日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:中級

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題6は【国内の大学進学予備教育で行った論証型レポート作成の授業】です。
平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題6は【中級の日本語クラスで行ったインタビュー活動】です。

問1 「ブレーンストーミング」を行う際の留意点です。
ブレーンストーミングとは、参加者が自由に多くの意見を出しあうことによって、独創的なアイディアを引き出す集団思考法(スーパー大辞林3.0)。

1,吟味する時間があったら、自由に多くの意見を出してください。

2,自由に多くの意見を出すために、特定の人の発話に偏らないようにして、多くの人が発言できるように留意すべきです。

3,メモすることで独創的なアイディアが生まれるかもしれませんので、話し合いの最中にも取ってよいのではないでしょうか。メモがないと忘れちゃうかもしれませんし。

4,一つのアイデアごとに、賛否の判断をしていたら、自由に多くの意見を出しあうことができません。

よって、正解は2です。


問2「インタビューシート」を実際のインタビューで使う方法に関する問題です。
2,相手にシートを見せて、答えやすい質問を選んでもらうのは、会話の練習にならないので不適当だと思います。
よって、正解は2です。

問3「インタビューの練習」に関して学習者Pにアドバイスする内容です。
1,詰問に聞こえるので、疑問文で「〜ノダ」は使えないこと
ノダ文といえば、
平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(7)【「のだ」の用法】

にも出てきました。
学習者Pの最初の疑問文がノダ文になっています。
「一番好きな科目は何なんですか」←「何なのですか」←「何なのだ
詰問に聞こえるので使うべきではないと思います。

2,相づちにも、丁寧体・普通体のスタイルによる使い分けがあること
学習者Pは「ああ、そうか」と普通体で相づちしていますが、それ以外は丁寧体を使っているので違和感があります。

3,「〜というのは」という形式で、相手の発話を引用すること
「日本文学史です」
「日本文学史というのはどうしてですか」
「古典に興味があるからです。昔、英語で『源氏物語』を読みました」
「『源氏物語』というのは何ですか?」
後者の「というのは」に違和感はありませんが、前者の「というのは」は、くどく感じます。自分にとって不明確な事柄を引用するときに「というのは」を使うのでしょうか?
「離婚協議中というのは本当ですか?」とリポーターが芸能人にマイクを向けている様子が目に浮かびました。
「〜というのは」の使用を限定せずにアドバイスするのは不適当だと思います。

4,相手の発話を指す文脈指示では、「これ」ではなく「それ」を使うこと
学習者Pは「これはどうしてですか」と言っていますが「それはどうしてですか」と言うべきです。

以上より、正解は3であると思料します。


問4 学習者が評価のコメントを述べるときに留意させる点に関する問題です。
3,建設的な意見が大事なので、正解は3と思料します。

 
問5 授業のねらいに関する問題です。
1,「早く正確に書く力を身につける」のが目的であれば、インタビューよりディクテーションがいいと思いますので、正解は1です。 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題2は【文法の指導】です。

問1
「例外を認めない選択肢は誤りの可能性が高い」ストラテジーを使うと、「学習者の目的に関わらず網羅的に教える必要がある」と断言している4が正解であるとわかります。他の選択肢を見てみると、
1,「可能である」
2,「初級段階学習者には〜重視して教える」
3,「〜かまわない」
といずれもやさしい表現を使っているので、明らかに4だけ浮いています。


問2 
初級では、まず基本の文を作れるよう命題(客観的な部分)の構成に関わる表現を中心に習います。中級ではそれを応用して、ムード(モダリティ(主観的な部分))を習います。命題とモダリティの違いについては、ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』105ページにあります。
ムードの例…「らしい」「つもりだ」「てください」「てはいけない」「てもいい」 など。
よって、正解は4です。


問3
1,男女の文体の違い。
2,ダ体とデアル体。
3,文体の違いではなく待遇表現の違い。
4,普通の文体と砕けた文体。
よって、正解は3です。


問4
実際にプラスの意味の表現とマイナスの意味の表現を入れてみます。
1,すぐに答えてもらわなくてはならない。○
  すぐに答えてももらわなくてはいい。☓
2,ストーリーが進めば進むほど面白い。○ 
  ストーリーが進めば進むほどつまらない。○
よって、正解は2です。



問5
1,逆です。
2,画面に応じた適切に関わる誤用も、適切か否かという観点があります。
3,文頭か文末かという基準はありません。
4,コミュニケーションをどの程度重視するか、すなわち、意味は通じるエラー(ローカルエラー)なら、直さなくてもよい、という考えもあります。
よって、正解は4です。



スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題6【中級後半の学習者を対象とした「話す」授業】です。
 
問1
資料を読むと、「各自がインタビューした内容(入手した情報)を、グループでまとめ(整理して)発表する(聞き手が理解できるよう説明する)」 授業であることが分かります。
よって、正解は2です。


問2 
アンナさんの「すみません、もう一度」は言葉が足りなかったので、アザマトさんに通じませんでした。そこで教師としては、「何がもう一度なのか、分かるよう具体的に伝えたほうがよい」とアンナさんに助言すべきです。
よって、正解は1です。


問3
コース後半のアザマトさんの発話を見ると、
×「要らないことです」→「要らないということです」
×「分からない言葉」→「分からない言葉」
など、名詞に修飾する語句(連体修飾)の誤りが見られます。 
よって、正解は4です。 


問4
1,資料2では、「増税」という難しい言葉をそのまま使っていますが、資料3では、「不要な」「税制」などの言葉を分かりやすく言い換えています。
2,資料2では、一方的に話していましたが、資料3では、「大丈夫ですか」「皆さん、このタイトルに感心がありますか」など、聞き手に問いかけたり、理解を確認したりしながら話しています。
3,資料2では、文末を名詞で終わらせたり、「〜だね」など、発表にふさわしくないスタイルが見られましたが、資料3では、改まったスピーチスタイルで話せるようになっています。
4,資料3で、たばこ増税、一箱40円という新情報を提供しながら話していますので、コース後半で成長が見られたというわけではありません。
よって、正解は4です。


問5 
あらかじめ提示していた学習目標意外にも学ぶべきポイントがあれば取り上げるべきだと思います。
よって、正解は2です。
 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題5は【中級学習者を対象とした作文クラス】です。

この問題は分からないところが多かったので、 理解できてから解説を書きます。
今はメモだけ。


読み手を意識して書くときに大切なこと
日本語教育における作文指導の研究
コノテーションとは、言語記号の潜在的な意味
例えば、日の丸は「日本の国旗」であるが「右翼的図形」とも認識されうる。
前者がデノテーション、後者がコノテーション。

コロケーションとは、自然な語のつながりのこと。
 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ