日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:フォーカス・オン・フォームズ

Sponsored Link

平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題9は【教師の会話〈フォーカス・オン・フォームを取り入れた指導〉】です。

問1
フォーカス・オン・フォーム(言語形式の焦点化)は、 コミュニケーション重視の言語活動の中で、学習者の注意(Focus)を文法、文型などの言語形式(form)に向けさせる指導法。
1, フォーカス・オン・フォームでは、文法などの言語形式に焦点をあわせるので、内容語だけでなく機能後も指導対象となります。
2, 研究社日本語教育事典の241R242Lによると、「コミュニカティブ・アプローチでは概念シラバスと合わせた、概念・機能シラバス(notional functional syllabus)が用いられている」とのことですが、フォーカス・オン・フォームがどんなシラバスに基づいて行われることが多いのかは分かりませんでした。同じく概念・機能シラバスでしょうか? 
3,文法などの言語形式に焦点をあてるので、明示的に文法説明をすることを禁止されてはいません。
4,マッピングとは、ある情報を一対一に別の情報に対応させること(大辞林)。フォーカス・オン・フォームは、フォーカス・オン・ミーニング(意味のみに注意が向かう)とフォーカス・オン・フォームズ(言語形式のみに注意が向かう)の中間であり、言語の伝達活動を行う(意味中心)中で、必要に応じて言語形式にも注意を向けるので、意味と形式のマッピングの促進が期待できます。
よって、正解は4です。


問2  モダリティ表現に当てはまらないものを選ぶ問題です。
モダリティ表現は、『文が表す事態』に対する話し手の態度を表す表現です。
文は、命題(客観的な部分)モダリティ(主観的な部分)の2つの部分からなります。
1,「話せるようになる」というのは客観的な部分なので、命題です。「だろう」がモダリティです。
2,「〜後悔している」が客観的な部分なので命題です。「違いない」というのは強い推量、主観なのでモダリティです。
3, 「交通事故に遭ったが、軽い打撲だけで済んだ」が客観的な部分なので命題です。それを「幸い」と考えるのは主観なので、モダリティです。
4,終助詞「ね」で同意を求めているので、話し手の気持ちを表しており、モダリティです。
よって、正解は1です。


問3
フィードバックには、誤用の存在をはっきり示す明示的フィードバックと、応答の中でさりげなく訂正する暗示的フィードバック(リキャスト)があります。 
大場衣織『「インプット貧困環境」におけるリキャストとプロンプトの有効性』によると、明確化要求メタ言語的印誘導繰り返しを総称して「プロンプト(prompt)」と呼ぶとのことです。選択肢3が、繰り返しを使っているので、プロンプトになります。選択肢1は、応答のなかで自然に訂正しているので、リキャスト(暗示的フィードバック)です。選択肢2と4は何でしょうか。私には分かりません。
正解は3です。


スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題10は【中国語が母語の学習者と日本語教師の会話】です。

問1
赤い服を着た結果が継続していることを表さなければならないので、アスペクトの問題になります。
「〜ている」とくれば、「アスペクト」 です。
よって、正解は4です。


問2
リキャスト(言い換え)…誤りであることを指摘せず、正しい形で繰り返す。
フォーカス・オン・フォームフォーカス・オン・フォームズフォーカス・オン・ミーニングの中間。コミュニケーション重視で文法も教える(意味中心で形式にも焦点)。知識としての文法ではなく使うための文法。タスク中心の教授法(TBLT Task Based Language Teaching)。
フォーカス・オン・フォームズ…意味より形式を重視。オーディオリンガル・メソッド
フォーカス・オン・ミーニング…形式より意味を重視。コミュニカティブ・アプローチ

以上より、正解は4です。


問3
リキャスト(言い換え)は、誤りを正して言うだけで、明示的指摘はしないので、学習者がフィードバックを受けていることに気づきにくいです。
よって、正解は2です。


問4
「例外を認めない表現の選択肢は誤りである可能性が高い」ストラテジーを使います。
1,「のみ」例外を認めず。
2,「特有」例外を認めず。
3,「の可能性もある」
4,「特有」例外を認めず。
よって、3が正解です。


問5
明示的フィードバックは、誤りを明示します。
詳しくは、平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅲの解説 問題9の問2をご確認ください。

選択肢3は誤りを明示していません。暗示的フィードバック(リキャスト)です。
よって、正解は3です。 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ