日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:オーラル・メソッド

Sponsored Link

平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【外国語教授法・教室活動】です。

試験Ⅰの問題4は毎年、教授法が出題されていますので、教授法は最重要分野の一つです。他の年度の問題4とも比較してみてください。
平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【外国語教育のコースデザインやシラバス、教授法】です。
平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【外国語教育・日本語教育の教授法】です。
平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【学習者がグループで話し合う教室活動(ディスカッション・ディベート)】です。
平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【外国語教授法とその日本語教授法への影響】です。

問1 ナチュラル・アプローチで用いられるシラバスを選ぶ問題です。
ナチュラルな(自然な)アプローチというくらいだから、ナチュラルなシラバスだろうと想像できます。
「文型」「技能」「課題」という言葉には作為的な香りが漂っています。
「話題」は自然な雰囲気です。
よって、正解は1です。
なお、ナチュラル・アプローチは繰り返し出題されており、詳しい説明は他年度の解説にありますので、下記のタグをクリックしてください。


問2 
学習者の母語や媒介語を活用する教授法といえば、文法訳読法が思い浮かびますが、選択肢にありません。そこで、消去法を用います。
1,オーラル・メソッド…オーラル(口述の)といえば、ダイレクトというワードが連想されます。媒介に反するワードなので、1は消去です。
2,ナチュラル・メソッド…ナチュラルといえば、そのままというイメージが浮かびます。媒介に反するので、2は消去です。
3,コミュニティ・ランゲージ・ラーニング(CLL)…直訳すると、共同体言語学習。名称からは学習者の母語や媒介語を積極的に活用するかしないか分からないので保留です。
4,グレイデッド・ダイレクト・メソッド(GDM)…ダイレクトというワードは、媒介に反するワードなので、4は消去です。
よって、残った3が正解です。
実は、コミュニティ・ランゲージ・ラーニング(CLL)では、いつでも教師に母語を介して助力を仰ぐことができます。
なお、グレイデッド・ダイレクト・メソッド(GDM)(段階的直接法)とは、学習者の負担を減らすため、段階的に簡単な言葉で教える直接法です。ハーバード・メソッドとも呼ばれています。学習者は身体を使って感覚的に理解します。詳しくは、GDM英語教授法研究会のウェブサイトをご参照ください。

その他の教授法については、他年度の解説で説明していますので、下記のタグをクリックしてください。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題6は【文法指導】です。

問1
1,ナチュラル・アプローチ…伝達能力を重視し、学習者が理解できる大量のインプットを与える聴解優先の教授法。
2,TPR(Total Physical Response,全身反応法)…幼児の母語習得過程に倣い、聞いた言葉に身体で反応する教授法。
3,オーラル・メソッド…話し言葉や帰納的理解を重視。ダイレクト・メソッドの不備を応用言語学の理論によって補った。
4,文法訳読法…文法規則の解説や語句の意味を母語で説明。その後、個々の言語データに適用して母語訳する。演繹的指導法。
よって、正解は4です。


問2
初級では網羅的に示さないので、1が正解です。


問3
1,「泳ぎ」は普通形ではありません。
2,「泳ぎ」という動詞も、スキーなどの名詞も入ります。
3,「泳ぎ」は動作の対象ではなく、動作です。
4,Nは存在場所ではなく、移動先です。
よって、2が正解です。


問4 「Vべきだ」の使い方のルールに関する問題です。
1,べきは文語に由来しますが、書き言葉でも話し言葉でも用いられます。
2,根拠に基づいたとしても推量には用いられません。
例…彼は腕が傷だらけだから猫を飼っているべきだ。☓ 彼は腕が傷だらけだから猫を飼っているに違いない。○
3,忠告したり、助言を行ったりするときによく用いられます。
例…お互い猫好きなんだから告白すべきだ。
4,後悔の気持ちを表すときに過去の形で用いられます。
例…卒業式までに告白すべきだった。


問5
意味中心の活動の中で、必要に応じて学習者の注意を文法項目に向けさせる指導といえば、フォーカス・オン・フォームが思い浮かびます。フォーカス・オン・フォームといえば、タスク中心言語教育(TBLT Task Based Language Teaching)です(ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』170頁参照)。
よって、正解は1です。

 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【外国語教授法とその日本語教授法への影響】です。

試験Ⅰの問題4は毎年、教授法が出題されています。
ということは、
平成28年度の試験Ⅰ問題4も教授法に関する問題だろうと予想できます。

各年度の問題4を比較して、教授法についてどのように問われているのか要検討です。
平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【外国語教育のコースデザインやシラバス、教授法】
平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【外国語教育・日本語教育の教授法】
平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【学習者がグループで話し合う教室活動(ディスカッション・ディベート)】


問1
ダイレクト・メソッド直接法)は、学習者の母語を使わずに教える教授法。

フォネティック・メソッドは、19世紀後半に文法訳読法への批判からフィーエトルスウィートイェスペルセンらが提唱した音声重視の教授法(ヒューマンアカデミー『日本語能力検定試験 50音順 用語集』253頁)。 

 
オーラル・メソッドは、応用言語学者パーマーによって開発された。ダイレクト・メソッドの理論的不備を、応用言語学の異論によって補った。言語観と学習感はダイレクト・メソッドから引き継ぎ、話し言葉や帰納的理解を重視している。教材・教具はダイレクト・メソッドと共通で、絵カード、レアリア、ジェスチャーなどを用いる。ダイレクト・メソッドと同じく、反復と代入を中心とした口答練習。利点及び欠点は、ダイレクト・メソッドと同じく、音声面の能力向上は期待できるが、理解に時間がかかりがち。パーマーは戦前来日し、ともに仕事をした長沼直兄(なおえ)によってオーラル・メソッドが日本語教育に導入された。

ナチュラル・メソッド自然法)は、幼児の言語習得過程を取り入れ、音声面を重視するという考えから開発された直説法による教授法。グアンのグアン法サイコロジカル・メソッドともいう)や、ベルリッツのベルリッツ・メソッドがある。ナチュラル・アプローチとは異なる教授法なので注意。

サイコロジカル・メソッドとは、幼児が思考の順に言葉を使うことに着目した教授法。一連の出来事を起こった順に文に分け、教師が動作と言葉で表現し、学習者にそれを再現させる手法。シリーズ・メソッドともいう。山口喜一郎台湾での日本語教育に導入。

よって、正解は3です。


問2
1,SAPL(Self-Access Pair Learning サプル)は、スイスのファーガソンによって開発された、ペアやグループで学習するコミュニケーション重視の学習法。学習者の自律性を重んじる。

2,TPR(Total Physical Response)は、心理学者アッシャーが提唱した聴解優先の教授法。幼児の母語習得過程が理論的基板。

3,CLL(Community Language Learning)は、心理学者カランカウンセリングの理論を基板に提唱した教授法。カウンセリング・ラーニングとも呼ばれる。

TPRとCLLについては、に詳しい説明があります。

4,VT法(Verbo-Tonal Method)は、言調聴覚論に基づいた発音指導法

よって、正解は2です。


問3 サジェストペディアの特徴を選ぶ問題です。はサジェストペディアに関連した用語を選ぶ問題です。解説はそちらをご参照ください。
正解は1です。



 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【外国語教育・日本語教育の教授法】です。

問1 オーディオ・リンガル法の練習方法として不適切なものを探す問題です。

1のジグソー練習とは、学習者のペアに、細部が異なっていたり情報が虫食い状態になっている絵や文を配り、 互いの情報差を話し合いによって埋めていくオーラル・メソッドの応用練習のことです。

2の拡張練習とは、読みました(基本文)→本を(教師の与えるキュー)→本を読みました(学習者の発話)→図書館(キュー)→図書館で本を読みました(学習者)のように、徐々に文を長くしていく練習で、オーディオリンガル・メソッドパターン・プラクティスの一つ。拡大練習ともいいます。

3のミムメム練習とは、モデル会話をベースに、教師主導で文型を模倣させ記憶させる練習で、模倣反復記憶法ともいいます。オーディオリンガル・メソッド

4のミニマルペア練習とは、酒/sake/と竹/take/のように、1カ所の音素の違いによって意味の区別があるミニマルペアを使って、 音の違いに集中させる発音練習のこと。オーディオリンガル・メソッド

よって、正解は1です。



問2
コミュニカティブ・アプローチでは、実際のコミュニケーションにあるインフォメーション・ギャップ(情報差)チョイス(選択権)フィードバック(反応)に注目し、教室活動でもこれらの要素が備わっているべきであると考えます。
よって、正解は3です。
なお、
インフォメーション・ギャップとは話し手の情報差
チョイスとは何をどう言うかは話し手が自由に選べること。
フィードバックとは自分の発話に対し、相手から反応が得られ、相手の出方によって自分の発話を調整することが可能な状態であること。
インターアクションとは言語ないし非言語的なやりとり
リアクションとは反応。



問3 文法訳読法の長所として不適当なものを探す問題です。
文法訳読法とは、19世紀半ばから20世紀半ばにかけて主流となった外国語教授法で、特定の提唱者や基板理論はありません。学習目的は、読解力の養成であり、辞書を用いて母語訳をします。
1、文法訳読法は学習者数に関係なく行えます。
2、文法訳読法は文法用語を用いて分析的に解読しますが、学習者の学習スタイルによって効果が異なります場独立に属する学習者には文法訳読法が向いていますが、場異存の学習者は、個々の要素を周囲のものとの関連でとらえようとする傾向があるため、文法訳読法には向かず、コミュニケーションの領域に向いています。
3、辞書を用いて母語訳するので、比較的早い段階から生の読み物が扱えます。
4,文法訳読法は辞書を使うので母語が確認でき、理解不可能な状況は少ないです。学習者は一定の安心感をもつことができます。
よって、正解は2です。


なお、各教授法の説明は、ヒューマンアカデミーの完全攻略ガイド第3版(第2部 言語と教育)を参考にしました。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ