日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:助動詞

Sponsored Link

平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅱの問題6は【学習者の発話の誤り】です。

1番
「飽きません」と言うべきなのに「飽きられません」と言っています。
不要な助動詞「られる」を付加しています。
よって、正解はbです。

2番
「お返しします」と言うべきなのに「お返ししてあげます」と言っています。
なんか偉そうでイラっときますね。
本が自分から相手に移動するので、授受表現「あげる」を使ったのでしょうが…。
自分のアクションに「てあげる」を使うと偉そうに聞こえるので家族以外に使っちゃだめだよ
と私も学生にアドバイスしております。
よって、正解はdです。

3番
「違います」と言うべきなのに「違いです」と言っています。
「違う」は動詞だから「ます」を使うべきなのに、形容詞のように「です」をつけています(例…高いです、きれいです)。
形容詞と動詞を混同しています。
よって、正解はaです。

4番
「人(々)」と言うべきなのに「人たち」と言っています。
「人」「人たち」は名詞なので、名詞の用法の誤りです。
よって、正解はbです。

5番
「関するルール」と言うべきなのに「関するのルール」と言っています。
「公園の利用に関するルール」は、「ルール」という体言を「公園の利用に関する」が修飾している連体修飾です。
よって、正解はaです。

6番
「派遣されて」と言うべきなのに「派遣して」と言っています。
受身表現が使われていません。
よって、正解はbです。

7番
「食べないのはなぜかというと」に呼応させて「しているからです」と言うべきなのに「しています」と言っています。
よって、正解はdです。

8番
「友達と会います」と言うべきなのに「友達を会います」と言っています。
「会う」対象である「友達」を表す格助詞の誤りです。
よって、正解はcです。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成24年度日本語能力検定試験Ⅰの問題3のCは【形式名詞】です。
この問題は難しいですね。

⑼ モダリティ表現のうち形式名詞を含むものを選ぶ問題です。
モダリティとは、話し手の気持ちを表す表現です。ムードともいいます。
1「らしい」は推定の助動詞です。
2「べきだ」は当然の助動詞です。
3「だろう」は断定の助動詞「だ」の未然形+推量の助動詞「う」で、不確かな断定や推定の意を表します。
4「つもりだ」の「つもり」は形式名詞です。
よって、正解は4です。
形式名詞は他に「はず・わけ・よう・ところ・ほう・の」などがあります。
形式名詞についてのサイトに詳しい説明があります。


⑽ 形式名詞「こと」が「補足節」として使用されている例として最も適切なものを選ぶ問題です。
まず、補足節とは、従属節のうち、節全体が名詞となり(そのため補足節を名詞節と呼ぶ人もいる)、述語に対する補語(補足語)の役割を果たす節のことです(用語検索マンボウを参照)。
1は、述語「聞いた」の内容について、従属節「彼女が結婚すること」が名詞となり補足しているので、補足節になります。
2は、従属節「主役が来ないことには」が、主節「パーティーが始まらない」理由という情報を加えている(修飾している)ので、副詞節になります。
3の「こと」は主節です。
4の「こと」も主節です。
よって、正解は1になります。


⑾ 選択肢から適切な言葉を選ぶ穴埋め問題です。
1,連体修飾節とは、字のとおり、体言(名詞)に連なり修飾する節です。
例…みんなが集まる広場
2,主節とは、複文(述語が複数ある文)のうち、文末の述語を中心に、文全体をまとめる働きをする節です(用語検索マンボウを参照)。
3,従属節とは、接続節(複文を構成するのは主節と接続節)のうち、主節に従属的な節をいいます。補足節は従属節の一種です。
4,名詞節とは、字のとおり、名詞の性格を持った従属節のこと。補足節ともいいます。
問題文にある「とりあえず入学したものの」は「従属節」なので、正解は3になります。


⑿ 動詞が関わる文法化の例として不適当なものを選ぶ問題です。
本来の意味が薄れていない動詞を選びます。
1は「いう」という本来の意味が薄れています。
2は「する」という本来の意味が薄れています。
3は「したがう」という本来の意味どおりです。
4は「もつ」という本来の意味が薄れています。
よって、正解は3になります。


スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題2は例年と同じく、学習者の語用と異なる種類の語用です。

⑴は、 「ばなな」を【ばらら】と発音しているので、調音法の誤り(鼻音弾き音になっている)です。
選択肢1,2,3は、鼻音(ナ行)が、弾き音(ラ行)になっています。
選択肢4は、 破裂音(デ)が弾き音(レ)になっています。
よって、正解は4です。


⑵は、「忙しい」を【いすがしい】と発音しているので、[o]円唇後舌中母音 を[ɯ]非円唇後舌高(狭)母音に間違えています。
1は、 [ɯ]非円唇後舌高(狭)母音を、[ o ]円唇後舌中母音に間違い。
2は、 [o]円唇後舌中母音を 、[ɯ]非円唇後舌高(狭)母音に間違い。
3は、 [ɯ]非円唇後舌高(狭)母音を、[o]円唇後舌中母音に間違い。
4は、 [ i ]非円唇前舌高(狭)母音を、 [ɯ]非円唇後舌高(狭)母音に間違い。
よって、正解は4です。


⑶【彼の話は面白いだ】は、断定の助動詞「だ」の使い方を誤っていると思われます。
選択肢1,2,3の「だ」も断定したかったのだろうと思われます。
しかし選択肢4は、すでに起きたこと(広島へ行った)なので、その後の「だ」は断定ではありません。
方言でしょうか? 行っただ。
よって、正解は4です。
 

⑷ 【声が聞けません】は、『可能』の意味を表したかったものと思われます。正しくは【声が聞こえません】
1…1000円で映画が見えます→『可能』でしょう。正しくは【1000円で映画が見られます】
2… 小さい字は見られません→『可能』です。正しくは【小さい字は見えません】
3…いつも出身を聞こえます→『可能』ではありません。『受身』です。正しくは【いつも出身を聞かれます】
4…話を聞こえます→『可能』です。正しくは【話を聞けます】 
よって、正解は3です。
なお、可能動詞「見える」と「見られる」の違いは、
の27課に詳しくのっています。


⑸ は変化を表す「なる」と「する」の違いです。
下記のサイトが参考になりました。
変化を表す「なる」
変化を表す「する」 

「なる」は自然な変化を表し、「する」は行為者の意志が感じられる変化、だそうです。

1は、大きいです→大きくなりました。「なる」です。
2は、増加です→増加しました。 「する」です。
3は、高いです→高くなりました。「なる」です。
4は、便利です→便利になりました。「なる」です。
よって、正解は2です。 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ