平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅱの問題6は【学習者の発話の誤り】です。

1番
「飽きません」と言うべきなのに「飽きられません」と言っています。
不要な助動詞「られる」を付加しています。
よって、正解はbです。

2番
「お返しします」と言うべきなのに「お返ししてあげます」と言っています。
なんか偉そうでイラっときますね。
本が自分から相手に移動するので、授受表現「あげる」を使ったのでしょうが…。
自分のアクションに「てあげる」を使うと偉そうに聞こえるので家族以外に使っちゃだめだよ
と私も学生にアドバイスしております。
よって、正解はdです。

3番
「違います」と言うべきなのに「違いです」と言っています。
「違う」は動詞だから「ます」を使うべきなのに、形容詞のように「です」をつけています(例…高いです、きれいです)。
形容詞と動詞を混同しています。
よって、正解はaです。

4番
「人(々)」と言うべきなのに「人たち」と言っています。
「人」「人たち」は名詞なので、名詞の用法の誤りです。
よって、正解はbです。

5番
「関するルール」と言うべきなのに「関するのルール」と言っています。
「公園の利用に関するルール」は、「ルール」という体言を「公園の利用に関する」が修飾している連体修飾です。
よって、正解はaです。

6番
「派遣されて」と言うべきなのに「派遣して」と言っています。
受身表現が使われていません。
よって、正解はbです。

7番
「食べないのはなぜかというと」に呼応させて「しているからです」と言うべきなのに「しています」と言っています。
よって、正解はdです。

8番
「友達と会います」と言うべきなのに「友達を会います」と言っています。
「会う」対象である「友達」を表す格助詞の誤りです。
よって、正解はcです。

スポンサードリンク