日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:ポリティカル・コレクトネス

Sponsored Link

日本語教育能力検定試験対策本としてのオススメ度:★★★ 

日本語教育能力検定試験に合格するための社会言語学10
   

下記に列挙したように試験に出た(出そうな)テーマが広く浅く網羅されていますので、社会言語学関連に不安のある方は一読の価値がある参考書です。
もっとも、最近の「社会」は移り変わりがとても早いので、166頁以降の「ケータイと言語」(携帯電話の絵文字について説明されているが、現在はスマホとLINEである)など、情報が古いかな、という部分もありました。

・ポリティカル・コレクトネス(34頁)
・女のことば・男のことば(35頁)
・新方言とネオ方言(71頁)
・サピア=ウォーフの仮説(78頁)
・高低コンテキスト文化の違い(83頁)
・メタファーとメトミニー(89頁)
・日本人のコミュニケーションの特徴(94頁)
・協調の原理(115頁)
・ポライトネスの原理(117頁)
・やさしい日本語(138頁)
・外来語(152頁)
・言語政策(172頁)
・留学生受け入れ30万人計画(220頁)
・外国人居住者と日本語教育(240頁)
 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題13は【言葉の性差】です。

問1
話し手の性別による言語変種(バラエティについては、アルクの『日本語教育能力検定試験に合格するための社会言語学10』の37頁に詳しく載っています。

 
接続詞、指示代名詞、取り立て詞の性別による違いは思いつきませんが、終助詞ならたくさん思いつきます。
例…「だぜ」「だぞ」「わよ」「なの」「かしら」
よって、正解は4です。


問2
「性差を固定する表現」が見直された例も、『日本語教育能力検定試験に合格するための社会言語学10』に詳しく載っています。
看護が看護に見直されたので、正解は1です。


問3
性別が関係するのは、2と3ですが、3は苗字の問題なので、正解は2の男女雇用機会均等法の制定です。


問4 政治的に正しい表現を選ぶ問題です。
ポリティカル・コレクトネス(political correctness)についても、『日本語教育能力検定試験に合格するための社会言語学10』の34頁に詳しい説明があります。
2,「後進国」という言葉は侮蔑的なので、「発展途上国」が使われるようになりました。しかしながら、『日本語教育能力検定試験に合格するための社会言語学10』では、発展途上国という言葉も、「先進国」からの一方的な見方ではないかと批判されています(93頁)。
正解は2です。


問5 男女の役割を固定化しないよう配慮するという観点から不適当な指導の例を選ぶ問題です。
1,彼の料理が上手くても、男女の役割を固定化することにはなりません。
2,男性とは異なる女子の話し方を指導することで、役割を固定化しています。
3,画家、弁護士といえば男性が多いですが、あえて女性を使うことで、男女の役割が固定化しないよう配慮しています。
4,性差によるバリエーション(言語変異)を提示するだけでは、固定化することにはなりません。
よって、正解は2です。



スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ