日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:ニーズ調査

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【外国語教育のコースデザインやシラバス、教授法】です。
平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題6でも関連する問題が訊かれています。

問1
1,アチーブメント・テスト到達度テスト) …一定期間における学習の到達状況を見るためのテスト。
2,ニーズ調査…学習目的の調査。
3,外国語学習適性テスト…外国語の学習に対する適性を測るテスト。
4,目標言語調査…学習者の関わる場面で、母語話者がどんなニホンゴやストラテジーを用いているかを調べる調査。
よって、正解は1です。


問2 
日本語教育能力検定試験に合格するための用語集134頁が参考になります。
コンプリヘンション(理解力)・アプローチとは、 聴解活動を中心に、言語内容の理解を最重要視する教授法の総称。オーディオリンガル・メソッドでは、話す聞くが同時に行われ、言語処理に過度な負担がかかり、かえって学習が抑制されてしまうので、目標言語で考えることに有効な聴解を学習の基本に置くべきという基本理念。その理念はTPRなどに引き継がれた。 

よって、正解は3です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題5は【ある地域の日本語教室の学習者グループのニーズ・レディネス】です。
地域の日本語教室(背景が様々な学習者が集まる)に関する問題は、平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題8でも出題されています。

問1
背景が様々な学習者が集まる日本語教室は、多様な学習者のレディネスやニーズに対応するため柔軟な運営が求められます。〈資料1〉の方針にも『教科書を使用せず、学習者のニーズを反映し、レディネスを生かした活動を行う』とあります。
よって、正解は3です。


問2
1,学用品の値段を調べてくる活動は、学校に関わりがない他のグループメンバーにとって有意義とは思えません。
2,Eメールで欠席や遅刻の理由を適切に伝える練習は、「漢字が苦手で、スマートフォンで練習している」Xにとっても有意義です。「日本語力が原因で」「技術職の仕事」「に就けずに困っている」Yにとっても有意義です。「Eメールは今まであまり使っていないが、書いて送れたら、職場の人とも連絡が取りやすくなると思う」Zにとっても有意義です。
3, 面談場面を想定した会話練習は、学校に関わりがない他のグループメンバーにとって有意義な活動とは思えません。
4, 学校からの手紙や案内を読む練習は、学校に関わりがない他のグループメンバーにとって有意義な活動とは思えません。
よって、正解は2です。


問3
4、「地域のグルメスポット」についてインターネットで情報を集め、発表することは、読むこと話すことの練習になり、話のタネにもなりますので、「先生や保護者とうまくコミュニケーションが取れるようになりたい」Wにとって有意義な活動です。また、飲食店で働いているYやZにとっても身近な素材であり、有意義な活動といえます。
よって、正解は4です。


問4
Yには、「高度な専門知識を生かし」た「技術職の仕事に就きたい」という目的があります。
1,2,3,はいずれも就職活動に役立ちます。
4は、現在の仕事で使う日本語ですが、現在の仕事で使う日本語に関しては求めていないので、4が正解になります。


問5
1,「峠」「辻」などの文字を居酒屋店員が使用する機会はあまりなさそうです。
2,夜遅くまで仕事があり、宿題をする時間はありません。
3,居酒屋は予約の電話対応などの仕事がありますし、「自分で書けると便利だと思っている」Zのニーズに適当な練習だと思われます。
4,夜遅くまで仕事があり、宿題をする時間はありません。
よって、正解は3です。
 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題6は【教育活動の組織・運営】です。

問3 シラバスデザインに関する記述を選ぶ問題です。
コースで何を教えるかシラバス教授項目)といい、その選定シラバス・デザインといいます。教授項目を実際に授業で扱う順に並べた場合をコース・シラバスといいます。
よって、正解は2です。
なお、ニーズ分析ニーズ調査)とは、学習目的(どんな日本語を必要としているか)を調べることです。


問4 PLAN・Do・See(計画・実行・評価)のうち、See(評価)に当てはまる行動を選ぶ問題です。
PLAN・Do・See(計画・実行・評価)のうちSeeに当てはまる行動を選ぶ問題です。PLAN・Do・See(計画・実行・評価)のうち、See(評価)に当てはまる行動を選ぶ問題です。1,授業中に学習者の誤用を訂正してフィードバックするのは、Do(実行)ではないでしょうか。
2,教師同士で授業を参加し合い、学習者の反応などについて意見交換するのは、See(評価)です。
3,目標に基づいて教案を作成し、予想される学習者の誤用を書いておくのはPLAN(計画)です。
4,学習者のニーズに合わせて、提示する例文を用意するのはPLAN(計画)です。
よって、正解は2です。


問5 教室談話における教師の発話の特徴を選ぶ問題です。
教室談話とは、授業における話し言葉を用いたやりとりのことです。
なお、「IRF/IRE型」と呼ばれる教室談話の典型的な例を選ぶ問題がの問3に出されています。

1,相手の発話が誤答であることを示す際は、上昇イントネーションが用いられます。

2,あからじめ回答がわかっている質問を提示質問(ディスプレイ・クエスチョン)、あらかじめ回答がわかっていない質問を指示質問(レファレンシャル・クエスチョン)といいます。提示質問より指示質問が多くなるとは限りません。
なお、「ペア・ワークやグループ・ワーク」における談話は、教師と学習者の教室談話に比べて、提示質問が多くなる傾向にあります(の問4)。

3,「IRF/IRE型」は、I(Initiation)教師による発話の開始、R(Response)学習者の応答、F(Feedback)/E(Evaluation)教師のフィードバック(評価)という連鎖です。学習者の働きかけではなく、教師の働きかけで始まります。

4,自分が学校に通っていたときのことを思い出します。教師は、談話の秩序を明確にするため、「はい」「じゃあ」などの発話が多かったです。

よって、正解は4です。

 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ