日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:内容語

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題2は【実質語】です。

問1
実質語(内容語)とは、実質的な意味のある語。名詞、動詞、形容詞など。
機能語とは、文法的機能をもつ語。接続詞、助詞、助動詞など。

機能語に比べて実質語(内容語)は、語彙量、使用する語とも個人差が大きいです。
よって、正解は1です。


問2
シンタグマティック(統合的)な関係に位置する語、すなわち、「漕ぐ」とつながる言葉を選ぶ問題です。
「自転車」が「漕ぐ」とつながります(自転車を漕ぐ)ので、正解は2です。


問3
文中に「常に」「全て」など「例外を認めない言葉」が入っていた場合、高確率でその選択肢は誤りである』というストラテジーを使えば、正解は2です。


問4
英語の慣用句と日本語の慣用句を比べてみると、慣用句として結びつく要素は、言語間で異なっていることがわかります。
よって、正解は4です。


問5
1,を作る、を焼く、加える。
2,に触れる、壊す、にぶつかる。
3,と結婚する、とけんかする、説明する。
4,に見せる、に貸す、に渡す。
よって、正解は4です。


問6
近年の教育界(日本語に限らず)では、「自律的」というキーワードが大人気で、とりあえず「自律的」と言っておけば間違いないという雰囲気があります。
よって、2が正解です。

 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題9は【第二言語習得と情報処理】です。

では【第二言語習得と記憶能力】が問われています。 



問1
1,心理学用語集サイコタムによると、
アイコニック・メモリー(視覚情報の感覚記憶)の持続時間は約1秒以内。
エコイック・メモリー(聴覚情報の感覚記憶)の持続時間は約5秒。

2,パーティー会場など多くの人が話している場所でも会話できる(カクテルパーティー効果)ように、他の言語情報が一緒に聞こえる状態でも、聞きたい人の話が理解困難にはなりません。選択的注意が働くからです。

3,私の経験では、リスト順に単語を覚えると、最初の語は中間部の語よりも記憶に保持されやすいです。

4,視覚提示の場合、十分な時間が与えられれば語より絵のほうが記憶されやすいそうです(絵と語の再認記憶における発達的研究参照)。

よって、正解は4です。


問2 バンパタンが主張する第二言語の学習者のインプットの処理の仕方の傾向に関する記述として適当なものを選ぶ問題です。
3,例えば英語について考えてみると、機能語より内容語を優先的に処理しています(フォニックス教授の英語発音教室参照)。
よって、正解は3です。


問3
2,集中的に繰り返すよりも、時間を置いて練習したほうが記憶されやすいのではないでしょうか。
よって、正解は2です。


問4
1,複数の課題を同時に行うと、ワーキングメモリの処理効率が低下します。
よって、正解は1です。


問5
外国語副作用とは、熟達していない外国語で話しているときに思考力が落ちることです。
よって、正解は3です。 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ