日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:パターン・プラクティス

Sponsored Link


どこよりも早い解答速報
平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は、【コミュニケーション能力の育成を重視した教授理念】です。


問1「コミュニカティブ・アプローチ」の背景となる考え方を選ぶ問題です。

1,学習の初期段階では理解優先とし、目標言語で発言することへの心理的圧迫を避ける。→「理解優先」とくれば「コンプリヘンション・アプローチ」ではないでしょうか。詳しくは、平成26年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題4の問1をご参照されたい。

2,目標言語の音声や文法を習慣づけることで、母語の干渉をなくすことができる→「習慣」「母語の干渉」というキーワードからして、オーディオ・リンガルメソッドでしょうか。

3,言語学習は単なる習慣形成ではなく、学習者自らが帰納的に文法規則を見つけるものである。→学習者のアウェアネス(気づき)なしに真の習得は起こらないとするサイレント・ウェイでしょうか?

4,会話の中で意味交渉が生じることによって、言語習得が促進される。→実際のコミュニケーションを重視し、意思疎通ができるようになることを目的としたコミュニカティブ・アプローチでしょうか。

以上より、正解は4と思料します。


問2 現実のコミュニケーション場面に基づいた教材を使用し、実践的な言語活動を行う際に、必要とされる条件を選ぶ問題です。
現実のコミュニケーションといえば、
①インフォメーション・ギャップ(情報差)
②チョイス(選択権)
③フィードバック(反応)
の3点です。
詳しくは、ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』169頁。

1,対話の相手から否定証拠が与えられること→③フィードバック
2,発話者に情報の選択権があること→②チョイス
3,対話者間に情報の格差があること→①インフォメーション・ギャップ
4,対話者間のやり取りに真正性があること→何のことなのかよく分かりません。

よって、正解は4であると思料します。

追記)
コメントいただいたとおり、正解は1に訂正します。


問3「タスク中心の教授法」に基づく学習活動として不適当なものを選ぶ問題です。
4,パターン・プラクティスといえば、オーディオリンガル・メソッドじゃないですかー。
よって、4が正解であると思料します。 

追記 2017/1/21
 解説を新たに書きましたので下記のブログもご参照ください。

kyujin.nihongokyouiku.net


 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題8は【初級学習者の聴解力を伸ばす授業に関する海外の日本語教師の意見交換】です。

問1
「教師が指示を出して学習者が動作で反応する」といえば、トータル・フィジカル・レスポンス(TPR)ですね。TPRには、幼児が母語を習得するときのように、話す力よりも聴く力を先に発達させるべきという考え方が背景にあります。
よって、正解は1です。


問2
文型練習パターン・プラクティス)は、基本練習です。正確さは身につきますが、知らない語には対応できません。
よって、正解は3です。


問3
習っていない言葉にも対応できる力を身につけさせるには、知っている部分から知らない部分を推測する練習が必要です。
よって、2が正解です。


問4
常に理解しているという態度をとってしまったら、知らない言葉は知らないままで、日本語が上達しません。
よって、正解は3です。


問5
「聞き手(在住日本人)に有用な情報」といえるのは、選択肢3だけなので、3が正解です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は例年と同じく【外国語教授法とその日本語教授法への影響】です。

問4 オーディオ・リンガル・アプローチ(オーディオ・リンガル法)の特徴を選ぶ問題です。
なお、では、オーディオ・リンガル法の練習方法に関する問題が出されています。

1,オーディオ・リンガル・アプローチのミム・メム練習では、教師のモデル発音をまねして復唱することで発音矯正を行います。

2,オーディオ・リンガル・アプローチでは、口答能力を重視しています。利点は、文法を体系的に理解できること、反復による記憶促進および正確さの向上が期待できること。欠点は、アーミー・メソッド同様、練習が単調になりがち、コミュニケーション能力が育ちにくいこと。
四技能とは、読む・書く・話す・聞く。

3,オーディオ・リンガル・アプローチでは、ミム・メム練習パターン・プラクティス文型練習)、ミニマル・ペアの練習などで、「刺激ー反応」が繰り返され、習慣形成が促されます。

4,オーディオ・リンガル・アプローチでは、上記の口答練習を通じて、母語話者並みの正確で素早い反応が要求されます。

よって、正解は2です。


問5 コミュニカティブ・アプローチ(コミュニカティブ言語教授法)における重要な役割を果たしたシラバスとは、ウィルキンズの機能シラバスです。
機能シラバスは、誘う、依頼する、助言する、ほめるなど、言語の持つコミュニケーション上の働きを中心にしたものです。
よって、正解は3です。

なお、ではコミュニカティブ・アプローチが重視する現実のコミュニケーション過程の三つの要素に関する問題が出されています。
また、機能シラバスについては、の問5で出題されています。

 
 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【外国語教育・日本語教育の教授法】です。

問1 オーディオ・リンガル法の練習方法として不適切なものを探す問題です。

1のジグソー練習とは、学習者のペアに、細部が異なっていたり情報が虫食い状態になっている絵や文を配り、 互いの情報差を話し合いによって埋めていくオーラル・メソッドの応用練習のことです。

2の拡張練習とは、読みました(基本文)→本を(教師の与えるキュー)→本を読みました(学習者の発話)→図書館(キュー)→図書館で本を読みました(学習者)のように、徐々に文を長くしていく練習で、オーディオリンガル・メソッドパターン・プラクティスの一つ。拡大練習ともいいます。

3のミムメム練習とは、モデル会話をベースに、教師主導で文型を模倣させ記憶させる練習で、模倣反復記憶法ともいいます。オーディオリンガル・メソッド

4のミニマルペア練習とは、酒/sake/と竹/take/のように、1カ所の音素の違いによって意味の区別があるミニマルペアを使って、 音の違いに集中させる発音練習のこと。オーディオリンガル・メソッド

よって、正解は1です。



問2
コミュニカティブ・アプローチでは、実際のコミュニケーションにあるインフォメーション・ギャップ(情報差)チョイス(選択権)フィードバック(反応)に注目し、教室活動でもこれらの要素が備わっているべきであると考えます。
よって、正解は3です。
なお、
インフォメーション・ギャップとは話し手の情報差
チョイスとは何をどう言うかは話し手が自由に選べること。
フィードバックとは自分の発話に対し、相手から反応が得られ、相手の出方によって自分の発話を調整することが可能な状態であること。
インターアクションとは言語ないし非言語的なやりとり
リアクションとは反応。



問3 文法訳読法の長所として不適当なものを探す問題です。
文法訳読法とは、19世紀半ばから20世紀半ばにかけて主流となった外国語教授法で、特定の提唱者や基板理論はありません。学習目的は、読解力の養成であり、辞書を用いて母語訳をします。
1、文法訳読法は学習者数に関係なく行えます。
2、文法訳読法は文法用語を用いて分析的に解読しますが、学習者の学習スタイルによって効果が異なります場独立に属する学習者には文法訳読法が向いていますが、場異存の学習者は、個々の要素を周囲のものとの関連でとらえようとする傾向があるため、文法訳読法には向かず、コミュニケーションの領域に向いています。
3、辞書を用いて母語訳するので、比較的早い段階から生の読み物が扱えます。
4,文法訳読法は辞書を使うので母語が確認でき、理解不可能な状況は少ないです。学習者は一定の安心感をもつことができます。
よって、正解は2です。


なお、各教授法の説明は、ヒューマンアカデミーの完全攻略ガイド第3版(第2部 言語と教育)を参考にしました。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ