[a]非円唇低母音
4,[ɔ]円唇後舌中母音
5,[i]非円唇前舌高母音
 よって、正解は4です。


⑵【アクセントの変化】
平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰ 問題1の⑶にも同じタイプの問題が出されていますので、比較してみてください。

1,れきし(低高高)+がく→低高高…最初の3拍のアクセントは変わりません。
2,かいしゃ(低高高)+いん→低高高…最初の3拍のアクセントは変わりません。
3,ゆうびん(低高高高)+きょく→低高高高…最初の4拍のアクセントは変わりません。 
4,でんき(高低低)+だい→低高高→最初の3拍のアクセントが変わりました。
5,こうこう(低高高高)+せい→低高高高…最初の4拍のアクセントは変わりません。 
よって、正解は4です。


⑶【ローマ字のつづり方】
1,chiはヘボン式
2,jiはヘボン式
3,shiはヘボン式
4,tsuはヘボン式
5,syuは訓令式と日本式
よって、正解は5です。


⑷【オノマトペの動詞化】
1,にやにやする
2,いらいらする
3,せかせかする
4,くよくよする
5,へとへとする×→へとへとになる
よって、正解は5です。 


⑸【接頭辞「新」の意味】
1,それまでなかった星。
2,それまで存在しなかった館。
3,使われたことのない品。
4,それまで存在しなかった商品。
5,それまで存在しなかった成人。
よって、正解は3です。 
 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ