日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:ロールプレイ

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題11は【外国語教育の変遷】でした。
平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題11は【コミュニケーション・スタイルと語用論的転移】です。

問1「間接的表現」といえば「間接発話行為」が思い浮かびます。「間接発話行為」といえば、
平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題4【発話行為】の問3と問4です。

1,棚の上の物を友達に取ってもらいたいとき、「あそこの棚の荷物取ってくれない?」という直接的な表現を用いずに、「あそこの棚届く?」と可能表現にすることで、間接的に気持ちを伝えています。試験Ⅲ 問題3【どのように言うか】の問5選択肢2「難しいです」と同じような配慮ですね。

よって、正解は1です。


問2「母語習得」に関する問題です。
1,子どもが話し手と同じ対象に注意を向けることで、言葉の意味を推測し習得することを理論的基盤にしたのが、TPRではないでしょうか。『幼児の言語習得を促すバイアス』も参考になりました。

正解は1と思料します。


問3 英語母語話者が母語を直訳した結果、語用論的転移となった例
2,英語では、飲みに誘うとき、「Would you like to go for a drink?」(一杯、飲みに行きたいですか?)と言うため、日本語に直訳すると語用論的に不適切になります。

よって、正解は2です。


問4「語用論的転移が起こりやすい場合」
1,母語と目標言語との言語間の距離を近いと感じている場合では、違いを意識せず直訳してしまい、「語用論的転移」が起こりやすいといえそうです。

よって、1が正解と思料します。


問5 ロールプレイには「タスクを先に行う方法と表現学習を先に行う方法がある」ことに関する問題です。
1,表現学習を先に行うと、学習した表現を意識するため、発言内容や表現形式の自由度は低まると思います。

2,タスクを先に行うには、ある程度の表現方法を知っている必要があるので、初級前半レベルの学習者に適してはいません。

3,タスクを先に行う方が、知らない表現にも対応しないといけないので、状況対応力を養うことができます。

4,タスクを先に行うことで、したいこととできることのギャップに気づきやすいです。

よって、正解は4です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題7は【学習者の誤用】です。

問1
誤用は排除されるべきものという考え方から、誤用は習得過程のプロセスであり、必然であるという考え方に変わってきています。
よって、正解は3です。


問2
非文とは、文法的に正しくない文です。
よって、「おいしい」というイ形容詞を、ナ形容詞のように扱っている(「だ」をつけている)、1が正解です。


問3
語用論は、コミュニケーションの適切さに関係します。
つまり各選択肢のうち、文法的には正しいけれど、コミュニケーションとしてはおかしい文が「語用論的適切さに関わる誤用」といえます。
平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅲ 問題10問4では、意味論、語用論、統語論、形態論、の違いが問われていますので、要チェックです。

3,「わたしに対して」ではなく「わたしにとって」です。文法的な誤りです。
よって、正解は3です。


問4
ミステイク…ほんとは分かっていたのに疲れや気の緩みで犯した誤り。
エラー…分からなかった誤り。知らなかった誤り。
グローバル・エラー…意味が通じないエラー。
ローカル・エラー…意味は通じるエラー。

1,「行っただろうので」のように「から」と「ので」を混同しても、意味は通じるので、ローカル・エラーです。
2,「そうですか」の上昇調は、そうであることに疑問を持っている意味ですが、「そうですか」の下降調は、そうであることに納得した意味なので、これを混同すると、意味が通じなくなります。グローバル・エラーです。
3,「書きてください」と言われても意味は通じるので、ローカル・エラーです。
4,「こにちは」と言われても意味は通じるので、ローカル・エラーです。
よって、2が正解です。


問5
3,ロールプレイは、言語形式の正確さよりも言語による課題遂行に重点を置くものなので、3が正解です。


問6
1,回避とは、自信のない表現を避けること。
2,コード・スイッチングとは、言語を切り替えること。
4,スタイルシフト(スタイルシフティング)とは、初めての会った人なので丁寧語で話していたところ、同年齢であることが分かり、砕けた言葉になるようなこと。スタイルとは、場面や相手に応じて使い分ける言葉づかいのこと。
よって、正解は1です。


 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅱの問題4は【発話の特徴や問題点】です。

1番
問1 
接続詞を使用していませんので、aが正解です。

問2
相づちを用いて相手の発話を続けさせていますので、bが正解です。


2番
問1
「天気がいいじゃなかったです」「熱いじゃなかったです」と、
イ形容詞の否定形に、ナ形容詞のルールを用いているので、正解はbです。

問2
「ああ、天気がよくなかったですか」「そうですか、熱くなかったですか」と、
正しい表現を与えていますので、正解はaです。


3番
問1
××じゃなくて○○ですね。
同一の方法で間違いを指摘しているので、cが正解です。

問2
「私は買わなかったんです」は誤りではないので、cが正解です。


スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ