日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:ヲ格

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題2は【初級の学習項目に現れるモダリティ形式】でした。 
平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題2は【主題を表す形式】です。

問3の解説に入る前にお知らせです。
問1の私の解説は間違っていたと判断し、追記しました。ご迷惑おかけしました事を謹んでお詫び申し上げます。

問3「は」以外の主題を表す形式に関する問題です。
1,
基礎日本語辞典のp870-871によると、
「話題の提示の『なら』は、文法的には係助詞『は』に相当する。相手によって引き出された話題をテーマとしてことばを受け継ぐ表現である。」
例)ササミなら、いくらあっても構わないよ。
基礎日本語辞典

2,
「なんか」は、話し言葉で主題に対する主観的評価を表すときに用いられると思います。
例)あれなんか良さそう。

3,
スーパー大辞林3.0によると、
「としては」の意味は「…の場合には。…の立場では。」
例)「私としてはお引き受けできません」
  「彼としてはそう言わざるをえなかったのだろう」
このように、「としては」は、言葉を定義する文の主題を表すときではなく、立場を表すときに用いられます。

4,「ったら」は条件節をつくりますが、主題になるのは主節ではないでしょうか。
例)雨が降ったら、運動会は中止になるだろう。(主題:運動会)

以上より、正解は1と思料します。


問4
助詞の省略については、ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』86頁に説明があります。

強い格(ガ格、ヲ格)の特徴
話し言葉では格助詞を省略することが多い。
例)お腹(が)減った。
  解説(を)書いてます。


弱い格(ト格、デ格、カラ格など)
格助詞を省略しないのが普通。

よって、3が正解と思料します。


問5「各言語における主題の表示方法とその用法」に関する問題です。
1,英語は強弱アクセントを持つ言語ですが、格成分であれば主題化できるという意味が分かりませんでした。英語は主語優勢言語なので、基本的に主題と主語が一致するのではないでしょうか。

2,韓国語は日本語と同じ膠着語であり、主題を表す助詞を持ちます。

3,スペイン語の話題を表す手段は動詞の活用語尾だと思います(wikipedia「話題」参照)。

4,中国語の主題を表す手段は語順です(wikipedia「話題」参照)。

以上より、正解は2です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題2は【学習者の誤用と異なる種類の誤用】です。

⑴ 直筆の「直」は、「ジキ」と読む場合と「チョク」と読む場合があります(どちらも音読み)。
a「チョクヒツ」…真実をありのままに書くこと。
b「ジキヒツ」…本人自身が直接書くこと。
ここでは、bの意味なので、「ジキヒツ」と読まなければならないのに、別の音読みである「チョクヒツ」と読んでいます。
1,「荷物」の「物」は「モツ」と読みますが、別の音読みである「ブツ」に間違っています。
2,「都合」の「都」は「ツ」と読みますが、別の音読みである「ト」に間違っています。
3,「楽器」の「楽」は「ガッ」と読みますが、楽の音読みは「ガク」や「ラク」 であり、「ガッ」はありません。「楽器」を「ガッキ」と読むのは、促音便になっているからです。
4,「正月」の「月」は「ガツ」と読みますが、別の音読みである「ゲツ」に間違っています。
よって、正解は3です。


⑵ 正しくは「引いたからです」過去形にする箇所を間違っています。
1,正しくは「帰ったらしですよ」過去形にする箇所を間違っています。
2,正しくは「送ったはずですが 」過去形にする箇所を間違っています。
3,正しくは「来ことがあります」過去形にする箇所を間違っています 。
4,正しくは「 行くつもりです」過去形にする必要はありません。
 よって、正解は4です。


⑶ 「話す」手段を表す格助詞」が抜けています。正しくは、「彼とは電話でしか話したことがない」です。
1, 副助詞「だけ」の使用の誤りです。ここでは、「たった」を使うべきです。「この花はたった200円だった。
2,「遊ぶ」相手を表す格助詞「と」が抜けています。正しくは、「彼女はペットの犬とばかり遊んでいる」です。
3,「くれる」対象を表す格助詞「に」が抜けています。正しくは、「親切な彼は私の妹にさえプレゼントをくれた」です。
4,「輸入する」起点を表す格助詞「から」が抜けています。正しくは、「石油はインドネシアからも輸入されている」です。
よって、正解は1です。 


⑷ 恋しい対象を示すため、ヲ格を使っていますが、正しくはガ格を使うべきです。「母の作ってくれる料理が恋しい」です。ガ格は、通常、動作の主体を表しますが、今回のように、動作の対象を表すこともあります。 
1,正しくは「車の運転できない」です。「できない」という対象を表すガ格を使います。
2,正しくは「許可要る」です。「要る」という動詞の対象を表すガ格を使います。
3,正しくは「痛みなくなった」です。「なくなる」は自動詞(他動詞は「なくす」)なので、「痛み」が動詞の主体になります。よって、主体を表すガ格です。
4,正しくは「旅行するの好きだ」です。「好き」の対象を表すガ格を使います。
よって、正解は3です。


⑸ 「〜したい」は願望を表しますが、凡人には他人の心を透視できませんので、そのまま三人称には使えません。「会いたいと言っています」などに変える必要があります。
1,同じく、「信じる」もそのままでは三人称に使えません。「信じていると思います」などに変える必要があります。
2,逆に、自分がこれからする行動に「思います」を使うのは変です。自分の考えは自分で分かっているのだから、「勉強します」「勉強するつもりです」「勉強するかもしれません」などに言い換える必要があります。
3,「疲れる」など感覚を表す動詞も、感じている本人にしか分からないことなので、そのままでは三人称に使えません。「疲れているようにみえます」などに変える必要があります。
4,「うらやましい」は感情形容詞なので、そのままでは三人称に使えません。「うらやましがっています」などに変える必要があります。
よって、正解は2です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題3Cは【語順】です。

⑿ 実際に具体例を考えてみます。
1,君に僕が借りる。→僕が君に借りる、のほうが普通。
2,野獣を王子に変える。→スッキリ。逆に、王子に野獣を変える、は違和感。
3,城に僕が行く。→僕が城に行く、のほうが普通。
4,城を僕が壊す。→僕が城を壊す、のほうが普通。
よって、正解は2です。


⒀ 
アスペクト的副詞とテンス的副詞の違いが分かりませんでしたが、モダリティ的副詞と、テンス・アスペクト的副詞にならば、分けることができました。
・モダリティ的副詞
「どうやら」「たぶん」「あいにく」
・テンス・アスペクト的副詞
「いつも」「すぐに」「あとで」「かつて」「いずれ」「いまに」「しだいに」「だんだん」「相変わらず」
両者を比べると、モダリティ的副詞が先に来ることがわかります。
よって、正解は4です。
なお、時の副詞について、三鷹日本語研究所に詳しい説明がありました。


⒁ 数量詞の位置が変わると意味が変わる場合については、にリンクしたサイトが参考になります。

50段の階段を上った←階段全体で50段。
階段を50段上った←階段の一部が50段。

よって、正解は2です。



名詞を修飾する要素が複数あるときは、長いものがより前に位置する傾向があります。
例…赤い本→新しい赤い本(△赤い新しい本)→日本語に関する新しい赤い本

よって、正解は3です。




スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題2は例年どおり【学習者の誤用と異なる種類の誤用】です。

⑴ 「は」を「あ」に間違っているので、子音の脱落です。
1,「へ」を「え」に間違っているので、子音の脱落です。
2,「ほ」を「お」に間違っているので、子音の脱落です。
3,「ん」を「あ」に間違っているので、子音の脱落ではありません。
4,「ば」を「あ」に間違っているので、子音の脱落です。
よって、正解は3です。


⑵「落ちている」(落ちる)を 「落としている」(落とす)に間違っているので、自動詞を使うべきところを他動詞にしているという誤りです。
1,「掛かる(掛かっている)」という自動詞を使うべきところ「掛ける(掛けている)という他動詞に間違っています。
2,まず、活用が誤っています。「置く」は「置きて」ではなく、イ音便化して 「置いて」になります。もっとも、「置く」は他動詞なので「携帯電話が置いている」も正しくありません。自動詞を使いたいところですが、「置く」に対応する自動詞が見つかりません。なので、受身にしてみます。「携帯電話が置かれている」
3,「入る(入っている」」という自動詞を「入れる(入れている)」という他動詞に間違っています。
4,「破れる(破れている)」という自動詞を「破る(破っている)」という他動詞に間違っています。
よって、正解は2です。


⑶「AしながらB」 はAとBという動作を同時に行うことを意味します。「AしたままB」はAの状態でBすることを意味します。「立ちながら食べる」だと、立つ瞬間に食べるという早食い選手権なみの技術が要求されます。瞬間動詞に「ながら」をつけると変になる場合が多いようです。正しくは「立ったまま食べる」でしょう。

1, 「開ける」は瞬間動詞です。窓を開けながら寝たら病気が疑われます。正しくは「開けたまま寝た」でしょう。

2, 「入れる」は瞬間動詞です。コンタクトレンズを入れながらお風呂に入ったらコントです。正しくは「入れたままお風呂に入った」でしょう。

3,「帰る」などの移動動詞は「瞬間動詞」としての性質と「継続動詞」としての性質があります。
例…妻は実家に帰った→別居している状態を示す継続動詞としての性質。
 …家に帰ってお風呂に入った→家に移動するという動作は終わり、その結果が残っている瞬間動詞としての性質(なお、動詞の分類については、ウェブサイト「日本語教師の広場」に詳しい説明がありました)。
そのため、「帰りながら歌を歌った」という表現は、「瞬間動詞」としての性質から違和感がありますし、「帰ったまま歌を歌った」という表現は「継続動詞」としての性質から違和感があります。
どちらも使えなさそうです。「歩きながら歌を歌った」でどうでしょう。

4,「つける」は瞬間動詞です。正しくは「つけたまま出かけた」でしょう。

よって、正解は3です。


⑷ 
「と、ば、たら、なら」の使い分けに関しては日本語教育能力検定試験完全攻略ガイドの114頁以降に詳しい説明があります。


上記本によると、
「と」は、後件に、意志・勧誘・命令などの表現が来ません
よって、「と」を「たら」に変えるべきです。「駅に着いたら」
他の選択肢も全て、後件に、意志、提案、命令などの表現が来ているので「と」は使えません。「たら」に変えます
1,「買ったら」
3,「合格したら」
4,「生まれたら」
これらはいずれも、前件(従属節)が実現したら、後件(主節)という関係にあります。つまり、従属節の後に主節という時間経過になります。
一方で、選択肢2は、前件(従属節)が実現するなら、後件(主節)という関係にあります。つまり、従属節と主節の時間関係は同時です。この場合、「たら」は使えません。「なら」になります。
2,「行くなら」
よって、正解は2です。

なお、「と、ば、たら、なら」の使い分けに関しては、「教えて!goo」にもありました。


ニ格を使うべきところをヲ格に間違えています。
1,ガ格を使うべきです。「が分かる」 
2,ニ格を使うべきです。「に苦しむ」
3,ニ格を使うべきです。「に満足する」
4,二格を使うべきです。「にあきれる」 
よって、正解は1です。 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題3は【類義語】です。

問1
1,二人の友情は実にきれい、とは言えないので使い分けがはっきりしています。
2,この写真は本当にきれい、とも言えるので使い分けがはっきりしません。
3,油で汚れた手を美しく洗った、とは言えないので使い分けがはっきりしています。
4,料理は美しくなくなった、とは言えないので使い分けがはっきりしています。
よって、正解は2です。


問2
命令形…慌てろ、急げ、変われ、変えろ
意向形…慌てよう、急ごう、変わろう、変えよう、
「慌てる」だけ命令形や意向形がおかしいので、無意志動詞であることが分かります。
よって、正解は2です。


問3
1,ヲ格の名詞を入れ替えてみます。
○掃除をサボる。×掃除を怠る。
×戸締まりをサボる。 ○戸締まりを怠る。
使い分けのポイントが見えてきました。

2,ガ格の名詞を入れ替えてみます。
僕がサボる。僕が怠る。
学生がサボる。学生が怠る。
使い分けのポイントがはっきりしません。

3,過去形にしてみます。
サボった。怠った。
使い分けのポイントがはっきりしません。

4,疑問形にしてみます。
サボったんですか? 怠ったんですか?
使い分けのポイントがはっきりしません。

よって、正解は1です。


問4
「自分で言ったため、最後まで頑張るつもりです」という文章は太字部分が不自然なので、他の言葉に変えてみます。
「自分で言ったので、最後まで頑張るつもりです」
自然になりました。
よって、正解は3です。


問5
1、問1や問3のとおり、どちらか一方の表現しか使えない例文を作ることで使い分けのポイントが見えてきます。
2、問1や問3のとおり、非文を作ることによって、使い分けのポイントが見えてきます。
3、実際に使用された言語資料を体系的に収集し、研究用の情報を付け加えたデータベースをコーパスと呼びます。
コーパスを使用する際は、そのコーパスの代表性を意識する必要があります。「日本語話し言葉コーパス」と「現代日本語書き言葉均衡コーパス」では代表性が異なります。
4、そのとおりです。
よって、正解は3です。







 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ