日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:アコモデーション

Sponsored Link

平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題13は【アコモデーション理論】です。

問1 
日本語能力が高くない外国人に日本語母語話者が話す場合の特徴は、丁寧体の使用が回避されやすいことなので、正解は3です。


問2
相手に応じて話し方を調整することをアコモデーションというので、正解は3です。


問3
アコモデーション理論には、収束(convergence)と分岐(divergence)があります。
収束(コンバージェンス)とは、相手に合わせる話し方。
分岐(ダイバージェンス)とは、相手から離れる話し方。

4,言語的収束では相手に合わせるので、4は不適当です。
よって、正解は4です。


問4
提示質問(ディスプレイ・クエスチョン)とは、あからじめ回答がわかっている質問。
例…(時計を指して)「いま何時ですか?」

指示質問(レファレンシャル・クエスチョン)とは、あらかじめ回答がわかっていない質問。
例…「今週末は何をしますか?」

1,逆です。教師は学習者に提示質問を多くしがちですが、指示質問が多くなるよう調整したほうが単調にならず効果があります。

2,「わかりましたか」と単に聞くだけでは、わかっていなくても「分かりました」と答えるかもしれませんし、文型の定着に効果があるとは思えません。

3,そのとおりだと思います。インターアクション仮説によれば、意味交渉によるインターアクションによって習得が促進されるといいます。

4,助詞を強調して発音していると、学習者の話し方もそうなってしまう恐れがあるので、よろしくないかと。

よって、正解は3です。


問5
アコモデーション理論の分岐(divergence)については、平成27年度 日本語教育能力検定試験Ⅰ問題12の問1でも選択肢の一つとして登場しています。
ダイバージェンスの例なので、相手の話し方から離れる話し方をしている選択肢を探します。
4,外国人なまりを強調すれば、母語話者の話し方とは離れますので、正解は4です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題12は【言語接触によって生じる様々な言語使用状況】です。 

問4
1,イマージョンとは、浸すこと。集中訓練。
  イマージョン・プログラムとは、外国語の海に浸すことで、特別に指導しなくても外国語が習得できるプログラム。
  イマージョン教育については、 平成27年度 日本語教育能力検定試験Ⅲの解説 問題11を参照。
  イマージョンスクールについては、平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅲの解説 問題15を参照。
2,スピーチスタイルシフトとは、一つの場面において、普通体と丁寧体や、標準語と方言を、切り替え・混用すること。
3,アコモデーションは、相手に応じて話し方を変えること。フォリナートーク、ベビートークなど。
4,コード・スイッチング は、言語を使い分けること。
アコモデーション、コード・スイッチング、スピーチスタイルシフトは、平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題3のDにも出ていますので、そちらも要チェックです。 
以上より、正解は4です。


問5 
達成型バイリンガリズム(継続バイリンガリズム)…子ども時代を過ぎてから二言語使用を開始。
獲得型バイリンガリズム…子ども時代に二言語使用を開始。
同時バイリンガリズム…子どもが早い段階で同時期に二言語を習得。
連続バイリンガリズム…子どもがある言語を習得してから、第二言語を習得。
よって、正解は2です。

 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題3Dは【文体】です。

⒃ 実際に「デアル体」を試してみます。
名詞…猫である○
イ形容詞…美しいである× 美しい○(ダ体と同じ形)
ナ形容詞…綺麗である○
動詞…歩くである× 歩く(ダ体と同じ形)
よって、正解は3です。


⒄ 
出来事をそのまま描写する場合、聞き手との心的距離を近づけようとする場合、話し手の心情を表明する場合は、普通体になることがあります。
一方で、依頼や勧誘をする場合は、逆に丁寧になることが多いのではないでしょうか。
よって、正解は2です。



1,コードスイッチングとは、異なる言語に切り替えること。『日本語教育能力検定試験に合格するための社会言語学10』72頁によると、バイリンガル、マルチリンガルがコミュニケーションで用いる言語をコードを呼び、相手や場面、話題に応じて言語を使い分けることを「コードスイッチング(言語切り替え)」という。方言も含まれる。家庭では方言を使っていても外部の人が会話に参加すると共通語を使う場合は、方言語と共通語のコードスイッチングが行われる。同一場面・文脈で使われると「コードミキシング(コード混合)」と呼ばれる。J-POPの歌詞に英語が混じっているのもコードミキシングである。
2,アコモデーションとは、相手によって話し方が変わること。フォリナートーク、ベビートークなど。
3,スピーチレベルシフトとは、一つの場面において、普通体と丁寧体を切り替え・混用すること。
4,レジスターとは、言語使用域。ある特定の場面で、常識的に使われる話し方。
例…店員が顧客に対して使う「いらっしゃいませ」
よって、正解は3です。


⒆ 実際に試してみます。
1,(普通体)美人だし、性格もいいです。(丁寧体)美人ですし、性格もいいです。
2,(普通体)美人だけれども、性格はわるいです。(丁寧体)美人ですけれども、性格は悪いです。
3,(普通体)美人だと思います。(丁寧体)美人ですと思います。×
4,(普通体)美人なので、性格もいいです。(丁寧体)美人ですので、性格もいいです。

以上から、問題文のとおり「従属節内の述語は普通体が用いられることが多い。文末が丁寧体の文では、従属節内も丁寧体になることがある」ことが分かります。
しかし、思考の内容を表す「と」は「従属節の従属度が高い」ので、普通体になります。
よって、正解は3です。
なお、従属度が高ければ丁寧形から普通形に変更されることについては、日本語教育能力検定試験に合格するための文法73頁に記載があります。






4,「歩くか?」「食べるか?」女性はあまり使いません。
よって、正解は4です。


 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ