日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:ターン・テイキング(話者交替)

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題3は【会話の秩序と会話の終わり方】です。

問1
1はポライトネスのことであり、会話の流れを作り出す秩序とは関係ありません。
2は相手が言いよどんでいるときに、自分がその部分を埋めることで、会話の流れを作り出します。
3は関係の公理(グライスの提案した協調の原理の一つ)っぽい気がします。どうして3が適当ではないのか分かりません。難しいです。
4は、会話の流れを作り出す秩序とは関係ありません。
正解は2らしいです。


問2
1,イメージ・スキーマとは抽象的な知識構造。
2,コード・スイッチングとは言語の切り替え。
3,ターン・テイキングとは話者交替。
4,スピーチ・アクト(発話行為)とは発話によって遂行される行為。詳しくは、平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題4の解説を参照。 
よって、正解は3です。 


問3
会話(メールもチャットもLINEも)を終えたいとき、新たな話題の導入をやめます。それによって会話を終決させる流れにもっていきます。
よって、正解は2です。


問4 
敬語を使うことと会話の終わり方は関係ないので、4が正解です。


問5
会話が相互行為であることを意識させるには、会話の流れを学習者自身に作らせる必要があります。文型を使った応答練習では、会話の流れが決まっていますので、会話を相互行為として捉えた教育としては不適当です。
よって、正解は1です。 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題12は【待遇表現】です。

問1
平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題11の問6と同じように、「規範的な立場」から敬語を考える問題です。
「規範的な立場から見て」という言葉がよく分かりませんでしたが、「社会通念上」とか「社会規範的に」という意味でしょうか。
 「ご苦労様」は本来誰にでも使える一般的な言葉であり(目上から目下へは「様」をつけず「ご苦労」と言っていた)、「ございました」という敬語もつけているので、敬語の形自体は問題ありません。しかし現在では、「ご苦労様」という言葉を目上の人に使うのは失礼であると言うのが、定説になってきています。
よって、正解は1です。


問2
1,スモール・トークとは、雑談のことです。

2,最小対(ミニマル・ペア)とは、酒/sake/と竹/takeのように、1カ所の音素の違いによって意味の区別がある語のペアのことです。

3,隣接ペア(adjacency pair)とは、連続して起こる発話のやりとりの最小単位のことです。
例…「おはよう」—「あ、おはよう」
  「今何時?」—「八時だよ」

4,ターン・テイキング(話者交替)とは、二者が交互に話すことです。

よって、正解は3です。


問3
丁寧な言葉はモーラ数が長いので、正解は2です。1と2は丁寧ではありませんし、4は丁寧と関係がありません。


問4
交感とは、互いに感じ合うこと、心が通じ合うことです。
あいさつには、交感的な機能があります。
よって、正解は4です。


問5
1,レベルに関係なく挨拶は重要です。
2,文化の強要はいけません。
3,そのとおりです。
4,非言語による挨拶は個人差がありますが、非言語による挨拶も重要であることには変わりありません。
よって、正解は3です。


 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ