日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:受身

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題3は【日本語の名詞修飾表現】でした。
平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題3は【どのように言うか】です。 

問1 「筆を執る」が「文章を書く」といった意味で使用されるのと同じタイプの意味拡張の例を選ぶ問題です。
「筆を執る」は書くための準備行動にすぎないのに「文章を書く」という意味に拡張しています。

4,「耳を傾ける」は注意して聞く準備行動にすぎないのに、「 注意して聞く」という意味に拡張しています。

よって、4が正解です。


問2
1,受身を使うことで、後者は太郎に視点を置いているので、正解は1であると思料します。

2,前者と後者の差は、出来事の新情報・旧情報の差ではなく、叱った側に視点があるのか、叱られた側に視点があるのかの差だと存じます。

3,被害のニュアンスを表すのは間接受身のことだと思いますが、本問は直接受身です。
間接受身(被害受身)の例)
「猫が刺身を取った」→「(僕が)猫に刺身を取られた」

4,被害を表すのは間接受身ではないでしょうか。


問3
1,「間違った解説を書いて、すみませんでした」のように、描写系の「すみません」は、タ形でも使用でき、過去の出来事に対する詫びとして使用できると思います。

2,遂行系の「お詫び申し上げます」は、発話行為の一種であるため、意味上の主語が一人称でなければ使用できないと思います。
例)彼がお詫び申し上げます☓

3,命令形の「ごめんなさい」は表現の上では許すことを相手に要求していますが、目下の者以外にも使用できると思います。というか、使用してしまいました

4,表出系の「誠に遺憾に思います」は、本来話し手の感情を表す表現ですが、公的な立場からの謝罪として使用されすぎですね。

以上より、2が正解です。


問4
2,「てしまう」を用いると、望ましくない事態が生じたと自分が認識していることを聞き手に伝達できます。
例)同棲していた彼女が行ってしまうので僕は一人になってしまう。彼女を怒らせてしまった。同窓会に出席してしまったのだ。元カノに再会してしまって、ついはしゃぎすぎてしまって、ホテルで一晩過ごしてしまった。朝帰りと匂いでバレてしまった。誠に遺憾に思います。

よって、2が正解であると思料します。


問5 詫びと理由説明には様々な言い方と表現効果があることに関する問題です。
1,勧誘表現の「ませんか」は否定を含む疑問の形式なので、「ましょう」よりも控えめで丁寧さが感じられます。
例)「もう一度、デートしませんか」
  「もう一度、デートしましょう」

2,断り表現では、「難しいです」のように実現可能性の問題として伝えることで、聞き手への配慮を表すことが多い。
例)「浮気した人ともう一度デートするのは、難しいです」

3,逆だと思います。与益表現を含む「てあげましょうか」は、申し出表現の「ましょうか」より差し出がましく感じられます。
例)「肩を揉んであげましょうか」
  「肩を揉みましょうか」

4,依頼表現の「てください」は、聞き手の負担になる行為だけでなく、聞き手の利益になる行為にも用いられます。
例)「肩を揉ませてください」

以上より、正解は3と思料します。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題1は、【他と性質の異なるものの五肢択一】です。

(6)【複合動詞の前項と後項の自他】
1,追う出す(他他)
2,押す開ける(他他)
3,盗む見る(他他)
4,引く当てる(他他)
5,立つ上げる(自他)
よって、正解は5です。


(7)【「で」の用法】
3のみ動作の主体を表しているので、3が正解です。


(8)【「ておく」の用法】
1は人の言動をそのままにしておくという意味。消極的な「ておく」
2,3,4,5は目的があって行う積極的な「ておく」
よって、1が正解です。


(9)【受け身】
受け身には直接受身と間接受身があります。 
違いは、平成23年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題3のDをご参照ください。
あるいは、ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』の93ページをご参照ください。

1,2,3,5は他動詞の直接受身ですが、4は自動詞の間接受身です。
よって、4が正解です。


(10)【「ている」の用法】
「ている」と動詞の4分類については、ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』の99ページが参考になります。
1,卒業したという結果の状態を表しています。
2,汚れたという結果の状態を表しています。
3,入ったという結果の状態を表しています。
4,開いたという結果の状態を表しています。
5,勤めるという動作の進行を表しています。
よって、正解は5です。



スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題3のDは【日本語と視点】です。

⒃ 
1,可能表現
「英語の本読む」→「英語の本読める」
格関係に変更が生じています。

2,〜てある
「窓開ける」→「窓開けてある」

3,〜たい
「iPhone7買う」→「iPhone7買いたい」

4,〜ておく
「窓開ける」→「窓開けておく」
格関係に変更が生じていません。

よって、正解は4です。



日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版93頁が参考になります。
受身には「直接受身」と「間接受身」があります(持ち主の受身を別立てにして三分する節もある)。

直接受身は、動作の主体と動作の受け手を入れ替えます。他動詞のみ。
能動文…猫が僕をかじる。
直接受身…僕が猫にかじられる。

間接受身とは、能動文にはなかった名詞が現れて主語になる受身です。自動詞も他動詞も使えます。
能動文…雨が降る。
間接受身…(私が)雨に降られる。

よって、正解は3です。

 

間接受身は、自動詞の文も受身にできますので、4が正解です。



「くれる」は与え手の行為を、受け手(話し手)の側から描写する形式なので、1が正解です。



1,日本語では、与え手のほうがガ格になりやすく、また、話し手のほうがガ格になりやすいので、与え手でも話し手でもない他者が、ガ格をとるdに相当する動詞は存在しないといえます。
2,表中のcのように、受け手をガ格に据えても、受身表現は使いません。
3,表中のbのように、他者をガ格に据えることはできます。
4,「猫が僕になでられた(部分を毛づくろいしている。そんなに嫌なのだろうか)」のように、話し手がかかわる動作を述べる場合でも、話し手をガ格に据えなければならないとは限りません。
よって、正解は1です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題2は例年と同じく、学習者の語用と異なる種類の語用です。

⑴は、 「ばなな」を【ばらら】と発音しているので、調音法の誤り(鼻音弾き音になっている)です。
選択肢1,2,3は、鼻音(ナ行)が、弾き音(ラ行)になっています。
選択肢4は、 破裂音(デ)が弾き音(レ)になっています。
よって、正解は4です。


⑵は、「忙しい」を【いすがしい】と発音しているので、[o]円唇後舌中母音 を[ɯ]非円唇後舌高(狭)母音に間違えています。
1は、 [ɯ]非円唇後舌高(狭)母音を、[ o ]円唇後舌中母音に間違い。
2は、 [o]円唇後舌中母音を 、[ɯ]非円唇後舌高(狭)母音に間違い。
3は、 [ɯ]非円唇後舌高(狭)母音を、[o]円唇後舌中母音に間違い。
4は、 [ i ]非円唇前舌高(狭)母音を、 [ɯ]非円唇後舌高(狭)母音に間違い。
よって、正解は4です。


⑶【彼の話は面白いだ】は、断定の助動詞「だ」の使い方を誤っていると思われます。
選択肢1,2,3の「だ」も断定したかったのだろうと思われます。
しかし選択肢4は、すでに起きたこと(広島へ行った)なので、その後の「だ」は断定ではありません。
方言でしょうか? 行っただ。
よって、正解は4です。
 

⑷ 【声が聞けません】は、『可能』の意味を表したかったものと思われます。正しくは【声が聞こえません】
1…1000円で映画が見えます→『可能』でしょう。正しくは【1000円で映画が見られます】
2… 小さい字は見られません→『可能』です。正しくは【小さい字は見えません】
3…いつも出身を聞こえます→『可能』ではありません。『受身』です。正しくは【いつも出身を聞かれます】
4…話を聞こえます→『可能』です。正しくは【話を聞けます】 
よって、正解は3です。
なお、可能動詞「見える」と「見られる」の違いは、
の27課に詳しくのっています。


⑸ は変化を表す「なる」と「する」の違いです。
下記のサイトが参考になりました。
変化を表す「なる」
変化を表す「する」 

「なる」は自然な変化を表し、「する」は行為者の意志が感じられる変化、だそうです。

1は、大きいです→大きくなりました。「なる」です。
2は、増加です→増加しました。 「する」です。
3は、高いです→高くなりました。「なる」です。
4は、便利です→便利になりました。「なる」です。
よって、正解は2です。 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

試験Ⅰ問題1 他と性質の異なるもの(五肢択一)の続きです。

⑹は【擬音語・擬態語】です。
選択肢1,2,3,5は、実際に鳴っている音を表現しているので、擬音語です。
選択肢4は、実際に音は(あまり)鳴っておらず、その様子を表現しているので、擬態語です。 
よって、正解は4になります。


⑺は【語義の変化】です。
選択肢1,2,3,5は本来の語義からプラスの意味に変化しています。
1…『健康』は良いも悪いもあるが、「とても健康だ」は『健康が良い』という意味。
2…『お天気』は良いも悪いもあるが、「明日、お天気だったら」 は『お天気が良い』という意味。
3…『ご機嫌』は 良いも悪いもあるが、「いつもよりご機嫌」は『ご機嫌が良い』という意味。
5…『評価』は良いも悪いもあるが、「海外で評価されている」は『評価が良い』という意味。
一方で、選択肢4は、本来の語義のままで、プラスの意味はありません。
よって、正解は4なります。


⑻は【動詞の自他】です。
選択肢1,3,4,5は、自動詞と他動詞の組合せになっています。
1…他・自
3…自・他
4…自・他
5…自・他
一方で、選択肢2はいずれも他動詞です。
『つなぐ』の自動詞は、『つながる』です。
よって、 正解は2になります。


⑼は【受身形】です。
選択肢2,3,4,5は受身形です。
2…いやされる→いやす
3…まかれる→まく
4…ひかれる→ひく
5…つられる→つる
選択肢1は受身形ではありません。
1…まぎれる→まぎるとは言わない。
よって、正解は1です。


⑽は【形容詞構文と格表示】です。
形容詞を述語にする場合、
1…に積極的だ。
2…と親密だ。
3…に申し訳ない。
4…に厳しい。
5…に詳しい。
となります。
選択肢1,3,4,5はニ格ですが、選択肢2はト格です。
よって、正解は2です。 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ