日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:コンプリヘンション・アプローチ

Sponsored Link


どこよりも早い解答速報
平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は、【コミュニケーション能力の育成を重視した教授理念】です。


問1「コミュニカティブ・アプローチ」の背景となる考え方を選ぶ問題です。

1,学習の初期段階では理解優先とし、目標言語で発言することへの心理的圧迫を避ける。→「理解優先」とくれば「コンプリヘンション・アプローチ」ではないでしょうか。詳しくは、平成26年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題4の問1をご参照されたい。

2,目標言語の音声や文法を習慣づけることで、母語の干渉をなくすことができる→「習慣」「母語の干渉」というキーワードからして、オーディオ・リンガルメソッドでしょうか。

3,言語学習は単なる習慣形成ではなく、学習者自らが帰納的に文法規則を見つけるものである。→学習者のアウェアネス(気づき)なしに真の習得は起こらないとするサイレント・ウェイでしょうか?

4,会話の中で意味交渉が生じることによって、言語習得が促進される。→実際のコミュニケーションを重視し、意思疎通ができるようになることを目的としたコミュニカティブ・アプローチでしょうか。

以上より、正解は4と思料します。


問2 現実のコミュニケーション場面に基づいた教材を使用し、実践的な言語活動を行う際に、必要とされる条件を選ぶ問題です。
現実のコミュニケーションといえば、
①インフォメーション・ギャップ(情報差)
②チョイス(選択権)
③フィードバック(反応)
の3点です。
詳しくは、ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』169頁。

1,対話の相手から否定証拠が与えられること→③フィードバック
2,発話者に情報の選択権があること→②チョイス
3,対話者間に情報の格差があること→①インフォメーション・ギャップ
4,対話者間のやり取りに真正性があること→何のことなのかよく分かりません。

よって、正解は4であると思料します。

追記)
コメントいただいたとおり、正解は1に訂正します。


問3「タスク中心の教授法」に基づく学習活動として不適当なものを選ぶ問題です。
4,パターン・プラクティスといえば、オーディオリンガル・メソッドじゃないですかー。
よって、4が正解であると思料します。 

追記 2017/1/21
 解説を新たに書きましたので下記のブログもご参照ください。

kyujin.nihongokyouiku.net


 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【学習者がグループで話し合う教室活動(ディスカッション・ディベート)】です。

試験Ⅰの問題4は毎年、教授法が出題されていますので、
平成28年度の試験Ⅰ問題4も教授法に関する問題だろうと予想できます。
各年度の問題4を比較して、教授法についてどのように問われているのか要検討です。

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【外国語教育のコースデザインやシラバス、教授法】
平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【外国語教育・日本語教育の教授法】
平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【外国語教授法・教室活動】
平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【外国語教授法とその日本語教授法への影響】
 

問1
1,コミュニティー・ランゲージ・ラーニング(CLL)は、カウンセリングの理論と手法を応用した教授法。アメリカの心理学者カラン1970年代に開発。教師はカウンセラーのように、学習者をクライアントとして接します。教師は学習者と一体になってコミュニティを形成し、互いにコミュニケーションを図りながら授業を行います。学習者が輪になって座り、教師は外に立ちます。学習者がテーマを決め、自由に話をします。教師は学習者の耳元で表現方法をささやきます。学習者の自由な会話は録音しておき、授業の最後に聴き、教師は学習者の内省を促したり、解説を加えたり、発音指導をしたりします。教えることが事前に決まってはいないため後行シラバスです。コミュニティ学習は、グループ学習と異なり、学習者の不安や恐れを取り除くためにSARD(サード)を重視しています。安心感(Security)、注意力(Attention)、積極性(Aggression)、定着(Retention)、振り返り(Reflection)、識別(Discrimination)の頭文字です。

2,コンプリヘンション・アプローチは、幼児の母語習得過程をモデルにした理解優先の教授法。聴解練習を優先し、話すのはしばらく後(Delayed-Oral Method)。ポストフスキーがアメリカでロシア語の指導をする際に用いました。チョムスキーの生得説(人間は生得的に言語学習能力が備わっている)に基づき、オーディオ・リンガル・メソッドの教授理論とは対立関係。リラックスした状況で、学習者に理解可能な大漁のインプットを与えるこの手法は、ナチュラル・アプローチに引き継がれます

3,オーラル・アプローチは、口頭能力重視。オーディオリンガル・メソッドの別名。パターン・プラクティス(文型練習)を行う。

4,コミュニカティブ・アプローチ(CA)は、コミュニケーション能力の育成を重視した教授法。

以上より、ディスカッションやディベートの言語活動は、コミュニケーション能力の育成を重視したコミュニカティブ・アプローチ(コミュニカティブ言語教授法)の考えを反映しているといえるので、4が正解です。


上記の説明は、研究社の日本語教育事典を参考にしました。


スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【外国語教育のコースデザインやシラバス、教授法】です。
平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題6でも関連する問題が訊かれています。

問1
1,アチーブメント・テスト到達度テスト) …一定期間における学習の到達状況を見るためのテスト。
2,ニーズ調査…学習目的の調査。
3,外国語学習適性テスト…外国語の学習に対する適性を測るテスト。
4,目標言語調査…学習者の関わる場面で、母語話者がどんなニホンゴやストラテジーを用いているかを調べる調査。
よって、正解は1です。


問2 
日本語教育能力検定試験に合格するための用語集134頁が参考になります。
コンプリヘンション(理解力)・アプローチとは、 聴解活動を中心に、言語内容の理解を最重要視する教授法の総称。オーディオリンガル・メソッドでは、話す聞くが同時に行われ、言語処理に過度な負担がかかり、かえって学習が抑制されてしまうので、目標言語で考えることに有効な聴解を学習の基本に置くべきという基本理念。その理念はTPRなどに引き継がれた。 

よって、正解は3です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ