日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:ニーズ

Sponsored Link

平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題7は【夏季短期集中講座〈ビデオレポート作成〉】です。

問1 学習者のニーズを選ぶ問題です。
1,確かに学習者Aは、「日本の旅館に泊まりたい」と言っていますが、最近はホテルの予約もネットが多いですし、ネットでは英語や韓国語で読むこともできますから、旅行パンフレットが読めるようになることに対するニーズは小さいと思います。
2,Aさんは「コンビニでアルバイトをしている」ので、客からの質問に応じられるようになるというニーズは大きいです。
3,Aさんの「今の状況、興味・関心」の欄からは、品物の値段について交渉できるようになるというニーズは読み取れません。
4,確かにAさんは、「日本の歌をカラオケで歌いたい」と言っていますが、そのために大事なのは発音や歌詞が読めることであって、「日本の歌の歌詞を」「書けるようになる」までのニーズはないと思います。
よって、正解は2です。


問2
4,「社員食堂の人気メニューベスト10」のビデオレポートで、自国で人気のある料理の作り方を詳細に説明する必要はありません。
よって、4が正解です。


問3
1,楽しい映像になりそうですし、「日本人と日本語を使ってコミュニケーションを行う」ことになります。
2,資料2によると、ビデオレポート作成の目的は「日本人や他の学習者と日本語を使ってコミュニケーションを行う」ことです。インターネットで個人的に調べるだけでは、目的が果たせません。
3,ビデオレポート作成の目的は「日本人や他の学習者と日本語を使ってコミュニケーションを行う」ことです。資料をまとめるだけでは、目的を果たせません。
4,ビデオレポート作成の目的は、「日本人や他の学習者と日本語を使ってコミュニケーションを行う」ことなのですが、母国の人と話すときは韓国語を使ってしまうのでは? 
よって、正解は1です。


問4
4,資料2のビデオレポート作成の目的に鑑みれば、母語に訳する必要はありませんので、正解は4です。


問5
2,質問すべきでしょう。日本人と日本語を使ってコミュニケーションを行うのがビデオレポート作成とその紹介活動の目的です。わからないことを尋ねるなどのやりとり(インターアクション)によって、習得は促進されるのです(インターアクション仮説)。


スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題5は【ある地域の日本語教室の学習者グループのニーズ・レディネス】です。
地域の日本語教室(背景が様々な学習者が集まる)に関する問題は、平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題8でも出題されています。

問1
背景が様々な学習者が集まる日本語教室は、多様な学習者のレディネスやニーズに対応するため柔軟な運営が求められます。〈資料1〉の方針にも『教科書を使用せず、学習者のニーズを反映し、レディネスを生かした活動を行う』とあります。
よって、正解は3です。


問2
1,学用品の値段を調べてくる活動は、学校に関わりがない他のグループメンバーにとって有意義とは思えません。
2,Eメールで欠席や遅刻の理由を適切に伝える練習は、「漢字が苦手で、スマートフォンで練習している」Xにとっても有意義です。「日本語力が原因で」「技術職の仕事」「に就けずに困っている」Yにとっても有意義です。「Eメールは今まであまり使っていないが、書いて送れたら、職場の人とも連絡が取りやすくなると思う」Zにとっても有意義です。
3, 面談場面を想定した会話練習は、学校に関わりがない他のグループメンバーにとって有意義な活動とは思えません。
4, 学校からの手紙や案内を読む練習は、学校に関わりがない他のグループメンバーにとって有意義な活動とは思えません。
よって、正解は2です。


問3
4、「地域のグルメスポット」についてインターネットで情報を集め、発表することは、読むこと話すことの練習になり、話のタネにもなりますので、「先生や保護者とうまくコミュニケーションが取れるようになりたい」Wにとって有意義な活動です。また、飲食店で働いているYやZにとっても身近な素材であり、有意義な活動といえます。
よって、正解は4です。


問4
Yには、「高度な専門知識を生かし」た「技術職の仕事に就きたい」という目的があります。
1,2,3,はいずれも就職活動に役立ちます。
4は、現在の仕事で使う日本語ですが、現在の仕事で使う日本語に関しては求めていないので、4が正解になります。


問5
1,「峠」「辻」などの文字を居酒屋店員が使用する機会はあまりなさそうです。
2,夜遅くまで仕事があり、宿題をする時間はありません。
3,居酒屋は予約の電話対応などの仕事がありますし、「自分で書けると便利だと思っている」Zのニーズに適当な練習だと思われます。
4,夜遅くまで仕事があり、宿題をする時間はありません。
よって、正解は3です。
 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平24年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題7は【コースデザイン】です。

問1 学習者のニーズに関する記述として適切なものを選ぶ問題です。
学習者のニーズとは、日本語を学ぶ目的のことです。なので、各選択肢のニーズという言葉を、(日本語を学ぶ)目的に言い換えます。

1,学習者の(日本語を学ぶ)目的は、生活状況の変化や言語能力の向上に伴い変わりうる。
そうですね。

2、(日本語を学ぶ)目的には学習者の学習能力、学習態度、学習ストラテジーが含まれる。
意味が分からない日本語になってしまいました。
ちなみに学習ストラテジーとは、新しい知識の獲得のために学習者が用いる方略のことです。ニーズ(目的)を達成するための手段であり、ニーズ(目的)には含まれません。

3,同じ目的の学習集団は、学習方法の好みも共通する。
そうとは限りません。文法訳読法が好きな学習者(場独立の学習者)もいれば、コミュニケーションが好きな学習者(場依存の学習者)もいます。

4, 語学学習の目的は、学習者の文化的背景によって類型化される。
アメリカ人が日本語を学ぶ目的は皆、ニンジャになりたいからだ、とでもいうんでしょうか。とんでもないステレオタイプですね。

よって、正解は1です。 



問2 レディネス調査に関係ないものを選ぶ問題です。
コース・デザインをするために、学習者のプロフィールに関する情報を収集することをレディネス調査といいます。
・外的条件(国籍、母語・母文化、年齢、職業、経済的条件、時間的条件、学習環境、生活環境など)
・内的条件(外国語学習経験の有無、日本語を学習済の時間、使用教材、取得済みの資格レベル、運用能力に関する自己評価、学習スタイルなど)
について、アンケートやインタビュー(面談)によって調べます。日本語既修者には現在の日本語レベルを測り適切なクラスに配属するため、プレースメント・テストを実施します。

2の目標言語は、学習者のプロフィールと関係ありません。
よって、正解は2です。 



問3 特定の学習者を対象にした特定の目的を持つコースを選ぶ問題です。
1は「国内に住む国際結婚の配偶者」という「特定の学習者」を対象にしていますが、「特定の目的」を持っているのかは分かりません。
2は「ブラジルに住む日系人」という「特定の学習者」を対象にしていますが、「特定の目的」を持っているのか分かりません。 
3は「オーストラリアの専門学校生」という「特定の学習者」を対象にした、「観光ガイド」という「特定の目的」を持つコースです。
4は「日本語を母語としない人」という「特定の学習者」を対象に「カラオケ」という「特定の方法」で学ぶコースですが、「特定の目的」を持っているのかは分かりません。

よって、正解は3です。



問4  自律学習の説明を選ぶ問題です。
自律とは、自分の行動を自分の立てた規律に従って正しく規制することです。
1,自学自習と自律は意味が異なります。
2,自分のペースで進めていくことと、自律は意味が異なります。
3,自律とは自分を評価することではなく、自分を制御することです。
4,自分の行動に責任を持つことは自律です。
よって、正解は4です。



問5  モジュール型教材の説明を選ぶ問題です。
平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題5問1にも「モジュール型」が出てきています。要注意キーワードですね。
モジュールとは、交換可能な構成部分という意味です。目的に合わせて組合せを変えることができます。
よって、正解は3になります。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ