日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:スキャフォールディング

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題5は【ある地域の日本語教室の学習者グループのニーズ・レディネス】でした。
平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題5は【授業の振り返り】です。

問1 話し合いの授業を活性化するための方法に関する問題です。
1,「身近な問題を解決する」など、話し合いのゴールを 明確にすると、活性化すると思います。

2,レベルが高すぎると話し合いに参加できません。レベルが低すぎると興味が湧きません。

3,クラス全体で話し合うと、参加しない(できない)人が増えますので、小グループにしたほうが個々の意見を尊重できると思います。

4,活動のステップを定めたほうが、話すことが明確になり、話し合いが活性化すると思います。

よって、正解は1と思料します。


問2 適切な言葉が思い浮かばない学生への「スキャフォールディング」に関する問題です。
スキャフォールディング(足場かけ)とは、独力では無理な場合に援助してあげることですので、正解は4と思料します。


問3「不安や緊張」に関する問題です。
4,適度な緊張が集中力を高めたりもしますので、4が正解だと存じます。


問4「授業の振り返り」の方法の一つである「ジャーナル」の活用法に関する問題です。
研究社日本語教育事典241Rによると、
ジャーナルというのは、学習者教師が言語学習の過程を記録した日記のようなものである。学習者が言語活動の記録だけではなく、疑問や意見、感想等を書くことによって、教師は学習者の心理的変化の過程を知ることができ、自らの教え方を内省することができる。また、ジャーナルを通じて相互交渉を重ねることで、学習者と教師双方が相手の視点に立って物事を捉えられるようになり、互いにラポール(信頼関係)を確立していくことができる。」

よって、
1「立場が違う物との言葉のやり取りを通じて授業の改善方法を見出していく。」が正解であると考えました。

ところが、です。
アルクさんと大原さんは共に、正解を2としています。
また、やってしまった!

しかし、理由がわかりません。
私は日本語教育に携わったことがないため、 実際のジャーナルを見たことはありません。モジュール型教材の時と同じように、言葉の意味を知っているだけなので不安です。自分の想像が間違っているのでしょうか。
グーグル先生にお尋ねしたところ、「振り返りジャーナルを始めよう!」というブログ記事を教えていただいたのですが、そこでも、学習者と教師の書面によるやりとりが行われているようです。
どうして正解が2になるのか、分かりません。 
ジャーナルの経験者さんはいらっしゃいませんか?

追記 2017/2/5
申し訳ございませぬ。私が誤っておりました。詳しくは下記記事のコメント欄をご参照ください。

疑問があります

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題10の問2では、選択肢の一つとして、スキャフォールディングが登場しています。
ここでは、認知的徒弟制における各段階をまとめたいと思います。


認知的徒弟制は、人材育成の過程。
伝統的な徒弟制の職業技術訓練をモデルに、見習い修行の学習過程を認知的に理論化した学習方法のこと。アメリカの認知学者ジョン・S・ブラウンやアラン・コリンズらによって提唱されました(日本最大のHRネットワーク『日本の人事部』より)。


認知的徒弟制の4段階(各段階の説明は、日本語教育能力検定試験 合格するための問題集241頁より)
CD付 増補版 日本語教育能力検定試験 合格するための問題集
 
1,モデリング(modeling)
熟達者の示す模範的行動を学習者がまねる段階。

2,コーチング(coaching)
熟達者が手取り足取り学習者を指導する段階。

3,スキャフォールディング(scaffolding)(足場かけ)
極力学習者自身の力でさせ、できない部分のみ支援する段階。

4,フェイディング(フェーディング)(fading)
徐々に支援を少なくし、学習者を自立に導く段階。


スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ