日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:コノテーション

Sponsored Link

どこよりも早い解答速報

平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題3Dは、【「正しい」日本語】です。

(16)
「表現の正しさを重視」ときたら「形式」でしょうか。
「現実の使用実態を重視」ときたら「機能」でしょうか。
よって、正解は1と思料しました。

小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)によると、
『言語研究には、大きく分けて、形式主義的なものと機能主義的なものとがある。形式主義は、言語そのものの仕組みを明らかにしようとするもので、ソシュール、ブルームフィールド、チョムスキーの研究はここに属する。これに対して、機能主義は、言語が具体的な場面・文脈でどのように用いられるかを明らかにすることを目ざす。言語現象の総体を明らかにするためには、この両方の立場の研究がそろわなければならない。機能主義的な研究は、以前から少しは行われてきたが、1970年ごろから社会言語学、語用論の形で急に活発に行われるようになった』

追記)
このブログなどにあるように、
言語学には、
表現の正しさを重視する規範主義的な立場と現実の使用実態を重視する記述主義があるようです。
寡聞にして、存じませんでした。
正解を3に訂正いたします。
もうしわけございませぬ。


(17) 「表現の正しさを重視」するのか「現実の使用実態を重視」するのか判断に迷う例文を選ぶ問題です。
つまり、本当は正しくないけれど、現実に使用されている表現を探します。 
よって、1の「全然おいしかった」が正解であると思料します。


(18)
コーパスとは、言語調査や研究のためのデータベースで、実際に使用された言語資料を体系的に収集し、研究用の情報を付け加えたもの(ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』226頁)。

2,コーパスを調べることで使用の傾向が把握できる、と思います。
よって、正解は2と思料します。


(19)
1,コノテーションとは、言語記号の潜在的な意味。
例…日の丸は「日本の国旗」であるが「右翼的図形」とも認識されうる。前者がデノテーション、後者がコノテーション

2,コロケーションとは、「一つの文の中で、一緒に用いられることが多い複数の語」(日本語教育のための文法コロケーションハンドブック『はじめに』より)
日本語教育のための文法コロケーションハンドブック
 

 4,コンタミネーション(混交)とは、「意味・形態の似た二つの語・句または文がまぜ合わされて、新しい語・句や文ができること」(スーパー大辞林3.0)

本問では「傘ーさした」が自然な組み合わせであると検討しているので、コロケーションについて考えていると思料します。
よって、2が正解です。


(20) 文体が統一されていないために不自然と判断される用例として不適切なものを選ぶ問題です。
4は文体の統一の問題ではなく、「ご参考されたい」という表現自体に違和感がありますので、4が正解と思料します。「参照されたい」?

2017/1/20 追記
解説を書き直しましたので下記もご参照ください。

kyujin.nihongokyouiku.net


スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題5は【中級学習者を対象とした作文クラス】です。

この問題は分からないところが多かったので、 理解できてから解説を書きます。
今はメモだけ。


読み手を意識して書くときに大切なこと
日本語教育における作文指導の研究
コノテーションとは、言語記号の潜在的な意味
例えば、日の丸は「日本の国旗」であるが「右翼的図形」とも認識されうる。
前者がデノテーション、後者がコノテーション。

コロケーションとは、自然な語のつながりのこと。
 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ