日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:中間言語

Sponsored Link


先日、日本語教師実習コースが終わり、4月から働く日本語学校も決まった。
あとは日本語教師デビューに向けての準備ということで、日本語教師実習コースでお世話になったベテランの先生に私は訊ねた。
「新人日本語教師におすすめの本を一冊教えてください」
ベテランの先生は即答した。
「大関先生が書かれている日本語を教えるための第二言語習得論入門ですね」
家に帰った私はさっそく、大関宏美著日本語を教えるための第二言語習得論入門を入手した。
読んだ。
懐かしさに、頬が緩んだ。
日本語を教えるための第二言語習得論入門を読んだのは初めてだ。
なのにノスタルジーを感じたのは、日本語を教えるための第二言語習得論入門に日本語教育能力検定試験で勉強したことが頻繁に登場したからである。
日本語教育能力検定試験問題のネタ本かと疑うくらい、
「あーこれ試験で見たぞ」
という単語、文章が散見されたのだ。
アウトプット仮説、イマージョン・プログラム、インターフェイス、インテイク、インプット、エラー、オーディオリンガルメソッド、外発的動機づけ、内発的動機づけ、統合的動機づけ、道具的動機づけ、学習スタイル、学習ストラテジー、肯定証拠、否定証拠、強制アウトプット、グローバルエラー、コミュニケーション・ストラテジー、敷居仮説、自動化モデル、情意フィルター仮説、正の転移、負の転移、ティーチャートーク、中間言語、直接法、同時バイリンガル、ノン・インターフェース、発達相互依存仮説、場独立、場依存、肯定的フィードバック、否定的フィードバック、プロンプト、リキャスト、ワーキング・メモリーなどなど。

ほとんどのページが日本語教育能力検定試験に直結していて、
「あー試験前にこの本を読んでいれば、もっと理解が深まった状態で試験に臨めたのになあ」
と私は読みながら歯ぎしりしていた。
しかもこの本はもともと
日本語教育能力検定試験対策向けの本ではなく、
日本語教師にとって必要な第二言語習得の考え方をやさしく解説した本だから、
実際に日本語を教えるときにどう役立つのかという観点から日本語教育能力検定試験の勉強ができるすぐれものなのだ。
各章の終わりには練習問題もあり、本で学んだことを実際の授業に活かす方法を考えるきっかけになる。

さらに、だ。

第二言語習得論というのは日本語教育にだけ役立つものではない。
日本人にとっての外国語、英語などの勉強にも役立つのが第二言語習得論なのである!

日本語教育能力検定試験対策に最適で、
新人日本語教師が授業を組み立てる際の参考書になり、
英語などの外国語を学ぶ際にも役立つという、
一石三鳥の本なのだ。

世の中にはまだまだ素晴らしい本がたくさんあるんですねえ。
己の無知を恥じました。
以下、目次を引用。

第1章 第二言語習得論とは
第2章 中間言語:学習者独自の言語体系
第3章 学習者の母語は第二言語習得にどう影響するか
第4章 習得には決まった順序があるのか
第5章 必要なのはインプットかアウトプットか
第6章 文法を教えることに効果はあるのか
第7章 教室で何ができるのか
第8章 言語習得に及ぼす年齢の影響
第9章 言語習得に及ぼす個人差の影響(1)
第10章 言語習得に及ぼす個人差の影響(2)
第11章 まとめ:教室で私たちにできること


  日本語を教えるための第二言語習得論入門

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題8は【インターアクション】です。

問4
意味交渉とは、コミュニケーションが滞ったときに、通じるよう工夫する対話のこと。明確化要求理解チェック確認チェックなどがある。
明確化要求とは、相手の発言が不明確なとき明確にするよう要求。
理解チェックとは、相手の発言を自分が正しく理解しているか確認。
確認チェックとは、自分の発言を空いてが正しく理解した確認

選択肢3のように、詳細な関連情報を求めることは、コミュニケーションが滞ったときの工夫とはいえませんので、意味交渉にあたりません。
よって、3が正解です。


問5
フィードバックとは、他者の行動に対する何らかの反応。
訂正フィードバックとは、誤りを訂正するフィードバック。
肯定証拠(positive evidence)とは、文法的に何が可能かという情報。
否定証拠(negative evidence)とは、文法的に何が不可能かという情報。
中間言語(Interlanguage)とは、母語でも目標言語でもない、発達途上の言語体系。学習者言語(Learner language)ともいう。
 
1,訂正フィードバックによる否定証拠は母語習得でも役割を果たします。
2,インプットでは全ての誤りは分からないので、訂正フィードバックにより、 インプットでは得られなかった否定証拠を得ることができます。
3,訂正フィードバックは、誤りを正しくしますので、肯定証拠も得られます。
4,中間言語は発達している段階であり、訂正フィードバック以外でも言語能力は発達しますので、訂正フィードバックにによる否定証拠がなくても、中間言語の再構築は起こりえます。


スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題13は【標準語と方言】です。

問1 
1,セミリンガルとは、バイリンガルの劣化版。どちらの言語も不十分。
2,モノリンガルとは、一言語使用者。
3,中間言語とは、 第一言語でも第二言語でもない中間の言語。学習者の発達途上の言語体系。
いずれも空欄には入りません。よって、正解は4です。


問2
棲み分けとは、二つの言語が、意味を少し異にして、両者とも使われること。
よって、正解は2です。 


問3
ネオ方言とは、 方言と標準語の中間的な言語で、新たな言語体系。
例…方言「いかへなんだ」+標準語「いかなかった」→ネオ方言「いかへんかった」 
よって、正解は4です。


問4
1,ピジンとは、複数の言語が接触してできた混成言語。文法が単純で語彙が少ない。
2,リンガフランカ(共通言語)とは、非母語話者同士の共通言語。
3,ダイグロシアとは、一つの社会で二つの言語変種が共存し、それぞれ異なった社会機能を持っている状況。
4,クレオールとは、ピジンが発達し、文法が整い語彙が増えたもの。
よって正解は2です。


問5
東京方言は、もともとは国の中心だった関西地方に強い影響を受けています。
よって、正解は2です。 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題8は【第一言語習得および第二言語習得】です。

問1 
中間言語とは、第一言語でも第二言語でもない中間の言語。学習者の発達途上の言語体系。
よって、正解は3です。


問2
過剰般化とは、規則の適用をやりすぎちゃうこと。
よって、正解は2です。


問3
なんと! 
問題7で見たばかりなのに、またもや語用論の問題です。英語の語用論が日本語にうつっちゃった、という例を探します。
選択肢4は、英語の"Would you like to"をそのまま日本語に転移したため生じた語用論的誤りです。
よって、正解は4です。
 

問4
言語内の誤り(言語内エラー)は、第二言語の能力が足りないせい。
言語間の誤り(言語間エラー) は、第一言語と第二言語の差異のせい。
よって、正解は1です。


問5
化石化とは、誤用が修正されないまま残ること。
よって、正解は3です。 


問6
フォリナー・トークとは、 母語話者が非母語話者に使う、簡単な言葉。
よって、正解は1です。

 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ