日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:ファシリテーター

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題9は【来日外国人児童生徒と文化受容態度】です。
平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題9は【異文化トレーニングの方法】です。

問3「情動レベル」のトレーニングでは、心理テストロールプレイ異文化シミュレーションゲーム等が用いられますが、このうち異文化シミュレーションゲームの名称と内容の組み合わせを選ぶ問題です。

この問いを見た私は、
心のなかで「よっしゃ!」と叫びました。
「異文化トレーニング」の記事で書いた「異文化を理解するためのシミュレーションゲーム」4例(エコトノスアルバトロスバーンガバファバファ)がそのまま出題されたからです。
しかし、内容を読んでいくうち不安になりました。自分で記事を書いたくせに記憶があやふやで、どの名称がどの内容なのか自信が持てなかったのです。
ですが、
バファバファ人というのは見たことがないぞ?
と思い、
なんとか選択肢4をつかみ取りました。

バファバファの正しい内容の説明はこちらのサイトにありました。


問4
スーパー大辞林3.0によると、
ファシリテーターとは、後援者・補助役・まとめ役の意。ファシリテーションを行う人。
ファシリテーションとは、グループによる活動が円滑に行われるように支援すること。特に、組織が目標を達成するために、問題解決・合意形成・学習などを支援し促進すること。また、そのための方法。

よって、正解は2「参加者の考え方や論理の筋道などの思考的なプロセスに関与して、議論を促す」と思料します。

問5 自分とは異なる価値観に遭遇した際に取るべき措置。
1,エンパシーとは、共感。感情移入。
2,ラポールとは、互いに親しい感情が通い合う状態。打ちとけて話ができる状態。(スーパー大辞林3.0)
3,エポケーとは、断定留保。判断中止。
4,エンブレムは、象徴。

以上より、3が正解です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題6は【学習観の変遷】です。

問3 
1,「それまでの絶対的な知識観」が崩壊した結果、経験による学習が中心で、学習者が中心となりましたので、逆です。
よって、正解は1です。


問4
学習者が自身の学習について反省・洞察などを行うといえばメタ認知なので、正解は4です。
メタ認知は頻繁に登場しますので、確実に理解しておく必要があります。他の学習ストラテジーとまとめた頁を作りましたので、ご参照ください。
メタ認知とは、認知を認知することです。学習においては学習を学習すること。具体的には、学習するものを予習したり、学習したものを復習したり、学習について計画したり、学習について内省したりすることです。

1,情報リテラシーとは、情報を活用する能力です。情報が氾濫するインターネット社会においては必須の能力だと言われています。

2,演繹的思考とは、一般的・普遍的な前提から、個別的・具体的な結論を導く思考です。三段論法が有名です。
例…(大前提)猫は僕を噛む。(小前提)花子は猫だ。→(演繹的思考)→花子は僕を噛む。

逆に、帰納的思考では、個別的・具体的事実の積み重ねから一般的・普遍的な結論を導きます。
例…飼い猫は僕を噛む。近所の猫は僕を噛む。猫カフェの猫は僕を噛む→(帰納的思考)→猫は僕を噛む。

3,拡散的思考収束的思考は、アメリカの心理学者ジョイ・ギルフォードが提唱した概念。
拡散的思考は、既知の情報から様々な考えを巡らせて(拡散させて)、新しいアイディアを生み出す思考。
収束的思考は、既知の情報から、論理的に思考して、唯一の正解に辿りつく思考。


問5
ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』162頁の図のように、
・1950年代〜 『行動主義』教師は教育者。
・1960年代〜 『認知主義』教師は支援者。
・1980年代〜 『構成主義』教師はチームの一員。
と教師の位置づけが変遷しています。
1の「学習者にモデルを示しトレーニングを行う」のは、教師が教育者だったころの役割なので、変化する前です。
よって、正解は1です。
なお、
エンパワーメントとは、自信を与えること、力をつけてやること、自己決定する力の獲得、社会を変えようという意欲を持たせること、本来持っている生きる力を湧き出させること、など。詳しくは、『日本語教育能力検定試験に合格するための異文化理解13』178頁以下の『フレイレの教育理論』をご参照ください。
コーディネーターとは、物事が円滑に行われるように、全体の調整や進行を担当する人(大辞林)。
ファシリテーターとは、活動そのものには参加せず、中立的な立場から活動を援助する人。 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【学習者がグループで話し合う教室活動(ディスカッション・ディベート)】です。

問2
ファシリテーターは、集団活動に参加しない中立的な立場で活動を支援する人です。
1,話し合いのトピックについて説明するのは、ファシリテーターの役割ではありません。
2,立場を振り分け、その立場に合わせて意見を述べるのは、ディベートです。ディスカッションではありません。
3,ディスカッションで展開を予測させたりはしません。
4,学習者が見としている視点を示し、話し合いが進むように支援しています。
よって、正解は4です。


問3
カナルは、伝達能力(コミュニケーション能力)を4つに分けました。
1,文法能力…話や表現を正確に使用できる。
2,社会言語能力…相手との関係を考慮して言い方を変える。
3,方略能力(ストラテジー能力)…適切な語彙が浮かばない場合、別の言葉で言い換えたり、ジェスチャーに頼るなど、コミュニケーションを円滑に行うための能力。
4,談話能力…言語を理解し、構成する。会話の切り出し方、終わらせ方。
以上より、否定的な意見を述べる際、相手との関係を考慮した表現が使えない者は、社会言語能力に課題があるといえるので、正解は2です。


問4
ディベートでは、1つのテーマに対し賛成・反対に分かれて戦います。
1,様々な案が考えられ、二手に分かれられません。
2,テーマが、少子化対策を進めるべきかと、観光客を増やすべきかの2つになっています。
3, 様々な案が考えられ、二手に分かれられません。
4, 増税という1つのテーマに対し、賛成・反対の二手に分かれられます。
よって、正解は4です。


問5 
ディベートでは、自分の主張とは関係なく、立場がどちらかに決まりますので、2が正解です。

 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ