平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅱの問題6は【学習者の発話の誤り】です。

1番
「決める」と言うべきを「決まる」と言っているので、自動詞と他動詞の混同で、cが正解です。

2番 
「分かります」を「分かられます」と言っているので、可能表現の誤りで、bが正解です。

3番 
「伺うのは」を「伺いのは」と言っているので、動詞の活用の誤りで、aが正解です。

4番
報告する場面では、「ものすごい」ではなく「著しい」などの言葉を使うべきなので、スピーチスタイルの誤りで、aが正解です。

5番
「卒業したら」と言うべきを「卒業すると」と言っているので、接続表現の誤りで、bが正解です。

6番
「私にとって」と言うべきを「私のために」と言っているので、複合助詞の誤りで、aが正解です。

7番
「休ませてもらいたいんです」と言うべきを「休んでもらいたいんです」と言っているので、使役表現の不使用で、cが正解です。

8番
「最も重要なのは毎日日本語を話します」と言っているので、主語と述語がねじれています。正しい述語は「話すことです」。
よって、cが正解です。
 
 

スポンサードリンク