平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題3のAは【否定の形態と意味】です。

(1)
1,せわしない=せわしい
2,ありえない≠ありえる
3,さえない≠さえる
4,かかわらない≠かかわる 
よって、正解は1です。
どうして「せわしない」と「せわしい」は意味が同じなのだろうと気になった方は、国立国語研究所をお訪ねください。「ない」の別の意味がそこにあります。 


(2)
呼応とは、呼びかけて相手がそれに応えること。
否定呼応(否定「ない」を呼んでいる言葉)の例。
・あまり……ない。
・何も……ない。
・少しも……ない。
○否定呼応ではない(肯定文でも用いられるようになった)例。
・ほとんど…ない。→「ほとんどある」とも言うようになった(肯定文も呼ぶ)ので、否定呼応ではない。
・全然……ない。→「全然ある」とも言うようになったので、否定呼応ではない。

1,一人もあるとは言わない。
2,いつも来るとも言う。
3,絶対に行くとも言う。
4,ほとんど読んでるとも言う。
よって、正解は1です。


(3)
動詞の後に続く「ない」と形容詞の後に続く「ない」の違いについては、アルクのウェブサイトに説明があります。
正解は3です。


(4)
「まい」を使った具体例を考えてみます。
・(二日酔いがひどいので)もう酒は飲むまい。 →否定の意思です。
・過去問を解いてないだと! 彼は試験に受かるまい。 →否定の推量です。
よって、3が正解です。


(5)
1,低価値は、価値が低い。
2,反作用は、作用が反対。
3,誤変換は、変換を誤る。
4,未完成は、まだ完成してない
よって、「否定の意味を表す接頭辞」を含む語は、4です。



スポンサードリンク