日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:ダイクシス

Sponsored Link

どこよりも早い解説付き解答速報
平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題11は、【方言と言葉の変種】です。

問1
1,階層方言という言い方はあるのでしょうか。初めて見ました。
2,社会方言については、 位相語と方言の違いをご参照ください。
3,4,ネオ方言と新方言については、ネオ方言と新方言の違いをご参照ください。 

年齢や性差などの観点から言葉の差異を捉えたのは、社会方言と思料しますので、正解は2です。


問2 「若者言葉」を使用する目的に関する問題です。
3,逆ではないでしょうか。理性よりも感覚に訴えるため。
よって、3が正解であると思料します。


問3
日本語教育能力検定試験には大好きなキーワードがいくつかありますが、そのうちの一つがダイクシスで繰り返し繰り返し問われています。
ダイクシス(直示)とは、発話された場面によって意味が決まるもの。
詳しくは、 平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題4【直示(deixis)】をご参照ください。

よって、正解は1です。


問4「隠語」の例を選ぶ問題です。
2,「犯人」を意味する「ホシ」は刑事ドラマでも有名です。
2が正解です。


問5「特定の人物像を想起させる言葉」(役割語)の例を選ぶ問題です。
1,「わがはい」は知的階級の男性を想起させます。なのに、実際は猫であるというギャップが『吾輩は猫である』の面白さかと存じます。
正解は1です。

 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題4は【直示(deixis)】です。

ダイクシスは何度か試験に出ていますが、今回は違う名称「直示」を使ってきました。このように本試験では、同じ意味の用語を異なる名称で出してくることがありますので要注意です。

問1
直示(ダイクシス)とは、発話された場面によって意味が決まるものです。
1,「翌週」という言葉は、発話された場面で使うことができません。過去や未来に視点を置いたときにつかう言葉です。
例…翌週は会社を休むよ。☓
  来週は会社を休むよ。○

2,「あした」は、発話された場面によって意味が決まります。10月14日に発話されれば10月15日のことです。

3、「2013年」は、いつ発話されても2013年なので、直示ではありません。

4,「6分間」は、いつ発話されても6分間なので直示ではありません。

よって、正解は2です。


問2 談話における表現や内容を指す「談話の直示」の例を選ぶ問題です。
1,「それ」が、談話における表現である「今回の失敗はあなたのせいだ」を指しているので、談話の直示です。
2,「その」は、現場の青いのを指しています。「場所の直示」です。
3,「あの」は、若かった当時を指していますが、妻の談話における表現や内容に、若かった当時は含まれていません。夫が勝手に過去に思い出にふけっているだけです。「あの頃」で「時間の直示」です。
4,「あれ」は、まえに食べに行ったものを指していますが、同僚の談話における表現や内容に、まえに食べに行ったものはでてきません。
よって、正解は1です。


問3 ある直示表現が別の直示表現として使われる例として不適当なものを選ぶ問題です。
1,「そこのかたどうぞ」の「そこ」は場所を指しているので「場所の直示」です。「あなたどうぞ」は人を指しているので「人称の直示」です。「次のかたどうぞ」は「次」という時間を指している? うーん。
具体的に考えてみます。例えばラーメン屋の行列における「次のかたどうぞ」の「次」とは、行列の順番のことを指しています。本来、「次」は時間的なことを指すので「時間的直示」なのですが、ラーメン屋の店員が「次の方どうぞ」と言った場合は、ラーメンの行列を指しているので、「談話的直示」になります。ということでしょうか。難しいですね。問2の選択肢のように、「談話における内容や表現」のこの部分を指していると明確にはいえないので、「談話直示」ではなく「談話直示(談話っぽい直示)」ということなんだと思います。

2,「」とは、二つのものにはさまれた、あいている部分(大辞林)ですから、「この間は」は本来「場所の直示」のはずです。しかし現在では「この間」といえば、今より少し以前の時間を指すことが多いです。本問でも「時間の直示」として使われています。

3,「あちら」は本来「場所の直示」ですが、ここでは、山田課長という人を指しているので、「人称の直示」として使われています。

4,「お前」は本来「人称の直示」です。ここでは話し相手を指しているので、「人称の直示」として使われています。

よって、正解は4です。


問4
1,日本語では、役職語が呼称表現として使用されることがあります。同じように英語、中国語、韓国・朝鮮語においても役職語が呼称表現として使用されることがあります。
(英語の例)「ドクター!」
(中国語の例)「老师!」
(韓国語・朝鮮語の例)「선생님(ソンセンニム)!」


問5 誤用の原因が直示に関わらない例を選ぶ問題です。
直示(ダイクシス)とは、意味が発話された場面に依存する言葉です。
1,「来る」という言葉は、話し手に近づくことであり、逆に話し手から遠ざかる場合は「行く」といいます。つまり、発話された場面に意味が依存しているので、直示です。「行く」とすべきを「来る」にしているので、誤用の原因が直示に関わっています。

2,「いらっしゃいますか」が正しいです。敬語の活用を間違っているので、誤用の原因が直示に関わらない例です。

3,「人称の直示」である「この方」を使うべきなので、誤用の原因が直示に関わっています。

4,「時間の直示」である「昨日」の後に「ニ格」はいらないので、誤用の原因に直示が関わっています。

よって、正解は2です。


スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題10は【明示的知識と暗示的知識】です。

問1
明示的知識とは、誰かに習ったり本を読んだりして意識的に得た知識。
暗示的知識とは、自然と習得した知識。
1,明示的知識と暗示的知識の違いは、習得方法の差であって、言語運用に関わる知識かどうかとは関係ありません。明示的知識(学校で習った発音・文法・語彙)にも暗示的知識(自然習得した発音・語彙)にも、正確で流暢な言語運用に関わる知識があります。
2,母語話者でも、国語の授業で覚えた漢字など明示的知識はいくらでもあります。
3,暗示的知識は、言語に対する直観的知識です。
4,暗示的知識は、自然と得られるものなので、演繹的に学習するわけではありません。
よって、正解は3です。


問2 
直接引用は、元の言葉を変えず、引用部分を「」 で囲みますので、1と2は誤りです。
例…昔の生徒が「翌月の私達の同窓会に先生も出席して頂きたいんです」と言ってきた。
間接引用は、「」を使いません。元発話の文体は普通体に変更されます。元発話のダイクシス表現は使われる場合もあります。
例…昔の生徒が翌週の自分達の同窓会に私も出席して欲しいと言ってきた。
よって、正解は3です。
なお、直接引用ダイクシスについては、平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅲ 問題2の問6で出題されています。 


問3
1,引用節が引用動詞(ってった)に先行しています。
2,「って」という引用標識を使っています。
3,簡略化した言語形式です。
4,文要素の修飾構造は単純です。
よって、正解は3です。


問4
意味論は、語や文にどんな意味があるか論じる。
語用論は、どのようにコミュニケーションを行うかを論じる。
(日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第三版46頁『意味論と語用論の違い』)



統語論は、語順などの観点から文の成り立ちや構造を論じる。
形態論は、意味を持つ最小単位形態素を対象に語の成り立ちを論じる。

自然習得環境では、コミュニケーション能力が向上すると思われます。
よって、正解は2です。
なお、平成23年度日本語教育能力検定試験問題7の問3では、【語用論的な適切さに関わる誤用】が問われていますので、要チェックです。


問5
自然習得環境の良い点は、談話の種類が豊富なことなので、正解は4です。


 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題2は【アカデミック・ジャパニーズ】です。

問1
メタ言語とは、言葉を使って言葉について考えること。
パラ言語とは、音声表現にまつわる周辺要素のこと。
例えば、「おはよう」と挨拶された場合、どのような調子で言われたのか(大きい声・小さな声など)によって、同じ「おはよう」でも、受け取るメッセージが変わります。この音声表現にまつわる要素がパラ言語です。

用語の説明や定義づけは、言葉をつかって言葉を説明しているのでメタ言語といえます。
よって、正解は1です。


問2 
話し言葉の「じゃ」 (アメリカじゃ)と
書き言葉の「では」 (アメリカでは)の違いは拗音の有無です。

選択肢2が同じように拗音の有無です。
話し言葉「ちゃう」 (食べちゃう)
書き言葉「てしまう」(食べてしまう)

よって、正解は2です。


問3はよく分かりませんでした。
正解は2です。

問4
1,「なぜならば」「というのも」は前の文の理由が後ろの文ですが、「つまり」は言い換えです。
○ お腹が減った。なぜならば、昨日から何も食べていない。
○ お腹が減った。というのも、昨日から何も食べていない。
× お腹が減った。つまり、昨日から何も食べていない。

2,「とはいえ」は逆接、「とすると」は過程の結果、「ただし」は補足。それぞれ働きが違います。

3,「したがって」「ゆえに」「そのため」は原因と結果をつないでいます。
○ 昨日から何も食べていない。したがって、お腹が減った。
○ 昨日から何も食べてない。ゆえに、お腹が減った。
○ 昨日から何も食べていない。そのため、お腹が減った。

4,「しかしながら」は逆接、「というのも」は理由の補足。「ところで」は話題の切り替え。それぞれ働きが違います。

よって、正解は3です。


問5
分裂文とは、単文の一部を強調するために抜き出した、コピュラ文を主節とした複文のこと。
3は、「両者に相関関係が認められることをここで確認したい」という単文から「両者に相関関係が認められる」ことを強調するために、「である」というコピュラを使って、複文を作っています。
よって、正解は3です。


問6 アカデミック・ライティングの指導に関する問題です。
1,使用語彙が理解語彙を上回る傾向にあるからといって、できるだけ多くの語を実際に使用する練習が重要とはいえない気がします。
2,論文と法律分は文体が違います。
3,直接引用では元の文をそのまま「」で囲んで引用しますので、ダイクシスも言い換えません。
4,原語が同一でも、異なる日本語訳がなされている学術用語はありそうです。
正解は4です。

問題2は難しかったです。


スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅱの問題6は【学習者の発話の誤り】です。

1番
「届いてませんか」と言うべきを「届いてありませんか」 と言っているので、補助動詞の誤りです。 
よって、正解はbです。

2番
「高校生気づかなかった」 と言うべきを「高校生気づかなかった」と言っているので、対象を表す助詞の誤りです。
よって、正解はcです。

3番
もし行かなかったら、お母さんが怒ります」と言うべきを「もし行かないとき、お母さんが怒ります」と言っているので、従属節の誤りです。
よって、正解はaです。

4番
「今日は日曜日だから学校が休みです」と言うべきを「今日は日曜日から学校が休みです」と言っています。
「から」は接続助詞であり、文と文を接続します(例…台風が来るから学校が休みです)。
名詞を接続するのであれば、助動詞「だ」を加えなければなりません。
よって、正解はdです。
なお、ダイクシスについては、用語検索マンボウを参照。 

5番
 「不足(ふそく」の前に「運動」がつくとき、連濁して「うんどうそく」になります。
しかし学習者は「うんどうふそく」と発話しているので、連濁が起こっていません。
よって、正解はcです。 

6番
「あまがいい」を「あまがいい」と発話しています。
無声音「た」が有声音「だ」になっています。
よって、正解はbです。 

7番
「黒いコート」を「黒いコート」と言っています。黒いはイ形容詞なのに、ナ形容詞と間違っています。
よって、正解はaです。


8番
「失業者を減らすべきです」を「失業者を減るべきです」と言っています。減らすという他動詞を減るという自動詞に間違えています。
よって、正解はcです。 
なお、アスペクトとは、動作や出来事がその動作中のどの時点にあるかという文法的概念。
例えば、
「メモを書くところだ」動作の開始時点
「メモを書いている」動作の継続途中
「メモが書いてある」動作が終わった結果
「メモを書いたばかりだ」動作の完了直後。
「メモを書きかける」動作を開始してすぐの時点
「家が完成しつつある」動作が完了する直前の状態、など。
さまざまな表現によりアスペクトを表すことができる。

アスペクトの説明はアルクの用語集を参考にしました。

 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ