日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:アクセント形式

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅱの問題1は【アクセント形式】です。解説するポイントはありません。
問題2は【プロソディーに関する学習者の発音上の問題点】です。 

1番
「いつ国に帰りますか」と訊ねられていますので、
来月、帰るつもりです」と「来月」にプロミネンスを置かなければならないのに、
「来月、帰るつもりです」 と「帰るつもり」にプロミネンスを置いています。
よって、正解はbです。


2番
「はたちみまん」のアクセントがおかしいです。
よって、正解はcです。


3番
「ちょっと」と3拍で発音しなければならないのに、
「ちょと」と2拍で発音しています。
よって、正解はaです。


4番
「できなかった」のアクセントがおかしいです。
よって、正解はcです。


5番
増補版 日本語教育能力検定試験 合格するための問題集396頁によると、終助詞「よ」のつくイントネーションは、上昇調でいえば「了承」、下降調でいえば「不満」「不賛成」を表明していることになるそうです。ここでは、「了承」しているので、文末イントネーションを上げなければいけないのに下げています。
よって、正解はdです。


6番
「どこかいいスキー場を知りませんか?」と訊かれているので、
朝日岳へ行ってみてください」と「朝日岳へ」を強調しなければならないのに、
「朝日岳へ行ってみてください」と別の場所にプロミネンスを置いています。
よって、正解はbです。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅱ(聴解)の問題1は【アクセント形式】です。
聴いたアクセント形式を選ぶ問題で解説するポイントがないのでとばします。

平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅱ(聴解)の問題2は【プロソディーに関する学習者の発音上の問題点】です。

問1
「スカイツリーは眺めがいいそうですよ」
「何が見えますか↑」
学習者は「見えます」にプロミネンス(強調)を置いていますが、何かが見えることはすでに会話に出ており(眺めがいい)、強調すべきは見えるものが「何か」です。
よって、正解はbです。
何が見えますか↑」


問2
学習者は「せっつめい」と5拍で発音していますが、正しくは「せつめい」と4拍で発音すべきなので、正解はaです。


問3
「最近プールに行っているそうですね」
「毎日、2キロは泳いでいます」
学習者は「泳いで」にプロミネンス(強調)を置いていますが、泳いでいることはすでに質問者も知っていることなので、強調すべきは新情報の「2キロ」です。
よって、正解はbです。
「毎日、2キロは泳いでいます」


問4 
学習者の「デジタルカメラ」のアクセントがおかしいです。
よって、正解はcです。


問5
学習者は「ようてい」と4拍で発音していますが、正しくは「よてい」と3拍で発音すべきです。
よって、正解はaです。


問6
学習者の「ねこ」のアクセントがおかしいです。
よって、正解はcです。
 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ