日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:イ音便

Sponsored Link

どこよりも早い解答速報
平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題3Cは【日本語の音変化】です。
日本語は、ア行以外は子音+母音という構造になっています。

2017/1/17 追記

解説を下記のサイトで書き直しました。

kyujin.nihongokyouiku.net



(11)
日本語の子音には、有声/無声の対立がありますので、1が正解であると思料します。


(12)
異音とは、意味が変わらない別の音。
自由異音とは、異音が現れる条件が決まっていない異音。
条件異音とは、異音が現れる条件が決まっている異音。

1,2,3は「直後の音によって」という条件があるので条件異音ではないでしょうか。
よって、4が正解であると思料します。


(13)
母音が無声化する条件については、平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の⑴から⑸までをご参照ください。
私は試験会場において、蚊の鳴くような声で実際に発音してみました。
その結果、「した」が正解と思料しました。
近くにいらした方、もし聞こえていましたら、ご迷惑おかけして申し訳ございません。

平成24年度解説に記載した条件をいま確認してみても、選択肢のうち、「無声化」が生じやすいのは、4ではないかと存じます。

kyujin.nihongokyouiku.net


 
(14)
連声(れんじょう)とは、漢語において、先行する拍の子音が後の音節の頭の母音(もしくは半母音+母音)に影響し、後の音節が変化する現象。後の音節がア行・ヤ行・ワ行であるなら、後の音節はナ行(観音:かん+おん→かんのん)の音に変化する(ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』413頁コラム『同化そその他の音変化』より)。

よって、正解は2です。

kyujin.nihongokyouiku.net



(15)
1,イ音便の具体例を考えてみます。
「書いて」→「書きて」kakite(語幹末尾の音素はk、弾き音ではない)
語幹末尾の音素が弾き音の具体例を考えてみます。
「切る」
「切って」→促音便。
 
2, 語幹末尾の音素が破擦音の具体例がよく分かりませんでした。テ形がウ音便の動詞も思い浮かびませんでした。

3,語幹末尾の音素が両唇音の具体例を考えます。
「噛む」
「噛んで」→撥音便 
「死ぬ」
「死んで」→撥音便。
むむむ。この選択肢は正解の香りがします。

4,「切って」は促音便ですが、 語幹末尾の音素が弾き音でした。他にも促音便の動詞を考えてみます。
「買って」→「買いて」kawite
「待って」→「待ちて」matite
摩擦音ではありません。

以上より、3が正解と思料します。 
 

kyujin.nihongokyouiku.net


スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題14は【敬語】です。

問1
敬語の種類については、 平成27年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの問題11でも問われていますので要チェックです。
話題の敬語(素材敬語)は、動作をする人、される人への敬意… 尊敬、謙譲Ⅰ
対話の敬語(対者敬語)は、聞き手に対する敬意…謙譲Ⅱ(丁重)、丁寧
よって、正解は1です。


問2
謙譲1は動作をされる人に対する敬語ですが、4は自然現象なので、動作をする人される人という関係にありません。聞き手に対する敬意を表す謙譲語Ⅱ(丁重語)です。
よって、正解は4です。


問3
2,郵便局や銀行と、商店やデパートで、会話のスタイルが変わるとは思えませんので、正解は2です。


問4
「おっしゃります」ではなく、イ音便の「おっしゃいます」が正しいので、正解は4です。


問5
話し手と佐藤部長の関係は、同じ敬語「いらっしゃる」を使っているので、変わりません。
「いらっしゃるそうです」という丁寧体が
「いらっしゃるそう」と普通体になり、
」と人に対するモダリティがついてます。
つまり、話し手と聞き手の関係が変わっています。
よって、正解は1です。



スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題3のAは【動詞の活用と音韻規則】です。

⑴は、辞書形は同音異義でも活用の種類が異なるため過去形などの形が異なる動詞を選ぶ問題です。
1の「切る」はラ行五段活用で、過去形は「切った」
  「着る」は上一段活用で、過去形は「着た」
2の「植える」「飢える」は下一段活用で、過去形は「植えた」「飢えた」
3の「避ける」「裂ける」は下一段活用で、過去形は「避けた」「裂けた」
4の「要る」「炒る」 ラ行五段活用で、過去形は「要った」「炒った」
よって、正解は1です。


⑵は、 選択肢から適当な言葉を選ぶ穴埋め問題です。

1…異音とは、同じ音素が発音される際のバリエーションのこと。
例えば、
音素/s/の異音は[S][θ]
音素/r/の異音は[ r ][ ɾ ][ l ]

2…特殊泊とは、撥音[ン]/N/、促音[ッ]/Q/、長音(引く音)[ー]/R/のこと。

3…同じ意味・機能を持つ形態素が環境によって異なる形態になる。これを異形態という。
例えば、
酒{sake}という形態素は、/sake/の他に、/saka/(酒屋)、/zake/(甘酒)になる。

4…母音で終わる音節を開音節、子音で終わる音節を閉音節という。日本語はほとんど開音節ですが、「本」/hoN/のように撥音・促音を含めば、閉音節もある。

問題文を見てみると、/-ta/と/-da/は過去を表す異形態です。
よって、答えは3になります。

なお、各単語の定義は、日本語教育能力検定試験に合格するための用語集


⑶ と⑷は過去形における/ta/と/da/の使い分けです。問題文にあるとおり、使い分けのルールを知っていれば、そのまま解ける問題です。
知らない場合、⑶は以下の流れで解くことができます。
問題文を読むと、
一段活用と不規則活用をする動詞では常に/-ta/が現れる」とあるので、実際に考えてみる。
例えば、 ⑴の問題にも出てきた下一段活用の「飢える」
飢える/ue ru/→飢えた/ue ta/ 
語幹の末尾が母音なので、選択肢2か3になります。
(一段活用は語幹の末尾音が[i]か[e])
次に、不規則活用の「来る」「する」
来る/k uru/→来た/k ita/
する/s uru/→した/s ita/
語幹の末尾が無声子音なので、正解は2になります。

⑷は、語幹の末尾が有声子音なのに/-da/ではなく/-ta/になる動詞を考えます。
例えば「分かる」
「分かる/wakaru/」の語幹を探すために、活用形を考えます。
「分からない/wakaranai/」「分かります/wakarimasu/」「分かる/wakaru/」「分かれば/wakareba/」「分かろう/wakarou/」
変わらない部分は/wakar/なので、/wakar/が語幹であり、語幹の末尾[r]は有声子音です。
ところが過去形は、/wakarida/とはならず、/wakatta/になります。
促音便です。
よって、正解は1になります。

ついでに、
語幹の末尾が有声子音の場合の過去形は/-da/
という原則も考えてみます。
例えば「嗅ぐ」
「嗅がない/kaganai/」「嗅ぎます/kagimasu/」「嗅ぐ/kagu/」「嗅げば/kageba/」「嗅ごう/kagou/」
変わらない部分は/kag/なので、/kag/が語幹であり、語幹の末尾[g]は有声子音です。
しかし過去形は、/kagida/にならず、/kaida/になります。
イ音便です。

さらに他の動詞も考えます。
例えば「飛ぶ」
「飛ばない/tobanai/」「飛びます/tobimasu/」「飛ぶ/tobu/」「飛べば/tobeba/」「飛ぼう/tobou/」
変わらない部分は/tob/なので、/tob/が語幹であり、語幹の末尾[b]は有声子音です。
しかし過去形は、/tobida/にならず、/toNda/になります。
撥音便です。

以上より、過去形/-ta/と関係が深いのは、促音便。過去形/-da/と関係が深いのは、イ音便と撥音便ということが分かります。
なお、選択肢3の連濁は、前要素と後要素が連なるとき、後要素の先頭が濁音化する現象のことです。
例…本棚「ほん」+「たな」→「ほんだな」
選択肢4の連声(れんじょう)は、 前要素末尾のn,m,tが、後要素のア行音、ヤ行音、ワ行音に影響し、タ行音、ナ行音、マ行音が生じる現象。
例…因縁「いん」+「えん」→「いんねん」 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ